月別アーカイブ / 2016年06月

お前はまじめな国際政治学者の先生の取材の話のすぐ後に、それか! それか! それなのか! という日本全国のしょうちゃんファンからの熱いメッセージにお応えします。

こっちが本業だから(キリッ




LIONだよ、洗剤だよ、生ハムと焼うどんだよ、にっちゃんだよ! いえーい!

友だち追加数 

昨日、友達のGonちゃん(ベクターの後藤くん)が「ヨドバシに在庫あるよ」とほれほれ攻撃をしてきたので、出来心で買ってしまいました。



ヨドバシのポイントが大量に残っていたので、差額だけ支払って購入しました。普段ヨドバシ使わないから、ちょうどよかったのかも。ちなみに、ショーウィンドウには「黒」と「ピンク」しかなかったのですが、「ライムありますか?」と店員さんに聞いてみたところ、裏から在庫が登場したので「じゃぁ、それで!」ってことになりました。



腕にした様子がこちら、やっぱ明るい色のシリコンバンドはスポーティーだよね。

1枚目の写真を見れば、無断階のスライド式なのがわかると思います。腕の太さがイマイチ、穴に通すタイプのだとあわなかったので、こういうスライド式のを使ってみたかったのです。

まだ、シリコンが腕になじんでないので、若干の違和感がありますが、1週間も使えばなじむことでしょう。何より新しいバンドにしたことで気分がいい!

友だち追加数 

今日は、コスプレイヤーと漫画家の結婚が世間を賑わせていますが、正直、そんなに興味がないのでブログのネタがないなーと思っていたのですが。

ちょっと、スマートウォッチのことを書いてみようと思います。

僕が利用しているのは、ソニーのSmartWatch3という製品です。



もともと、僕は腕時計をしていませんでした。海外との行き来が非常に多かった時代でさえ、「海外に行く時だけ腕時計をする」という感じでした。

そんな僕が1年以上も1つのスマートウォッチを利用していられるのには理由があります。その様々な感じていることを書いておきましょう。


充電ストレスが想像以上に低かった
AppleWatchなんかだと、半日ちょいぐらいでバッテリーがあがってしまうようで、結構な充電ストレスがありそうでしたが、Android陣営のSmartWatch3ですが、普通に使っていれば3日はバッテリーが持ちます。さらに言うと、充電時間が非常に短いです。30分の充電でざっくり2日ぐらい持つので、この頻度であれば、ほとんどストレスありませんでした。金曜日に、ほぼ90%以上の充電でオフィスを出ると、土日充電なしでも月曜日の午前中ぐらいまで使えているので、あまり意識しないでも大丈夫です。 

時計を安価にカスタマイズするのが楽しかった
次に、お金をあまりかけずにいろいろカスタマイズできるのが楽しいというのがあります。写真のSmartWatch3も本当は黒のシリコンバンドだったのですが、時計のメインモジュールを入れるステー(3000円前後)とNATOタイプのバンド(1000円前後)を装着したもので、この前にも何種類も試したのですが、最終的にこれにおちついています。時計の本体が実売20000円未満なので、半年に1回ぐらい3000円強ぐらい投資でデザインを変更して楽しめるのはなかなか良いです。中のソフトもいろいろカスタマイズできますが、最終的に、Google Fitのデジタル時計デザインを利用しています。これは後述する歩数計としての便利さと同じです。

歩数計としてすごく便利

僕はもともと重度のスポーツヲタクで、歩数計などを常時持って歩いていました。ただ、歩数計って非常に壊れやすいんですよね。SmartWatch3を購入する前は、スマートフォンを歩数計として利用することにしていたのでGoogle Fitを愛用していました。ただ、Google Fitにも欠点があって、スポーツクラブでランニングマシンなどで走る時に、「スマートフォンを携帯した状態で走る」ということが必要とされ、それは現実的ではありませんでした。SmartWatch3は、それ単体でも歩数計として機能するので、時計だけを身につけて走れば、Bluetooth経由で「ちょうど良い感じ」にスマートフォン上のGoogle Fitと同期されます。これは正直、正確な数字の把握とは微妙に違うような気がしますが、僕はだいたいの数字がわかれば良いので、むしろ好都合でした。

