関ジャムで2018年のマイベスト10曲を選ばせてもらいました。

この企画の話が来ると、いい曲の基準っていったいなんだろうという根本の部分をいつも考えます。
毎回決めているのは、単純に良いと思ったものは当たり前ですが、その上で何か挑戦している曲だったり、僕から見てあまり正当な評価を受けているようには見えないものを紹介するようにしています。
それともう一個は絶対にネガティブなことは発言しないと心がけています。

いろんなところで言ってきていますが、僕は妄信的に人のファンになることがほとんどないです。
だからどんな人でも曲単位でいいと思うものもあれば、これはいまいちだな、などと判断してしまいます。
みんながそんな聞き方をする必要は全くないんですが、ちょっと視点や聞き方を変えると今まで聞こえなかった音や見えなかった景色が見えるんじゃないか、という提案ができれば、音楽を「人」で聴くだけではなく作品そのものを楽しめる人が増えてくれるかなという願いもあります。

さて今回の中でちょっとしたエピソード。

ビッケブランカは数年前に僕がプロデュースしていたアーティストと一時期同じ事務所にいたことがあり、1度だけ挨拶をしたことがあります。
いい感じで生意気そうな雰囲気で面白そうだなと思ったのですが、その際にいただいた「Good Luck」というアルバムのサンプルを聞いて、その印象が間違ってなかったと感じたのをよく覚えています。
数々のギミックが張り巡らされた色彩的なサウンドで、音色一つとっても偏執的に拘っていて、ああきっとこの人はなんでもできるし、創造が溢れて仕方がないタイプの人なんだろうなと。
と同時にその技術や発想の奇抜さがメロディと歌を超えすぎてるかなという印象も受けました。

それから数年経って、彼がデビューしてからも曲を追っていたのですが、今回取り上げた「まっしろ」を聞いたときに僕はとても幸せな気持ちになりました。
まず純粋にメロディが美しい。そしてボーカリストとしての歌唱が格段に気持ちよく歌詞がスっと入ってくる、ずっと聞いていられる歌声。
今まで見せてきたサウンド面のギミックがほぼないアレンジの中、「冷たさが 吹いてきた」の「が」と「た」の部分もテンション感はまさにビッケブランカ!
こういうド直球のバラードの中にも絶対に他の人には作れないもの、それは彼らしい美しくもクセのあるメロディと歌唱であると、その部分を彼は自ら手に入れたんだと感じました。
もうあとは、何でもできるしそもそも発想は飛びぬけているわけだから、これからの彼はめちゃくちゃ強いと思います。

挑戦にはいろんな種類があると思います。
星野源や三浦大知のような国民的存在による偉大な挑戦もあれば、ビッケブランカのように己の足下を見つめどういう未来を描くかという挑戦もあります。
そのどちらも僕は強くて美しい一歩だなと感じています。

北海道内テレビ6局合同キャンペーン「One Hokkaido Project」
北海道命名150年を記念したチャリティーソング「私たちの道」のMVが公開されました。


北海道出身のミュージシャンや俳優、アスリートにいたるまで著名な方々が歌ったバージョンです。
スタッフのみなさんの努力でこんな豪華なメンバーが集まって歌ってくれたことに本当に感謝しています。

IMG_0928.JPG
なかにし礼さん作詞、作曲と編曲プロデュースは僕がしました。

このお話を最初にいただいたのは昨年の3月くらいだったでしょうか、なかにし礼さんが作詞することが決定していて、歌うメンバーは全く未定だったのですが作曲は僕で行きたいと言っていただいたのがとても嬉しかったです。

その後なかにし先生からの歌詞の第一稿と伝言が送られてきたのですが「作詞家と作曲家は曲ができあがるまで会ってはいけない。これは戦いだから」という趣旨でした。
僕はその真意をよくわかっていないまま、その歌詞にすぐメロディをつけて返し、その後歌詞とメロディのやり取りがもう1回あり、今の形になりました。

作曲期間中なかにしさんとは結局会えなかったのですが、初めてお会いしたのは11月に札幌で開催されたこの曲の記者会見の本番15分前くらいの前室。
椅子に座り背を向けたなかにしさんに近寄ると先生は杖を持ち立ち上がりこちらに振り向き「素晴らしいメロディをありがとう」と固い握手をしてくれたのでした。

なかにしさんはコーデュロイの黒いジャケットに黒いシャツ、濃紺のタイと同系色のポケットチーフ、パンツはジャケットとは異素材の黒、杖のグリップはシルバーで靴はレザーだけどカジュアルなものでめちゃくちゃカッコいい。
記者会見などやったことがない僕はマネージャーに何を着ていけばいいか確認して、面接か?というような3ピースのカチっとした格好で行ったのですが「(あ、おれこういうのが嫌で音楽やってたはずなのにいつのまにか常識を気にするようになってだせぇな・・・)」なんて思う初対面でした。

