ご無沙汰しております。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

ジメジメした毎日が続いていますね。
天気予報によると
今日の東京は湿度98%。
洗濯物が乾かないどころか
着ている服が大気中の水分を吸収して
湿ってくる事態です。

夏の暑さが厳しくなってくると
街のあちこちで「ビアガーデン」の
文字を目にします。
そんなにお酒が飲めない...
いえ、ほぼ飲めないと申しても
過言ではない私にとって
遠い存在であるそのガーデン。

お店で呑むのはハードルが高いけれど
ちょっと嗜んでみたい。
そんな想いで おうちビール 始めました。
↑ 注 わたくし。
ビール飲む時ってこんな感じでしょうか

初心者の私にも飲みやすい
ビールを探すため
最寄りの百貨店の
お酒専門コーナーにて
じっくり品定めをしました。

一つ一つに
何やら詳しい説明が書いてあって
フルーティーな....やら
ホップの香りが....などなど
ふむふむ。そういう感じね。

一通り端から読んでみたものの
さっぱり分からないので
結局はデザインで選んだ2本を手に取り
レジへと進む。

なんだか私ってば
百貨店でビールを選ぶなんて大人だわ!

駆け寄ってきてくれた
お店のお姉さんに商品を手渡すと
レジには先客の紳士が
いらっしゃいました。

その後ろで
今日また一つ大人の階段を
登っちゃったなぁと
ニヤニヤしながら待っていると
レジのお姉さんと紳士の会話が。

「ご自宅用ですか?」
「はい。
   (包装は)簡単でいいです。」
「かしこまりました。
   ではお会計が 48600円になります。」

!?!?!!!!
お買い求めになったのは
どう見てもワイン1本。
紳士はスマートに会計を済ませ
これまたスマートに立ち去って
行きました。

さっきまで目の前に見えていた
大人の階段はあっけなく消え去り
残された私は
膝から崩れ落ちそうになりながら
ビール2本で900円ほどの会計を済ませ
そそくさと退散したのでありました。

大人の嗜みの世界は果てしなく広く
道はまだまだ長いようです。


ひなた