月別アーカイブ / 2022年02月

どーも、秋野です🧟‍♂️

毎度遅くなってしまっているこのLINEブログ。
ようやく今年に突入です🙇‍♂️
春に向けてライブが少なめのこのシーズン、発表されたツアーに向けての準備や、新曲の制作などに追われるタイミングに入ってきました。
そんな中、笠井どん快樹のコロナ陽性の報告にご心配をおかけしております。

さて、今年初のライブは宇都宮でございました。
写真多めでお届けいたします。


これだけバンドをやってきても年をまたいで約1ヶ月ぶりのライブとなると、ちゃんとやれるかどうか少し不安になってしまうものです。
特に昔は少し開いただけでバンドの調子が狂ってしまうような。




それがどうでしょう。
全員なんのそのです。

自分たちのペースや感覚が分かってきたのでしょうか。蓋を開ければ鶴は鶴であることに自分達で気づく今日この頃。不安がりすぎず、かと言って慢心しすぎず、まさに心の成長です。


声をかけてくれたヘブンズロック、そしてツアーの対バンとして選んでくれたDURANさん、ありがとうございました。
そしてコロナが拡大している中、ライブハウスに足を運んでくれたあなた、今回は残念ながら見送ったけど来ようとしてくれたあなた、ありがとうございました。


どんくん、早く戻ってきて〜



ふわりと春の香りを感じている、わたしの敏感な鼻。止まらない鼻水。おいおい、こんなに寒いのに花粉飛んでるってどーゆーこと!?寒さと痒さに悶えています。どーもどんです。

時は昨年末まで遡ります。2021年最後のライブにして、アルバムの曲全曲やるATCのファイナル。もうスペシャルが渋滞しております。

ここでベストアルバムを持ってくるあたり、神田先生のルーレットの腕には脱帽です。





さすがベストアルバム!という感じのセットリスト!!どの曲もパンチ重め。全曲フルスイングです。中でも他のアルバムに入れてあげられずベストアルバムにしか入っていない『引力』。わたしの大好きな曲でございます。これがライブでできる幸せ 『デッド・オア・ラブ』もめちゃくちゃ久しぶりに演奏したなぁ。この日は改めてシングル曲や表題曲の凄さを思い知りました。


ここまで全アルバム振り返ってきたATC。つまりいままでリリースしてきた全曲やり尽くしたってことですな。全アルバムやるぞ!なんて意気込みで始めた訳ではないこの企画。しかし途中からすごく楽しくなってきちゃって結局完走!鶴らしい。どのアルバムにも思い入れがあって、そして何よりどのアルバムもいい曲揃い!!(自画自賛)鶴っていいバンドだね〜。なんて自惚れております。(笑)このATCにお付き合いくださった皆様ありがとうございました!!


この日の名古屋はなんとしっかり雪。私は雪が好きなのでテンション上がってましたが、翌朝の移動を忘れてましたよ。朝にはこんな状態に…。無事に帰れましたがなかなか。(笑)

 


ちょっと遅くなりましたが2021年、大変お世話になりました!!!

 

今日もレモンサワーが美味しい神田です!

昨年末に行われた大忘年会。
もう恒例行事となりました。
ご褒美ライブ。

スリーピースでは味わえない贅沢なサウンドと
スリーピースへの愛を再確認する
鶴にとって大事なイベントです。

 鍵盤、ホーン、ストリングス。
すっかり定番のメンツになってます。
もはやサポートメンバーでは無く
全員で大忘年会バンドです! 
 曲決めて
お願いしたい曲をそれぞれに送って
数週間後のリハーサルで始めて音を合わせて。

はい、問題なーし!
めちゃくちゃ良いじゃーん!

こんな感じです。

鶴への愛と理解がハンパなく高いので
(ありがたい)
この状態が実現するのです。

もちろん、思いつきでの無茶振りにもサクッと対応しちゃうスキルの高さ!
Waiting Motherのあそこなんて
最終リハで思いついたので
「あとは本番までによろしくー!」
って感じでした。雑でごめんなさい!

このイベントは
これからも続けていきたいイベントです。
いつかはホールでやりたいなぁ。

もちろんヘブンズロックさいたま新都心の皆様も
このイベントへの理解がハンパないので
引き続きここでもやっていきますが!
(ろうそくキャンドル、あれはヘブンズロックが管理してくれています。電池交換なんかもしといてくれています)

そして毎年恒例のメンバーの似顔絵!
今年はね〜、閃いたよね〜
動物化。
最初にどんくんキリンを描いてみて
ダメそうだったらやめようこのアイデア。
と思って描き始めたら
あらま!良い出来!

どんくんキリンから描いて良かったわ〜
そして今年のDBNKのロゴ。
トリプルミーニングに気づいてくれました?
鶴フェスのロゴ依頼、このやり方好きなんです〜

一年に一回
みんなに会える
今年も会えますように。

↑このページのトップへ