その後スタッフの方が「なぜ蔦谷さんと会わなかったんですか?」という問いには、「作詞家と作曲家が会ってしまうと見えない部分で馴れ合いや気遣いが生まれてしまう。わたしの送った歌詞を見て最初に感じた情熱でも、喜びでも、嫌悪感でもなんでもいい、それをぶつけてもらいたかった」と。
あ、確かに嫌悪感ではないけど「はいはい、そっちがその気ならやりますよ、いいメロ書けばいいんでしょう」くらいの気持ちは僕の中に確実にありました。
おそらくそこまでお見通しだったのでしょう。

記者会見後、スタッフ関係者含めた食事会があったのですが、なかにしさんはそこへハットを被ってあらわれ、脱帽し櫛でオールバックを一度整えてから着席するダンディズム。

食事中、なかにしさんとスタッフ交えてのなにげない会話。

スタッフ「先生が今までで一番凄いと思った歌手は誰ですか?」
先生「そりゃ、ひばりだよ」
スタッフ「じゃあひばりさんはなしで!他に○○さんとか○○さんとかはどうでした?」
「あれはうまかったけど宿命を感じないんだよ。歌を途中で辞めるってことは宿命じゃないんだ。ひばりは歌とともに生きた。宿命のもと歌ってたんだ。わたしも若き日に物を書くことで生きていくという宿命を自分で背負った。そういう宿命を持った人間の作るものじゃないとダメなんだよ。(隣に座っていた僕に向かって)だって宝くじで3億当たったからって音楽やめないだろう?」
蔦谷「はい、そもそも宝くじ買いません」
先生「だろう、だからこの男の音は良いんだ。そういう人とやらないと意味がないんだ」
蔦谷「(おれ感嘆・・・)」

ここで「運命」ではなく「宿命」という言葉を瞬時にチョイスするのがさすが百戦錬磨の作詞家。

こんな会話もあった。
「先生が最近の音楽で響いたものありますか?」というスタッフの問いになかにしさんは「わたしが今聞いているのはショスタコービッチだったり往年のジャズやシャンソンだったりするが、最近の音楽は聞いてはいない。しかしそれは懐古主義ではなくわたしは自分の人生を確認する作業をしている。わたしが戦っていた頃とは時代も全然違うし今の音楽がダメなのではなくて確実に音楽は進化しているし進歩しているはずだ。彼(蔦谷)はそこで今戦っていて、わたしは今そこからは退いている、だからわたしに今の音楽を評価する権利はないんだよ」と。

さらになかにしさんはこの曲について、
「昭和の作詞家が歌詞を書き、平成の作曲家が曲を作り、次の元号へ歌い継がれていく曲になった」
と仰っていました。

自分のやってきたこと、生きてきた道に誇りを持ちながら、未来を支える若者を想う。
めちゃくちゃカッコよくないですかなかにし礼先生。

10796893072_IMG_1814.JPG
なかにしさんと窪田副知事。

そしてまさに、この曲の最初のレコーディングは次の元号を支えていくであろう若者たちが歌ってくれたのです。

GPTempDownload.JPG
市立札幌旭丘高校合唱部のみんな。

このレコーディングは全国大会の数日前という忙しい中、大会の練習を割いてまでこの曲のレコーディングのためにみんながんばってくれました。

今では北海道の小中高校など数多くの学生たちがこの曲を歌ってくれているようです。
その全ての始まりは、このレコーディングでした。

2月には北海道内テレビ6局が同時に特別番組をやるとのことで、詳細情報が楽しみですね。
なかにしさんの仰るように、次の元号へ、これから先何十年何百年と歌い継がれる曲になって欲しいと願っています。

北海道以外の方にも是非聞いてもらって、歌ってもらいたいです。

オフィシャルサイトから合唱用の楽譜もダウンロードできるので是非よろしくお願いします。
https://one-hokkaido.jp/

 あけましておめでとうございます。

インスタやTwitterばかりでおろそかになっていたこのブログを、今年は更新頻度をもう少し上げていきたいと思っていますので、ひとつよろしくお願いいたします。

 
 さて今日は長文になります。

昨年末にツイートしたこの件

COUNTDOWN JAPAN FESを観に行くために高速を走っているときに、J-WAVEのJ・カビラさんの番組を聴いていると「アメリカのミュージシャン、Butter Scotchさんがゲストです」という声が。
随分ふわっとした紹介だなあと思いそのまま聴いていると、ボイスパーカッショニストでありシンガー、ギタリストでありピアニストでもあると。
さらに来日中のマーカスミラーのブルーノート東京公演にゲスト出演するとのこと。
全く全貌が掴めなかったんだけど、そのButter Scotchさんの生放送スタジオライブを聴いて驚愕。

