明日はゆずの20周年ベスト「ゆずイロハ」の発売日です。

今回のベストにはたくさん一緒にレコーディングしてきた曲が入ってるし、新録のいきものがかりとコラボした「イロトリドリ」、back numberとコラボ した「サヨナラバス」のサウンドプロデュースもさせてもらいました。

僕は約10年の付き合いになりますが、ゆずほど色んなシチュエーションでレコーディングしてきたアーティストはいないです。
一緒にスタジオで曲作りすることもあれば、2人がツアー中に僕がデモを作って送ったものを聞いてもらって電話で「蔦谷くん、サビの2、3小節目のコードとハモ変えてくれないかな?」みたいに遠隔で作ってたときもある。
プリプロを重ねに重ねて、パイプオルガンをレコーディングするためにホールに一度下見に行って音を確認したこともあるし、弦を呼んでプリプロしたことも。
生で録ったものを元が良かったからと全部デモの打ち込みに戻したり、ミックスが終わってマスタリング直前にやはりやりなおそう、となって再トライしたことも何度かあります。

こういったことからもわかるように、常識にとらわれずに良いものを作るためには何にでもトライする二人です。
常に変化を恐れず前に進む二人にいつも刺激されてきた10年でした。
僕もいつも彼らに負けじと成長した姿を見せたいと思っています。
ダサい感じでは絶対に会えない二人です。

そして、あんなに優しい人たちはなかなか会ったことないですね。
北川君と岩沢君の優しさはタイプが違うんですけど、本当に心のそこから優しい人たちだと言えます。
だからこそたくさんの人たちを笑顔にして勇気付けてきたし、人間の機微を絶妙に描く歌が作れるんだと思う。

これからの10年、そして20年の変化が楽しみです。
去年のドームのように、いつだって2人は路上の頃に戻れるんだから。

IMG_2100.JPG
若い!!