ちょっもライブに行ってる間に関東が先に梅雨入りしたとかなんとか!?
そんなこともあるんですね〜
秋野です🧟‍♂️

さてツアー序盤は西日本気味だったところ、久しぶりに東側へ帰ってきました。どこもワイワイには変わりないのですが、遊びに来てくれるソウルメイトの顔ぶれがまた変わったり、地元の人の待ってました感を感じることができてこちらも嬉しく楽しくなりますね。

古くからお世話になっている宇都宮。ここには極楽マシーンというそれはそれはおどろおどろしくてへんちくりんでクセがすごくてカッコいいスリーピースバンドがいまして、鶴の初期の頃に仲良くなって宇都宮と我々の本拠地だった新宿JAMでイベントに呼んで呼ばれての仲間でした。
今も活動しているのでしょうか。色々検索したら数年前までは出てくるのですが。

我々が新宿JAMに出てた頃は個性的なスリーピースバンドがひしめいていて、今思い出すと沢山の同志が出てきます。そしてどのバンドも誰とも似てなくてみんなすごい個性があったように思います。特にベーシストはみんな強烈。
そんな中で揉まれていたから鶴も鶴らしさってやつが磨かれていったのかもしれませんね。

そんな中で特に異彩を放っていたのが極楽マシーン。みんな元気かな〜
また一緒に餃子食べに行きたいな〜

とまあ、極楽マシーンの話になってしまいました。
僕らの中で宇都宮と言えばの筆頭なので。


そんな宇都宮でした。
みなさまワイワイありがとうございました。

ヘブンズロック店長の佐伯さんはすごーく人当たりのよい雰囲気なのですが面白いほどに口が悪いです。笑
いや、バンドに対して素直なだけです。たまにただの悪口🤣
カッコいいものはカッコいい、ダサいものはダサい、そういう率直な事をぶつけてくれる店長ってのは全国にいます。クセやこだわりが強い猛者が多いです。ライブハウスも若返りが必要な部分もあったりして、次世代のバンドを繋げていくためには若いブッキングマンを育てなきゃいけないわけで、そうなると強烈な猛者たちは一歩引いた立場になっていくんですけど、鶴は全国的にそういう猛者が現場にいる最後の時代を生きているのかもしれません。

そんな事を考えながら、まだまだツアーは続きます。