月別アーカイブ / 2016年10月

私のブログで人気のある記事と言えば、それは数学の記事や就職/仕事といったテーマの記事なのですが、やはりそれは副業(?)なので、どうしても本業なのでアイドルのことを書かずにいられません。

というわけで、昨日、浅川梨奈さんがドラマと映画への出演を発表しました。









もう、「14の夜」で映画には出てしまうわ、マンガの実写化で「咲-Saki-」のドラマと映画に出演しちゃうは、すっかり女優さんなんじゃないかと勘違いしてしまいます。次の新曲はセンターですし、もはや売れっ子と言って良いのではないでしょうか。

その昔、GEMの候補生から落選したころのクソダサい時のイメージはすっかりなくなってしまいましたが、いつまでもヲタヲタしく活躍して欲しいと思います。

友だち追加数

いまや日本全国のプログラマーの心を虜にしているガッキー(新垣結衣さん)がご出演中の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS 火曜日 22:00〜)ですが、主人公のみくりさんの契約結婚のお相手であるところの津崎さんの書いているプログラムが「?」ということでちまたで話題になっているようです。

まず大前提として「津崎さん」はシステムエンジニア(いわゆるひとつのSE)というやつで、僕らのような末端民のプログラマーではないということがあります。

それはさておき、津崎さんのPCのディスプレイにうつっていたものをご覧頂きましょう。
$_POST['search_company_code_1_1'] = $search_company_code_1_1;
$_POST['search_store_code_1_1'] = $search_store_code_1_1;
/*
$_POST['search_company_code_1_2'] = $search_company_code_1_2;
$_POST['search_store_code_1_2'] = $search_store_code_1_2;

$_POST['search_company_code_1_3'] = $search_company_code_1_3;
$_POST['search_store_code_1_3'] = $search_store_code_1_3;
*/

$_POST['search_company_code_2'] = $search_company_code_2;
$_POST['search_store_code_2'] = $search_store_code_2;

$this->get_default_prm();
//$this->data = $thi・・・
こんな感じです。

なんとなくPHP風味です。しかし、良くあることですが、システムエンジニアが業務ロジックを実装しやすいように中間コード(独自スクリプト)をプログラマーが実装しておき、プログラマーは独自スクリプトと実際の個別を実装して、上位レイヤーでシステムエンジニアが独自スクリプトで業務ロジックを実装するなんてことは、良くある話なので、このプログラムも「PHP風の独自スクリプトである」と考えるのが妥当であるように思います。

先週の放送で、津崎さんたちが作っている商品はPOSであることがわかっています。そう考えると、このコードがどんなことをしているのかわかります。

等号の右辺にある$search_company_code_X_Yの部分は、なにか当該企業のマスターデーターの参照をするために検索結果を取り出しているもののようで、それをおそらくなんですが「配列」に格納して$_POSTなのでPOSTメソッドでサーバーに送信しているもしくは送信するための準備をしていると見るのが妥当でしょうか。

ところで、私としては2つ着目したい点があります。まずは、右辺に出てくる部分(関数 or 変数)の命名規則です。
$search_company_code_1_1
$search_company_code_1_2
$search_company_code_1_3
$search_company_code_2
なにこれ。関数名や変数名をhoge1、hoge2ってつけるやつはプログラマーの風上にもおけないって、津崎さんは習わなかったのかなぁ。

そして、もう1つ気になることがあります。こんな短いスクリプトの中に、
/* hoge */
// hoge 
という2種類のコメント記載方法が混在していることです。もっとも、行をコメント化するときは、//を使って、数行に渡る区間の場合は、/* 〜  */という書き方でコメントアウトするのは、デバッグの時には良く行われることでもあるので許容できなくもないですが、ちょっと「微妙」な気がします。

津崎さんは「京大卒で勉強はできるが、彼女が出来たことがない」という触れ込みなのですが、私が想像するにプログラマーに近しいシステムエンジニアというよりは業務分析とか顧客よりの業務に近しいシステムエンジニアということなのかなぁと思いつつ、「そんなにいちいちテレビドラマの画面に一瞬うつっただけのプログラム分析するとか、しょうちゃん暇なの?」っていうツッコミはお断りしたいと思います。

ところで、「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマ。
  • 理系の有名大学卒
  • エンジニア
  • 恋愛経験が少ない
という男性にとっては、非常に夢のある内容なのではないでしょうか。そちらの方が重要であるように思います。

それしても予告の「さぁ〜て、来週のみくりさんは♪」にはやられます。来週の放送を正座して待機しましょう!

