月別アーカイブ / 2016年04月

今日は、ブログの更新は少なめにしてみました。柴田淳の「ぼくの味方」を聞きながらお送りしております。

♪ぼくの味方でいて〜♪

ところで、岩崎さんから「忍者のマークじゃないのが出た方がいいんじゃね?」って言われたので、対応してみているのですが、これでちゃんとできてるのかなぁ? どうなんだろ?

話がそれました。

明日からゴールデンウィークだそうです。10連休なんて豪華な人もいるようでうらやましい限りです。僕は、5/2が出勤で、5/6は休みです。ただ、そもそも、子どもたち2人とも小学校は5/2も5/6も授業あるので、どこか行くってわけにもいかないですよね(笑)

世の中には、こういうとき学校を休ませちゃう親もいるそうですが、それはさすがにどうかなぁと思うのと、小学校側も考えていて、5/6は行事が仕込まれていますw

もちろん、LINE BLOGは通常営業なわけですが、おそらく「まじめな話」や「お仕事」のカテゴリーは投稿されないような気がします。いや、投稿されたときは、なんかトラブルとかおきて会社来てるとかそういうのなんで、なしでお願いします。>俺

というわけで、今日はこの後、飲み会です。

みなさん柴田淳さんの曲好きですか? 僕は好きなんですよね。どうして、Google Play Musicにないんだろう。追加してくれ〜〜!

僕は菊池桃子の大ファンである。

IMG_20160428_121349

アイドル時代の雰囲気をしっかり残したまま、美しく大人の女性になっている菊池桃子さんですが、ここ最近はいろんな国の諮問委員での発言も注目されるようになっており、やっぱり「俺達のももちゃん」はすごい人だったと痛感するわけです。
 

菊池桃子さんが言えば全部正しい(盲目的)なわけだけど、僕自身も二児の父として、子供が小学校にあがってからPTAっていうやつの話は「を、をぅ」ってなることがある。

まわりで良く聞く話なのだけど、子供を保育園に預けて仕事をしていた母親が子供が小学校にあがったら平日の用事が多すぎて、仕事を続けられないというのである。

実際問題として、そういうことが起こっている。
  • 登校班の付き添い
  • 風水害下校の訓練の立ち会い
  • 震災時下校の訓練の立ち会い
  • 給食費の集金
  • 旗振り当番
などなど、小学校ってどんどん平日に予定をいれてくる。

我が家は、共働きではないので大丈夫だが、予定を把握していないと、奥さんが体調崩したら、僕がいかないといけない。

いろいろ不思議なことがある。

小学校の先生たちも、結婚をしていて子供がいるわけだけど、その子供の親としての立場で学校のPTAと関わる時、それらの平日の用事をこなせるのだろうか? という疑問である。このことを聞いてみたところ、なんと「自分の子供のPTA活動のため」という理由で学校を有給休暇でお休みする先生がいるそうなのである。

そこまでしてやる必要あるだろうか?

もちろん、学校にまかせっきりでいいという話ではない。 ただ、なんか責任回避にしか見えない時があるのである。うちの地元では、教室の前で親が子供たちから「給食費を集める」ということをして先生に渡すのだけど、これは単に振込用紙を作って自動引き落としではまずいのだろうか? いろいろ疑問はつきない。

実際、息子の同級生のお母さんは、平日の用事が多すぎて、派遣社員として派遣されていた企業を辞めるしかなかったようだ。

菊池桃子さんが言うように「PTAが実質的に強制参加である」ということの問題もあるけれど、今求められているのは公立の小中学校の近代化なのではないだろうか。僕らが小学校に通っていた数十年前と同じやり方で運営されているのであれば、社会の実状にあわない。そういうことではないかと思う。

菊池桃子さんが選挙に出馬みたいな噂がある。本人は否定しているみたいだけど。個人的には、政治家になって欲しくない。醜く街頭で名前を連呼している菊池桃子さんを見たくないのである。

SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(あさかわなな)さんを、twitterで見ていると、気になってしょうがない。

AVEXのサイトにあるプロフィール写真に直リンクしてみた(笑)

朝からまじめな記事書いてしまったから「どうでもいい話」の成分をあげておかないとならない(義務感)

SUPER☆GiRLSのメンバーである宮崎理奈さんがやっている「ナイスみやり!」というラジオ日本(JORF)のラジオ番組で、「グラビアクイーン」的に紹介されていたのがきっかけで知った。

twitterで見る限り、アイドルという仕事をしているが「俺ら」(笑)の側の人なので、好感度がとても高い。同じグループのメンバーにさえの、そのヲタヲタしい態度は見ていて微笑ましい。

そして、グラビアクイーンと言われるのはわけがある。


本当は、画像検索の際に、2つめに「お」ではじまる魔法の言葉をいれると、もっとすごいこ(ry げふんげふん

狙撃手がヒルトンの屋上から俺のこと狙ってるからこのへんでやめとこう。





通勤電車の中では、マイボトルでコーヒーか紅茶かどちらかを飲んでいることは前に書いたのだけども。

今日はちょっと喉がイガイガするので、飴を買ってみた。

IMG_20160428_074320-01

とりあえずアイキャッチの画像を考えるのは大変なので、前置きに意味もなく写真をいれようかと思う。:-)

昨日、某氏によれば、弊社の社員のみなさんの中にも、このブログを読んでいる人がいるようである。そして、「ちょっとイメージが違う」そうである。まぁ、そりゃそうだろう。

会社の中では、(一応は)常務(多くの人は忘れてるけど)だし、開発部門みたいなきっちり〆とかないとグダグダになる部門とか、品質管理みたいなきっちりすることを求められている部門の責任者でもあり、カスタマーサポートという会社の外向けの顔の係であり。。。。と役割が多く、多忙を極めている。

※そこの君「ブログ書く暇あるじゃん」ってツッコミいらないから。

ところで、僕は「人からどう見られるか」ということを気にせず生きている。僕だって若い頃は多少は「こう見られたい」という理想の自分的なものがあった。もちろん、女子にもモテたい普通の小僧だったからね(笑)

※もっとも、モテた試しはないわけだが(笑)

ただ、世の中には「人が考える自分の印象がすべて」という非常に不幸な人たちがいる。そういう人たちの多くが「みんながこう思っているから、こうしなくちゃ」とか、いわゆるひとつの「空気を読む」ことを重要視する。

僕は、空気を読まないので「自分がどう思うか」が考えの大部分をしめる、仕事の場合は実際の商品を使う「お客さんがどう思うか」だけを判断基準にすれば良いと思っている。シンプルなのである。

これに対して空気を読む人というのは、「この企画書をみた先輩が〜」「GMの○○さんが〜」「部長の○○さんが〜」「アルバイトの○○さんが〜」「開発の○○さんが〜」と気にする範囲が広く、「誰からも嫌われたくない」わけである。

こういうのはいわゆる、八方美人というやつだ。むしろ、八方どころか十六方美人ぐらいの人がいっぱいいる。

むちゃくちゃ、そんなことしてたら疲れませんか?

まわりに気を使って疲れるぐらいなら、その労力を「おもしろいものを考える」ことに費やして欲しいと思うのだ。

ところで、八方美人って、今どき「良い意味の言葉」のように思われているようだ。誰からも好かれる美人みたに思っているのだろうか。「だれからも悪く思われないように、要領よく人とつきあってゆく人」という意味だが、簡単に言うと「本当の自分を見せず、主体性がない」ということで、本来、悪い意味の言葉である。

そして、多くの場合、仕事でも恋でも何でもそうだが八方美人の人の選択は「自分の選択」ではないので、あとで後悔する。

後悔するぐらいなら、本当の自分で、自分の選択をして欲しい。

ちなみに、どうでもいいことだが、うちの奥さんは八方美人ではなく美人である(重要)







↑このページのトップへ