〜99%の無駄を捨て1%に集中する方法〜

エッセンシャル思考
仕事関連でいい刺激をもらっている、藤川裕介さんより「エッセンシャル思考」が非常に面白いから是非読んでみてと、紹介して貰ったのが最初。早速図書館に借りに行き、三回延長した程だ。

この本書は、何もかも中途半端で、何かがおかしいと常に悩んでいる人に是非読んで欲しい。

ハードカバーの本だが、一気に読めてしまうくらい、わかりやすくロジカルに書かれてある。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3950.JPG
ハードカバーの「エッセンシャル思考」は残念ながら図書館に返却してしまい、後悔していた。何故なら「エッセンシャル思考」は、何度も読み返すべき本であるからだ。

ただ、だからと言って必ずしもハードカバーの本にこだわる必要はない。と思う…。なので、「エッセンシャル思考」の漫画版を見つけ、思わず購入してしまった。

非常に分かりやすく、
  • エッセンシャル思考
  • 非エッセンシャル思考
について書かれてある。


私は三年弱程、在宅秘書の仕事をしていたが、仕事の依頼を断る事が出来なかった。自分で優秀と答えるのは厚かましいが、パートナーに認めて欲しく、必要な人間になりたかったのだ。いいように見れば頼みやすかったのだろう。仕事の量が膨大になって行った。

メールやチャットで依頼があれば5分以内に即レス。レスポンスの早さは自慢のひとつだった。パートナーから信頼を得たく、その分家族や自分の時間を犠牲にしてきたのだ。

結果、あっぷあっぷ状態になり、いい状態で仕事の納品が出来なくなってきたのだ。

一番ショックだったのは、「ママはいつもスマフォを見てるね…」だった。

全て依頼された仕事はNOと言わず、反射的に全部に「やります!」と根性で頑張り、イライラし疲れ切っていた。

これが、非エッセンシャル思考だ。

これは、私だけでなく、多くの人が経験している事だろう。

このままでは、ダメだと、「エッセンシャル思考」になるべく以下の事を実行していった。

エッセンシャル思考に大事な3つ
  1. 選択
  2. ノイズ
  3. トレードオフ
私は家族、子供の優先順位をあげ、秘書の仕事を辞め、家族子供を大切にできる仕事のスタイルに変更したのだ。

これが正しいというのではない。あなたにとって、

何を捨てるべきか?本当に大事な事は意外に少ない。そして、大事な事以外は断る勇気をもつと、毎日が充実してくるはずだ。

人生は本当に一回きり。
いつ死ぬかも分からない。
だからこそ、非エッセンシャル思考ではなく、エッセンシャル思考で生きて生きたい。

私の夢は、ママみたいな大人になりたいと子供達から思って貰える大人になる事だ。

本書は、かなりロジカルに書かれてあり自分の事に置き換えやすい。だからこそ、自分を見失い、何もかもが中途半端だと悩む方に読んで欲しい。

何かのきっかけになると私は嬉しい。