何ヶ月かぶりにブログを書いてます。
筆不精で申し訳ありません。

 本日放送のテレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」にいしわたり淳治くんと久しぶりに出演します。
2017年にリリースされた音楽の僕らなりのベスト10を選んだので是非チェックしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 自分の音楽に影響を与えた音楽は人生の中でたくさんあるけど、その中でもTM NETWORKは必ず十指に入る。

 最初に小室さんの曲に触れたのはシティハンターの主題歌だったGET WILDで、それが確か小4くらいだったと思う。
それから小学校高学年の時代の8割方TMの曲を聴いていた。

 中でも印象的だったのがたしかジャストポップアップというNHKの番組で披露したスペシャルアレンジのNERVOUSで、イントロでサンプラーを大胆に使いレコーディング音源よりもさらにエキサイティングなアレンジになっていたもの。
僕は人生で最初にコピーした曲がこれで、ドラムやアルペジエイターも打ち込んでエレクトーンで完コピして演奏したのを覚えている。
他の曲も当時持っていたMSXというパソコンで打ち込みしてコピーしていた。

 当然全アルバムを聴いているけど、リアルタイムで興奮したアルバムはHUMAN SYSTEMとCAROLで、人生で一番最初に買ったアナログレコードのシングルはSEVEN DAYS WAR。
シングルのラストの方はライドシンバルのロールで締めており、アルバムバージョンとドラムのテイクが違うことにも小6の頃に気付いていた。
つまりそれほど聞き込んでいたのがTMの音楽だった。

 中学に入ってからはどんどん洋楽志向になっていったのでいわゆる小室全盛時代のTRFやglobeは自然に耳に入ってくる物以外はほとんど聴いたことがない。

 が、改めて、ほんとに30年近くぶりに小学校時代に聴いていたTMを聞き返してみると、歌詞とメロはもちろんのこと、ベースラインやドラムのフィル、ギターのフレーズ、アルペジエイターの動き、美しくレイヤーされた音の積み、意図的にディスコードさせるシンセ、不自然と意外性が中毒性になる展開など全て鮮明に覚えている。
そしてそれらが僕の音楽に多大な影響を与えていることが容易にアナライズできた。

 不思議なのが音楽に詳しくなればなるほど、勉強すればするほど、 小室さんのような曲を作るのは難しくなる。
楽典的規則からかけはなれた部分にある独創的な発想というものを知識や経験が邪魔してしまうのだ。

 ここ数年は新譜のリリースラッシュと素晴らしい作品に恵まれた音楽シーンのおかげで、旧譜を聞き返す行為があまりなかったがこの2日間でTMを聞き返したことは、技術や経験を身につける以前に持っていた感情をフラッシュバックさせるもので、僕にとってとても大きなきっかけになりそうだ。

 世の中の影響的にはTM以降、プロデュース期の小室さんの作品の方が偉大な功績として残っていると思うが、僕はやはり吸収力の強かった小学校時代ということもありTM時代がベストだ。
HUMAN SYSTEM、そして特にCAROLはビートルズのSgt. Pepper’sやクイーンのオペラ座の夜と並ぶコンセプトアルバムの金字塔だと思っている。


 僕が特にすきなTMの曲、そして小室さんの作品を、Spotifyのプレイリストにまとめました。

 大プロデューサーになる以前のものがほとんどですが、一曲だけH jungle with Tが入ってます。
この曲がリリースされた頃は、僕もすでにプロ使用の機材で洋楽のダンスシーンの最先端の音を作ろうとしていたので、あまり邦楽に興味を持っていなかった時代ですが、この曲は当時まだ日本のポップシーンにはほとんど入っていなかったジャングルのビートを人懐っこい歌謡メロと見事に融合していた部分で衝撃的だった覚えがあります。