友だち追加数 

もしかしたら、前からあったのかもしれないのだが、Android 7.1 Nougatに更新したあと、いろんなところを細かく見ていてなんか急に気になったのである。

Screenshot_20161027-081349

このアンテナの"4G+"っていう表記は前からあったんだっけか?

たぶんあったんだろうけど、僕の行動半径の中でこの表示になっている時間がほとんどなかったとかそういうことなのかな。調べたら、これは「キャリアアグリゲーション」の表示なんだそうです。

端末メーカーによるようですが、Nexus5Xってキャリアアグリゲーション対応だったんですね(^^;

そもそもキャリアアグリゲーションって何か知ってますか?

キャリアアグリゲーション
複数のLTE(4G)の周波数帯を同時に利用して通信を行う技術。複数の周波数帯を同時に利用することで高速化や通信の安定化をはかる技術。

ということです。


まぁ、すごーくざっくり言うと、移動中に切れづらいとかそういうニュアンスなんでしょうか(笑)

友だち追加数

この時間帯に優雅なコーヒーブレークである。



どうやら小田急線の狛江駅と町田駅の2ヶ所でトラブルがあったようです。 当面運転は新百合ヶ丘駅までの折り返し運転であるとアナウンスしている。いつも乗っている電車の一本前の電車から運休しているもよう。万が一のっていたら運休が長時間しても家にも帰れないところでした。

今日はこれといった会議もないから、まぁいいか。

まぁ、ブログのネタになったからいいか(超前向き)

友だち追加数

今日、トイレで会社の同僚に「数学にまったく興味ないけど数学の記事おもしろいです」と言われたので何か書こうかなぁと思っていたら、LINE NEWSにこんな記事が。

文系と理系でおつりの計算が違う? ある問題が話題 

話の要点はこうです。

  • 300円を持ってコンビニにパンを買いに行きました。170円の焼きそばパンを買った場合のおつりは幾らでしょう
という質問に
  • 理系「130円」
  • 文系「30円」
と答えるというのである、要するに「レジでは200円しか出さないだろ」って考えるのが文系であると。ちなみに私から言わせると、どっちも文系な気がする。

僕ならこう考える。
  • そもそも300円という金額を構成する硬貨の組合せには何通りあるか
まずこの問題について考える必要がある。

とりあえず、単純化するために利用する硬貨を10円、50円、100円の3種類に限定してみよう。

そして「おつりは幾らでしょう」という答えの誘導方法は、国語的には「おつりがあった」とも受け止められるが、文意を素直に受け入れるなら「おつりはない」という答えも許容すると考えてもいいような気がするるが、おつりというものが発生する場合と発生しない場合もきちんと区別したい。

硬貨の持ち方は、そもそも何通りなのだろうか。100円玉の枚数から考えていくと、50円玉の枚数が決まると、自然と10円玉の枚数が決定するので、100円玉と50円玉の枚数の組合せを考えれば良い。
  1. 100円玉が3枚の場合、1通り
  2. 100円玉が2枚の場合、50円玉が2枚、1枚、0枚の3通り
  3. 100円玉が1枚の場合、50円玉が4枚、3枚、2枚、1枚、0枚の5通り
  4. 100円玉が0枚の場合、50円玉が6枚、5枚、4枚、3枚、2枚、1枚、0枚の7通り
したがって、1+3+5+7=16通りの組合せがあることになる。

さらにこれからおつりが発生するケースと発生しないケースを分類しよう。50円玉と10円玉を含む組合せはおつりが0円になるので、100円と50円だけで構成される硬貨の持ち方が問題になる。
  1. 100円玉が3枚の場合、必ずお釣りが発生する。その場合、100円玉2枚を出すはずなのでお釣りは30円
  2. 100円玉が2枚の場合、50円玉が2枚のケースが該当する。この場合もお釣りは30円
  3. 100円玉が1枚の場合、50円玉が4枚のケースが該当する。この場合もお釣りは30円
  4. 50円玉が6枚のケースが該当する。この場合もお釣りは30円
おつりが発生する場合は16通りのうち4通りであり、12通りはお釣りが発生しない。そして、おつりが発生する場合のおつりは必ず30円であるということがわかる。

暇な人は、5円玉や1円玉なども入れて考えてみるといいと思う。ただ、わかると思いますが、5円玉や1円玉を含む場合は、すべて「おつりがない場合」に該当するので、お釣りが発生するケースは4通りになります。

理系とはこういうめんどくさい私みたいな人のことなのである(笑)

友だち追加数 

↑このページのトップへ