本日とうとう岡野宏典がデビューしました。

こんな才能と巡り合えた僕は幸せです。
そんなデビューシングルをプロデュースできたことを誇りに思えます。



是非聴いてください。


さて今日もあのバンドのレコーディングでした。
明日もレコーディング。
こっちも凄い。
いや、もっと凄い。
毎日毎日がもっと凄い。昨日より凄い。明日はもっと凄い。
じゃないとつまんないよね。

す ん ご い 。

さて今日は10月10日、JUJUの日です。
彼女のアルバムWonderful Lifeが発売されます。
僕は6曲目の「笑顔の残像」という曲を作曲しています。
なかなか壮大なバラードでこれからの季節に合うと思うので是非聴いてみてください。



明日3日はYUKIのシングルコレクション「FIVE-STAR」とMEGの移籍第一弾シングル「OK」がリリースされます。。



「FIVE-STAR」はYUKIソロデビュー5周年を記念して今までリリースされた16曲のシングルが発売順に収録されています。

僕は昔CANNABISというバンドでデビューしたんですけど、数年前に解散しました。
一番の理由は売れなかったから。
僕は絶対にバンドは解散したくなかったので最後まで粘ったんですが、やはり結果が出なかったら難しいものでメンバーの気持ちをなかなか一つにすることができなかった。
そこで最後にもう一度音楽を始めた頃の楽しい気持ちを思い出そうと、「JOY」という曲を作りました。
しかし残念ながら解散。

バンド解散後、絶対にバイトはせずに音楽で食べていくと決めていましたがそう簡単に音楽の仕事などなく、毎日もやしを炒めて食う生活。
キャバクラでピアノ弾いたり、演歌みたいなアレンジやったり、わけわからんヤクザに脅されたり(3度も)とかね。
いろんなアーティストのコンペもやりましたがなかなか決まらず。

そんなこんなでバンド解散から1年が経ち、何者でもない僕にとあるつてでYUKIさんの曲を作ってみないかというお話をいただいたわけです。
JOYだけは誰にも渡すまいと考えていたのですが、よく考えればそんなのはとても小さな拘りだった。
僕は決心してこのJOYを聴いてもらおうと決めました。
そしてこれが評価されなかったら僕はきっと時代とマッチしていないんだなとも思いました。

そして僕はJOYでYUKIさんに出会いました。
それからというもの、順序は前後するんですけどハローグッバイからビスケットまで計8曲も作らせてもらった。
YUKIさんが歌ってくれて、多くの人が聴いてくれて、街で自分のメロディが流れて僕は素直に嬉しかった。
自分のやってきたことが間違っていなかったと、大きな自信にも繋がった。

過去に作った曲も、それから作った曲も、きっとこれから作る曲も、僕はきっと何も変わらないと思う。
常に普遍的に自分が美しいと、かっこいいと思う世界を描き続けて行くだけだ。

なかなかできないときもあるかもしれないし、評価されない時期が来るかもしれないけど、きっとこのシングルコレクションを聴けば
「大丈夫、オレは間違っていない」
と、思えるだろう。

YUKIさん、スタッフのみんな、そして僕のメロディを聴いてくれる全ての人にありがとう。

↑このページのトップへ