どーも秋野です🧟‍♂️

私事で恐縮ですが、秋野独り作品がリリースされまして、いま巷では密かにブームかどうかは分かりません!が、なんとなく好評をいただいているという感触です。ありがとうございます。

そんなリリース前のタイミングに大津でスクービードゥーとやり合ってきました。ジョーくんが秋野CDに非常に興味を持ってくれていたような、、。


不定期開催のスクービー鶴。
お互い全国各地での対バン回数も最多?
このままいくとスクービードゥーと鶴が対バンした都道府県で47になるでしょう。もう30は超えているのではないかと思われます。
詳しい情報はモビーさんまで。


コロナシーズンでバンド同士も会う機会が減りまくっていたところで、ようやく久しぶりの対バンに心踊りました。スタジオではバッタリなこともあったのですが、やはりライブハウスじゃないと。
ようやく「俺たち生きてる」って思わせてもらいました。

居ても立っても居られなくなって、俺たちなりのスクービードゥーカバーをさせてもらいました。
なんとなく勢いで耳コピしたら、原曲と違うコード進行だったみたいで、それはそれで「なるほどね〜」とリーダーに感心していただきました。
事細かに分析してくれたのですが、すみませんリーダー、俺何を言われているのかさっぱりじょっぱりです。

そんな大好きなスクービーにコロナシーズンで成長した俺たちを観てもらいたくて、神田の「Waiting Mother コール&レスポンスバージョン」をぶっ込んでみました。
すみません、このコール&レスポンスのせいで持ち時間をオーバーしてしまったことを、この場を借りて改めてお詫びさせていただきます。

本番後、平謝りの我々にコヤマさんは言いました。「カバーは持ち時間に入らないから大丈夫」
愛でした。


どんくんはもう笑うしかありません。

この日にライブハウスで鳴った音も、ホシオトも高槻魂も、ビビりながらトライを繰り返して、少しずつ戻ってきているような空気を感じました。
油断は出来ませんが、こんな感じで開けていくことを祈ります。
みなさまワイワイありがとうございました。


次回のライブはSMRフェスです!
配信のみなので、配信ならではの素敵なフォーメーションでお届けしよう思いますので、よろしくお願いします✨