月別アーカイブ / 2017年05月

最近、透明な飲み物増えたなーぐらいに思ってましたが、今朝のテレビでもやってたので、流行させようとしてるんですかね(笑)
 
でも、お店で見たらなんかおもしろそうだから手に取っちゃいますよね〜
P_20170507_115838_vHDR_Auto.jpg

透明なレモンティー。飲んだ感じは「確かにレモンティー」って感じでした。これはわりと好きな味でした。

また買うかも(^o^)

P_20170509_090841_vHDR_Auto.jpg

こちらは透明なコーラ。炭酸飲料なわけですが、開けた時の「ぷしゅっ」と言う音と同時の匂いは確かにコーラだったんだけど。

味はどうだろう? うーん、普通の炭酸水の方がいいかなぁ(笑) これは多分、もう買わない(^_^;)

ブログに「Zenfone3にしましたよ〜」という記事を書いて以降に会った人の反応は大きく2つにわかれていまして。
  • 「あ、スマホケース外すと案外大きく感じないね」
という大きさに関する話が1つ、もう1つは、
  • 「これってバッテリーどう?」
というバッテリーの持ち具合に関する話です。

バッテリーの持ち具合というのは、往々にして同じ端末を使っていても、インストールしているアプリケーションや常駐もしくは自動起動させているソフトウェアの種類などによっても大きく差が出るので、一概に言えないところがあるとは思うのですが。

Zenfone3の場合は、

設定 → 電力管理 → 自動起動マネージャー

というところで、自動起動/常駐することの許可/不許可を設定しますので、ここの状態をはっきりさせておけばいいのかなぁと。

私の場合は、許可になっているのは、以下のものです。
  1. Fitbit (Fitbitの管理アプリケーション)
  2. LINE BLOG (LINE BLOGのクライアント)
  3. LINE
  4. Battery Widget Reborn (バッテリーの残量ログ取得アプリ)
  5. Dropsync (Dropboxの自動同期)
  6. Fit Notifications (Fitbitへのメッセージング中継アプリ)
  7. WeChat (中国版のLINEみたいなソフト)
  8. Bluetooth Battery Watcher (Bluetoothの利用時間集計アプリ)
  9. Facebook
  10. Gmail
  11. Facebook Messenger
  12. Google Play Music
  13. Google Photos
  14. Hangout
  15. Google Map
結構、いっぱい常駐させている方ではないかと思います。最初はもっと少なかったのですが、利便性を優先してどんどん増やしました(笑)

この状態で、どのぐらいバッテリーが持つかということなのですが、平日と休日でわけて考える必要があります。

平日の場合
オフィスにいるとオフィス内で充電することが可能な環境で仕事をしています。その場合、会社を出るときは、ほぼ満充電の状態です。会社を出るのは20時〜22時ぐらいが多いでしょうか。

帰宅時に約1時間ぐらいラジオの録音や音楽を聞き、合間にゲームをして家につくと、だいたい残量85%ぐらい。シャワーを浴びて、寝る前にメール見たり、ネット確認したりすると75%前後です。そのまま就寝して、朝起きると70%をちょっと下回るぐらいです。

※寝ている間にDropboxと数百MBのデータ同期がされています。

朝食を食べて、出勤時に帰宅時と同様にラジオの録音や音楽を聞いたりSNSを確認したりしながら移動して、会社に出社したとき、45%まで減っていることはほぼありません。

前日の夕方に18時ぐらいに会社出たりすると、もう10%ぐらいバッテリーが減ってるかなーという印象です。夜寝ている間に充電したりというのは、よほどのことがない限り必要ない感じです。

休日の場合
自宅にいるとバタバタしているので、朝起きて外出するまでに満充電にしていることはあまりありません。だいたい、午前中に子どもたちと外出するときは90%ぐらいでしょうか。

時々来る仕事のメールを見たり、LINEで連絡したり、出先でブログ更新したりなどして、夕飯食べて、子供とお風呂に入ったら、だいたいバッテリーが65%ぐらいです。

終日、どこかに家族で外出しているような時(ちょうどGWにそんな日がありましたが)、朝9:00頃に95%で外出して夜22:00頃に帰宅した時、40%でした。昼間、モバイルバッテリーがなくてもなんとかやっていける感じでしょうか。



総合的に見て、Zenfone3は非常にバッテリーの持ちは優秀だなと思います。おそらく朝から夜までの1日の生活時間は満充電に近い状態からスタートすれば、充電することなく1日をすごすことができるはずです。僕は正直、かなりスマートフォンを酷使している方だと思うので、普通の人ならもっとバッテリーは持つのではないかと。

そういう意味では「バッテリーがね。。。」という人は、Zenfone3は検討してもいいスマートフォンなのかもしれません。

ケータイメールというものからスタートして、今やLINEだSNSだといろいろなコミュニケーション手段が発達して、「こういう歌の時代背景って理解されないのかなぁ」と、自分のプレイリストにのっている曲を聞いて、ちょっとさみしい気持ちになりました。

