月別アーカイブ / 2022年05月

前日のhoshiotoに続き晴れの国の実力を見せつけられる晴天っぷり!そんな岡山にメロメロなどんでございます。

リハーサルからテンションマックス!!!
 


hoshiotoの幸せ感を引きずったままこのツアー10本目!区切りの岡山ライブでした。

ただいま おかやま♪

ジョイマン感がすごい!

CRAZYMAMA KINGDOMからのリクエスト、なんと10曲!(笑)愛を感じますそしてなぜかCHAGE and ASKAのカバーをリクエストしてくるあたりがほんとにクレイジー。店長がクレイジー!(笑)でもスリーピースで結構いいアレンジだったと自負しております。いかがでしたか??

岡山の空気感はまさにライブが戻ってきたって感じでした!来てくれたみんなも感じてくれたんじゃないかな。あのギュッとした熱量!そうだった!岡山ってこうだった!!

10本目、いい区切りになりました。


岡山には鶴を応援してくれるラジオだったりテレビだったり雑誌だったり新聞だったりとといろんな仲間がいます。そんな人達とも久しぶりに顔を合わせて話が出来て、ライブも見てもらえてそれも嬉しかったなぁ。


hoshiotoからのツーデイズ、岡山をたっぷり堪能させてもらいました!!!

キッビッダンゴッ!!! 
 

たった今、ほぼ書き終えた文章を全部消してしまってしょんぼりしている神田です😮‍💨

こう言う時は過去の再現ではなく
新たな気持ちで書き始めるのが良いんです!
(よく書けてたブログでした)

はい!改めまして!
hoshioto3年ぶりの開催でしたね!
やはりアットホームな素晴らしいフェスでした!
いつもはスケジュールの問題で
途中で帰ってしまうことが多いのですが
今年は最後まで楽しみました!
ラストのGRAPEVINEのライブが素晴らし過ぎてカッコ良すぎて!
学生時代に聴きまくってたので
そんな曲が目の前で鳴っていることに感動しました。
しかし最近目の曲の格好良さも半端なかったってのが最高!
痺れました〜
裏でご挨拶も出来て、鶴の事覚えてくれてましたー!!嬉しいー!!
いつか共演するぞ!!

1日を通して
いろんなバンド仲間、アーティストさん
ラジオ局の方や新聞社の方
出店の方など
沢山の仲間に会えました。
鶴を慕ってくれている後輩バンドから声をかけられたのも嬉しかったなー

お昼過ぎからの鶴のライブ。
暑かったけど、心地よい風もあり
景色と音楽が混ざって
あー、俺の生きる栄養〜
って感じでした。
オーディエンスのみんなの目元が
楽しそうでね。
伝わってきたよ。

こんにちは鶴ですの時
ステージから見る景色は圧巻でしたよ!
あそこにいるほとんどの人が
手首クイッてやってるんだから😆
最高。

Mr.hoshioto

これからも岡山と楽しいことして行きます!
お楽しみにソウルメイト岡山!
ありがとうソウルメイトhoshioto!
hoshiotoチーム本当にお疲れ様でした!

フェスで飲むビールってなんであんなに美味いんでしょう😋

こちらはサワー😋


こちらはふーちゃん焼き😋


神田のiPhoneインカメラ動画からスクショ。


ベースファンタジスタと石油王。


鶴カーとシンガロンカー。

このツアーで最長?となる九州の旅が終わってひと段落している秋野です🧟‍♂️

熊本ワイワイ、素敵な熱をありがとうございました。

B.9はコロナシーズンが始まって間もなく配信ライブをやりにきましたね。元々HAPPY JACKという春に行われるイベントに出演予定だったのが中止になってしまい、それならば自分達から熊本に行こうじゃないかと思い立って行ったライブでした。
その時、B.9の何処よりも早く先へ進む姿勢に衝撃を受けたのでした。まだ配信が今よりも当たり前じゃなかった頃、映像に特化するためにクレーンカメラの導入やホールクラス以上じゃないと目にする機会のない照明など、、それもこれもB.9店長の実行力ですね〜
今回はなんとV3のステージが改造されていて、グリーンバックの撮影スタジオになっていましたし。B.9は様々なものに対応できる総合文化施設みたいになっていきますね。笑
このままいくとテレビ局みたいな状態になっていくんじゃないでしょうか🤣

リハーサルで生バンドの音響をああだこうだ言いながら試行錯誤するのが久しぶりで楽しかったと、話していた店長の福田さんの言葉が印象的でした。
イベントやツアーがまだまだ少ないですからね、もう少し我慢の時期は続きそうですが、その代わりにB.9は沢山の武器が増えていってるのでしょう。
今後も行くのが楽しみです✨


鶴チームで夜ご飯を食べに行った帰り道、寄り添うように歩く2人。



楽屋でトマトが止まらない笠井。(こちらは長崎にて)


さて、次はhoshiotoでお会いしましょう✋

↑このページのトップへ