ストレスというのは、誰にでもある。「ストレスがなさそうでうらやましい」という言い方がされるが、すべての人にストレスは一定量以上はあり、そして個人差はストレス耐性である。
stress_man.png
ストレスの出方として「爪を噛む」というのは定番かもですが、これっていわゆる「自傷行為」の類なので、ストレスの出方が内向きに出る人の特徴だったりするので、気をつけた方が良いよなーと。


世の中で良く言われるストレス解消法の5大定番は、
  • 寝る
  • 食べる
  • 旅行
  • 買い物
  • お酒
寝るはいわゆる、ふて寝。食べるはやけ食い。旅行は、要するに現実逃避。買い物は無駄遣い。お酒はやけ酒ってことですね(笑)


ストレス解消が破壊衝動(何かを壊すことなど)に向かうタイプの人は、トラブル起こしがちなので気をつけないとですね。


昔、ストレスチェックというのを受けたことがあります。ストレス度(どのぐらいストレスがあるか)が、振り切れるぐらいになっていて、医者に呼ばれたことがあります。ストレスがあってもストレス耐性が強いから大丈夫という結論でしたけど、脳天気な私でもストレスがあるんですから、普通ならたまったものじゃないですよね。


要するに、良く食べて、お酒飲んで、寝る。これに限ると言うことです(乱暴)


真面目な話をすると、自分の中にためこまずに相談できる相手を持ちましょう。仕事でストレスがあるなら、仕事を離れた関係の相手が必要。仕事以外のことでストレスがあるなら、むしろ職場の人に相談してみるのがいいのかも。日本では一般的じゃないですが、本職のカウンセラーとかを頼るのも良いと思います。


とりあえず、週末は能天気に過ごしましょう!

赤いきつね
緑のたぬき

は知ってましたが、

紺のきつね

って知ってました? 私ははじめて見たw

もっとも、インスタント食品をほとんど食べないので、そういうことも影響がありそう。
IMG_20200125_112225.jpg
こんなパッケージのでした。要するに「赤いきつね」がきつねうどん、「緑のたぬき」がかき揚げそば、「紺のきつね」はきつねそばってことでしょう。

IMG_20200125_115318.jpg
揚げ玉が入っている。関西風? なのかな。


IMG_20200125_120650.jpg
わりとしっかりしたお蕎麦で、なかなかおいしかったです。

なんだかんだで21回目。ありがとうございます。
この話。結構、「知ってた」という人もいますが、きれいに写真に撮るためのテクニックは興味を持っていただけたようで良かったです。


さてさて、
Screenshot_20200125-071440.png
総合ランキング284位でした。ありがとうございます。今朝はさすがにランキングに載っていないだろうと思っていたのに載っていると、うれしみが深いです。

<ここまでの順位>
2020/01/25 総合 284位
2020/01/24 総合 277位
2020/01/23 総合 290位
2020/01/22 総合 290位
2020/01/21 総合 290位/急上昇 179位
2020/01/20 総合 287位
2020/01/19 総合 284位
2020/01/17 総合 261位/急上昇 117位
2020/01/16 総合 282位/急上昇 152位
2020/01/15 総合 283位
2020/01/14 総合 267位
2020/01/13 総合 266位
2020/01/12 総合 259位()/急上昇 164位
2020/01/11 総合 262位/急上昇 149位
2020/01/10 総合 259位()
2020/01/09 総合 265位
2020/01/08 総合 296位/急上昇 148位
2020/01/06 総合 296位
2020/01/05 総合 272位
2020/01/04 総合 284位
2020/01/03 総合 285位


今年に入ってから、順位の記録を詳細につけるようにしてみましたが、あまり上下動がないのでおもしろくないですね。月次でグラフ化とかしてみようかなー(笑)

さてさて、今日は休日ですが、、、まぁ、いろいろやることがあるので耐えます。




↓昨日のんだストロングゼロのギガレモン(笑)

檸檬堂がありません。

そんな時も心を支えてくれる人がいます。CYNHNがないときは、虹コン。根本凪がいなくても岡田彩夢。そういうことだ!


00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200124202801914_COVER.jpg
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200124202839562_COVER.jpg
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200124202809184_COVER.jpg
月末まではストロングゼロで頑張ろうな!(どういうテンションなんだ?!)

みなさん、500円玉のデザインって意識したことありますか?

IMG_20200124_134808.jpg

隣の席の、Tくんに「ねぇ、500円玉持ってる?」と聞いて、100円玉5枚と500円玉を交換してもらいました。コインを水平な場所に置いて、普通のカメラ機能で撮影した写真がこれ。まぁ、なんの変哲もない500円硬貨です。



次に、500円硬貨を、ちょっと工夫して撮影した写真を見て下さい。

wlebchdxO0.jpg

こんな風に
なっているって
知ってました?


もちろん、私もまったく知らなかったです。教えてくれた友人(Special Thanks TKGさん)に、スマホ(Pixel3a)のカメラの設定をご提供いただいて、15分ほど工夫しながら撮影してみたところ、大きな「500」の0の中に無事に縦の「500円」を浮き上がらせることが出来ました



撮影方法は、こんな感じです。
  • ポートレートモードで撮影する
  • 500円硬貨の下方から水平に近い状態で撮影する
この2点を守れば、おそらく撮影可能だと思います。


Pixel3系の機種のようにカメラが単眼でも、最近の一般的なスマのように複眼でも、ポートレートモードがあれば実現できると思いますが複眼の方がおそらくきれいに撮影できるのではないかと思います。




技術的には、こういうことです。



そもそも、ポートレートモードの写真というのは、最終的に1枚の写真になっていますが「フォーカス(焦点)」の位置のずれた複数の写真を利用して、本来、焦点をあてたいものと、焦点をあてずにぼかしたいものを選別して、人間の本来の視覚に近いような奥行きを「ボケ」という形で実現する技術です。

この他にPixel系統の機種は、撮影時にHDR(High Dynamic Range/ハイダイナミックレンジ)という機能がついています。具体的には何をしているかというと、写真を撮影する際に「暗い部分に合わせた撮影」と「明るい部分に合わせた撮影」と「中間の明るさでの撮影」を行って、その画像を合成して明るさを補正するのです。




この「ズレ」の技術と、「明るさの補正」の相乗効果で、こんな風に数字が浮き出てきます。




いやぁ、面白い。世の中知らないことが一杯あるな〜

↑このページのトップへ