音楽プレーヤーのリモコンになる
SmartWatch3を利用しはじめて、ほどなくBluetoothヘッドセットが欲しくなりました。正直、Android Wear対応のスマートウォッチを利用するなら、Bluetoothヘッドセットは絶対に購入した方が良いです。SmartWatch3単体でも音楽プレーヤーとして機能するのですが、それは非常にバッテリー消費が大きく、充電ストレスがあがるのでおすすめできません。その一方で、リモコンとしては音量の調節、曲のスキップなど一通りのことが時計の液晶上から行えるので走りながら操作するのに非常に操作性が良いです。

時間がちゃんと見える
ちょっと笑っちゃうのですが、これ案外と重要だったんだなーと思いました。ガラケーの時代は、折りたたみ式で背面ディスプレイに時計が表示されているものが多かったので、ケータイを開くことなく時間を知ることができました。ところが、スマートフォンは液晶をつけないと時計を見ることができません。これ何気に「不便」だったんだなと、SmartWatch3を利用しはじめて気付きました。スマートウォッチの中には、AppleWatchなどのように液晶が完全に消えてしまうタイプもあるようですが、SmartWatch3はeインク液晶なので暗い画面の時も時計と日付程度を視認して確認することができます。これは、スマートウォッチの機能として何気に一番重要なんじゃないかと思いました。


ところで、もう半年以上、同じ時計バンドで利用しているので、そろそろ新しいのにしたいなーと思っています。今度は無断階調整のシリコンバンド(純正の黄色のやつ)が欲しいなーと思っています。

友だち追加数
















 

すっかり株主総会が終わったあと気が抜けており、ブログの執筆も進みません。いや、ちゃんと仕事してたんですからね。何の仕事してるからは内緒!

ところで、以前、自称サバサバ系女子なる人たちの生態について、深くするどく食い込んでみたのですが、どんどん時代は切り替わっており自虐系女子なる言葉を発見しました。

ネットによれば、ポイントは5つほど。
  1. 「中身は男」アピール
  2. 「仕事が恋人」アピール
  3. 「恋愛ご無沙汰」アピール
  4. 「ネガティブ自慢」アピール
  5. 「モテない」アピール
だそうです。

これきっと自称サバサバ系女子が脱皮してさらにこじらせると、こうなるんじゃないですかね?w

僕が、こんな人と対面したら

Q: 私、中身は男だから
A: あ、性同一性障害なの?

Q: 仕事が恋人だから
A: 恋人が出来て良かったね!

Q: 恋愛ご無沙汰だから
A: あれ? 仕事と恋愛してるんじゃなかったの?

Q: わたし、いいなって思うひとには、全然もてないんだよねー
A: あれが恋人いるんでしょ? 仕事が恋人なんだよね?

ってやらかして、二度と口聞いてもらえなくなりそうですが、口聞いてもらえなくて結構ですって書こうかと思ったんだけど、もしかしたら、すごいきれいな人かもしれないし、お○っぱいぷるんぷるんかもしれないから、要相談でお願いします。

友だち追加数 

このブログで事前登録もお知らせした、「あつめて!リラックマ」ですが、本日、正式にリリースしました。

プロモーション映像がこちら。



ダウンロードは、下記のようになっています。
App Store:
https://itunes.apple.com/us/app/atsumete!rirakkuma/id1101568079?l=ja&ls=1&mt=8
 
Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.imagineer.rilakkuma.atsumete 

公式ツイッター:
https://twitter.com/atmt_rilakkuma 

このブログを見ているみなさんがするべきことは、以下の3点です。いわなくてもわかってると思うけど、みんなきちんとやろうな。これは試験にでるからね。
  • ダウンロード/インストールをする
  • レビューに5をつける
  • 回り人にもダウンロードを勧める
特に「レビューに5をつける」これ重要だから。これ重要だから。これ重要だから。(大切なことなので3回)

まぁ、冗談はさておき、これがいっぱいダウンロードされないと、困っちゃうのでよろしく頼む!

友だち追加数 


 

↑このページのトップへ