まずはこちらを

これとほぼ同じパフォーマンスでした。
これは是非生で観たいなと。

マーカスミラーと言えば、確か91年のLive Under The Skyでの来日公演をテレビで観たのが初体験でした。


当時中2、3とかでしたが、マーカスがタンクトップ姿でムキムキの筋肉でスラップ奏法をする姿を見て、なんとかっこいいのだろう!と興奮し、まず腕立て伏せから始める、というまず格好から入る自分の性格をよく覚えています。

このライブにはハービーハンコックも出演していて、当時の僕は中1から憧れていた指揮者から明らかにジャズ寄りにシフトしていったきっかけでもありました。
ハービーのcantalope islandのピアノは結構忠実にコピーしていたし、マーカスのベースも血マメ作りながらがんばって練習していました。

そんな記憶を思い出しつつも、二十歳の頃に札幌で見たマーカスのライブにあまりいい印象を持っていなかったので以降は全く追いかけておらず、正直彼の音楽に対してはノスタルジーのみでしたが意を決してブルーノートに観に行くことを決心し、車は幕張のCDJFに走らせていたのでした。


 CDJFESでは色々と観たのですが、King Gnuのライブがとても良かったです。
まず演奏がとても良い。単に上手いということではなく、非常に肉体的で躍動感があり、耽美的な瞬間と荒々しさを内包したライブで、僕は心底興奮しました。
そして曲が美しいです。
いつか大きなステージでライブをする彼らを観てみたいと思いました。

 バンプも観たんですが、これは僕が色々いうのは野暮なほど素晴らしいものでした。
その中で僕が特にいいなと思った部分は、曲の終わりで「ジャカジャーン、ドコドコドコドコ、ズバーン!」みたいな締めをほぼやらないこと。
結構海外アーティストのライブに行くと締めがふわっとしてたり、そもそも締めなかったりが多いですが、日本の特にバンドシーンは締めにかき回すことが多いですね。
あれは「ここで曲終わりますよ!拍手するとこですよ!盛り上がってくださいよ!」という合図にもなるし、演奏してる側も興奮するので非常に便利ですが、ある種カタルシスハラスメント的な側面もあり、派手に締めるアーティストが多い中とても新鮮で、楽曲に対する愛と自信も感じられました。


 そして翌日、チケットを購入してブルーノートへ。

 結果、昨年見たライブで一番興奮しました。
バンドメンバーは全員若いミュージシャンで、最近の曲のビートにはTRAP以降のサウンド感を取り入れるなど、老いて行く自身をアップデートしようという意気込みが随所に感じらつつ、マーカスミラーのベースは当時と全く同じ音色に聞こえたし、32分の細かいフレーズや16分3連のタッピング、そして彼らしいリズムのタメなどどれをとっても僕にとってはノスタルジーを感じてしまうものでしたが、それが圧倒的な存在感と現役感を放っていました。

TAILSが出た頃、僕の高校生くらいの頃ですが、これはマーカスに限らず、ジャズやフュージョン寄りの人がトレンドなサウンドを取り入れると「なんでその音色でやっちゃうかなぁ」とか「ビートと上物が合ってないなぁ」などいつも感じていました。
それが今はジャズシーンとヒップホップその他R&B含めトラックメイカーに至るまで、あらゆるシーンが近くなり、ジャズの人が「それじゃないんだよな」みたいな事がとても減るどころか、「それが聴きたかったんだ!」みたいな極上のサウンドを奏でるアーティストが増えてきました。

そういう時代の中で、マーカスのサウンドやグルーヴはやはり数世代前を感じさせるところはあったのですが、そこで登場したButter Scotch、彼女の登場でグッとトレンドなビート感になり、マーカスの前世代感よりも、彼の厚みや重みを引き出していたように感じます。
バンドメンバーとButter Scotchの若さと勢いにマーカスの百戦錬磨な総合力が見事に融合し、他のどこでも聴けないサウンドを構築していました。

マーカスの独特な拳を握ったようなフォームから一変し、手が開き親指を叩き付けるような瞬間はだいたい歪み系のエフェクトがかまされ、バンドの演奏も大変熱を持ったものとなり、僕は無意識に両手を挙げ声援を送っていたのであります。


 最後に、この日ライブを見て思い出したのはこの曲でした。

 僕は今ちょうど3番の歌詞くらいの世代。

 今年もがんばります。

↑このページのトップへ