月別アーカイブ / 2017年01月

昨年公開されて、現在も大ヒット中の「君の名は。」ですが。新海誠監督作品が好きな人はとりあえずおいておいて、ネット上などでの評判を見ると、一定量、「おもしろくない」という人がいるようです。
なぜ、おもしろくないと感じるのでしょうか?

「おもしろくない」という人の意見を総合してみると、
  • 話の流れが唐突である
  • ところどころ矛盾している
  • 上記のようなことが気になって仕方がない
ということに集約されているようです。

日本の映画やドラマ作品というのは昔から非常にお話が丁寧に作り込まれており、自然な流れで話が進行するものが多いです。

これに対して、いわゆるハリウッド作品や海外ドラマ(特にアメリカ作品)というのは、大まかな全体の流れに逆らうことなく、細かい話の矛盾とかは、その場の勢いでわりとなかったことにして進行していくものが多いです。

こういう映画作品が非常に多く日本に入ってくるようになって約30年、ドラマ類が日本に大量に入ってくるようになって約20年ぐらいたっています。

日本の作品だけをこよなく愛する人たちの好む作品作りよりも、限りなくハリウッド作品の作品作りに近い作品作りに「君の名は。」はなっているのではないかなぁと感じます。

子供の頃から日本にいながらにして、海外作品に慣れ親しんだ若者にとっては、とても「君の名は。」が面白く、伝統的な日本作品に慣れ親しんだ人にとっては「うーん」となってしまう。そんな風に感じてなりません。

私としては、自分がおもしろいと感じるか感じないかということよりも「圧倒的な多数がおもしろいと感じた」という事実は事実として受け入れて、「俺はつまらなかったけど?」ってひねくれるより「こういうのがおもしろいんだなー」と自分の作るものの参考にしていくのが正しい形かなぁ〜と思っています。

個人的には「君の名は。」なんかの矛盾点より、ものすごく話題作として推されていた「LOST」(海外ドラマ)とかの方が、強烈なご都合主義で笑っちゃいましたけどね。

まぁ、なんにせよ、これだけヒットして話題になればおもしろいと言う人も、おもしろくないと言う人もいるでしょうね(笑)


おもしろいマンガをみつけました。


Webで掲載されているので、ほとんど無料で読めるのですが「美人が婚活してみたら」という作品です。


とあるアラ子さんという作家さんが書いているようです。まだ完結していないようです。

これは主人公は香里奈さんでドラマ化希望です(笑)


「文高理低」という言葉、僕が受験生の時代からある言葉だが、定期的に就職の状況が良くなったり、景気が上向いたりすると、いわゆる高理低になる。
別に文系の学問が悪いというわけではない。

ただ、

就職が楽になる → 文系の人気が高まる

という構図を見ていると不思議な気持ちになるのである。

理系の学問とは就職を有利にするための存在なのだろうか?

今、思えば、小学生ぐらいの頃には既に国語の授業で「作者の気持ちを考える」ことよりも、計算式の規則とか考えることが楽しかった私には想像もできないのだけど、「どっちでもいいけど就職に有利だから理系にしよう」という選び方が存在しているのだなぁと不思議に思ってしまうのである。

勉強って何のためにするんだっけね?

映画化されましたね。見ましたか? 僕は、まだ映画の方は見ていないのですが、実はこの作品、去年の2月にインフルエンザにかかったときにやることがなさすぎて家で読んだ本の中の一冊でした。

この予告編映像もいい感じですよね〜

ネタバレ書くと怒る人がいるので、盛大に改行(笑)

















というわけで、この作品、「ぼくは明日〜」はプロモーションムービーでもそういう雰囲気は0なんですけど、なんとSFです。

違う世界に生きる、出会ってはいけない二人が恋をするというストーリーは恋愛ものの定番なのですが、このお話はあまりにも。。。と思いました。小説を読んだ時も普通に涙がこぼれました。

12モンキーズという海外ドラマの中でも2015年に存在するジョーンズ博士が「わたしはわたしの未来を生きる」という趣旨のことを言って未来から来たコールから何も聞かずに去るシーンにも共通する何かを感じます。

過去が未来に影響を与えているのか、未来が過去に影響を与えているのかという時間軸に関わるSFものが永遠に問いかける何かをこの作品も持っています。

いい作品なので、映画でも、小説でも、是非ご覧ください。

今さらながらマインクラフトをやっています(笑)
Screenshot_20170108-230505.png
ちゃんとサバイバルモードでやってます(笑)

年末に息子くんにWiiU版のマインクラフトを買ってあげたので、息子くんに少しは教えてあげなければと思って、スマホ版のPocket Editionをはじめたのですが面白いですね〜

教えるどころか、息子の方が攻略本を3冊も抱えてやっているので、すごいです(笑)

私はやっと材料が足りないのを樫の木を植えて育てることで大量に樫の木のブロックを調達したところ(笑)

ところで、マインクラフトって理不尽に死んでしまう場面がありますよね。なんか落とし穴みたいなのに落ちてしまったりとか。大人は納得できますが、子供は納得できないみたいで、死んだら大泣きしています。こういう変なはまりみたいなのから救出される方法ぐらいはWiiU版ではあってもいいんじゃないかなぁ〜とちょっと思いました。


↑このページのトップへ