その曲はこちら。といってもYouTubeで検索しても、もはやみつからないのでジャケット写真だけなんですが。

henohenomo.JPG

リアル世界での私を知っている人なら、世代的にNHKの「みんなの歌」で聞いたことがあるかも知れませんが、通りすがりにLINEブログで見た方はきっと若いので、この曲を一切しらないのではないかと思います(笑)

特段売れた曲でもなく、「さそり座」(のちにSWAYとグループ名を変えています)も「それなりに人気があった」というぐらいで、現在は活動もしていないので、各種の大手ストリーミングサービスでも楽曲を見つけられません。

どんな歌詞なのかというと、

明日、教室に入っても
あなたはいない
机だけきっと
部屋の片隅に
おいてあるね
強がり言ってよく二人で
ケンカしたけれど
私はあなたの
怒った顔が好きだった 

同級生の(好きな)男の子が急に転校することになってしまった、女の子の悲しくて寂しい気持ちが歌詞に綴られています。

この時代、「学校を転校すること」は学生にとっては「永遠の別れ」に近いイメージだったのです。今なら、メールやらグループLINEやらSNSで簡単に関係が途切れることもないのかもしれません。昔よりも遠距離恋愛が増えた事実とかあるんでしょうかね。そういうデーターがあるなら興味深いのですが。

私の学生時代には、そういうコミュニケーショツールは発達していませんでした。大学生の頃はかろうじてメールアドレスというものがある人もいたでしょうけど、それも1%以下だったのじゃないかなぁ。幸い、理系の大学を出ていて、その後に、そういうツール類を積極的に利用するような職業についているので、現在も連絡を取り合う当時の友人がいますが、やはりもっと若い年代の頃の友人とは連絡が取れなくなっている人がほとんどです。

ケータイ電話によるコミュニケーションが発達することの一端を担っていた(と言っても怒られないと思ってます)、特にケータイ電話で「ゲームをする」という社会現象が爆発したきっかけ作りの現場にいた(と言って大丈夫ですよね?>関係者の方(笑))ので、今の時代のコミュニケーションのきっかけもそこにあると思うと感慨深くいろいろと考えてしまいます。

今が良いのか、昔が良いのかはわかりません。それぞれに良い面があり、悪い面があるのでしょう。

人生の節目節目で人間関係を0から構築する必要がないのは、今の方が良いようにも思います。その一方で節目を踏まえて「今から頑張る」っていう大きな人生の切り替えが出来たのは、昔の方が良かったようにも思います。

僕の人生にとっては「切り替えられた」ことはとても良かったようにも思っています。子供たちの人生は「つながっていくことが良いことだった」と思える人生だと良いなと思います。

ゴールデンウィークの最終日に部下の結婚式に行っていたわけですが、子供たちは奥さんと高尾山に遊びに行っていました。

娘がお土産を買ってきてくれたようです(笑)

P_20170508_124704_vHDR_Auto.jpg
P_20170508_124717_vHDR_Auto.jpg

お守りです。ストラップになってるのでした。


ちょうど新調したスマホケースにストラップがつけられたのでつけようかな?と思いましたが、スマホは利用頻度が多すぎてすぐになくしてしまいそうな気がしたのでお財布につけました(笑)

娘は自分のお小遣いでお土産を買ってくれて、自分でレジまでお金を払いに行ったそうです(そういうことをはじめてした(笑))

先日、GW前に山ちゃんで手羽先を食べていた時に友人にスマホのケースをおすすめされまして、その場でAmazonでポチったのですが、GWの間になんとか届いたようです。

さっそく付けてみました。

パッケージはこんな感じです。
P_20170508_133905_vHDR_Auto.jpg
 
中身はこんな風になっています。

P_20170508_134141_vHDR_Auto.jpg

バンパー+背面パネルみたいな構造の商品です。バンパーはアルミっぽいですが、背面パネルはプラです。そこはちょっと、ちゃっちいけど、まぁいいか(笑)

はめると、こんな感じになります。

IMG_20170508_135251.jpg

IMG_20170508_135305.jpg
 
なんか背面にシールを貼りたくなるのは気のせいでしょうか?w

横からみると、高級感があふれるので、ボタンのところを写真撮影してみました。

IMG_20170508_135316.jpg
IMG_20170508_135329.jpg
 
気になるのは、5.5インチのスマホがさらに大きくなるところ(笑)

レビューなんかをみると、電波が悪くなるみたいな記述もあったのですが、体感できる感じはありません。この手のケースは、電源や音量ボタンが押しにくくなるのが常ですが、そういう感じもありません。

あれ? もしかして結構いいのだろうか?

大きいスマホがさらに一回り大きくなっているのに慣れられるようなら、いいかもしれません。 

 

追記: (2017/05/08 17:35)
このスマホケース、非常にデザイン的にはかっこいいのですが、装着すると電波感度が下がるようです。ちょっと電波状態の悪いところへ移動しただけで圏外になってしまうようです。デザインが良いだけに、残念です。 

↑このページのトップへ