〜10代からよむ中国古典〜

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4229.JPG

派遣時代は月曜日が憂鬱で仕方なかった。
 
が、今の私にとって月曜日はワクワクで楽しみな曜日のひとつ。理由は、図書館に行けるからだ。

沢山の本に囲まれると何故かワクワク&癒される。そんな今日は、今まで見たことのない棚にふと目が止まった。


「老子にまなぶ人間の自信」
10代からよむ中国古典


目が点になった。 なんじゃこれは?


老子?名前は聞いた事があるレベル(笑)老子と聞くと、孔子も思い出す、そんなレベル。

私の認識は、老子は生きる術であり、孔子はビジネスのイメージがある。間違った解釈であれば、だれか訂正して欲しい(笑)

正直、古典は高校で赤点ギリギリだった。
いまでも赤点って言葉があるのか不明だが、そんなレベルの私が読める古典であった。


もう一度言おう!
10代から読める中国古典だ!


物凄く分かりやすく、すっと身体に染み込んできた。確かに10代から読める中国古典ではあるが、二児の母となった今だからこそ、感じるものもあるだろう。


いくつか老子の言葉が紹介されどれも良かったが、一番心に残った言葉が、


古典
知人者智、自知者明


人を知る者は智(ち)なり
自ら知る者は明(めい)なり


解説
他の人のことがわかるのは知恵があるからです。しかし、自分のことが分かるのはもっとすごい知恵なのです。


自分のことが一番近いのに、一番遠いんだなぁと改めて痛感した月曜日だった。だからこそ、本を読みまくっているのかも知れない。


老子の思想は、今から2000年以上も前に成立した思想とは思えないほど、いまでも十分受け入れれる思想に驚いた。


ふと、孔子の思想も読みたくなった(笑)


10代から読める中国古典シリーズ、次回も借りてみようと思う。








〜人間か、人口知能(AI)か〜

Amazonプライム会員を利用して、子供達が寝静まった夜中に久々の映画を見た。

Amazonプライムで映画を観る習慣が無かったのだか、是非便利なので!と背中を押してくれた方がいたので、チャレンジしてみた。

結論。Amazonプライム会員いい!!w

子育て中のお母さんには映画館に行く暇がないので、Amazonプライムはかなりオススメ。

以前、こちらで無料通話について書いた記事がある。

未来絶対にないとは言い切れない世界。
自分には関係ないよなぁと思っていても実は自分も既に巻き込まれているのが現状だ。

Facebookに知り合いかも?!とでてくる人。正直なぜ知り合いかもで、でてくるのか?

FacebookやGoogleのアルゴリズムは公開されていないので、推測でしかないが、主人のFacebookの知り合いに、◯◯産婦人科と表示されていた。


主人曰くなぜFacebookの知り合いに産婦人科の院長のFacebookがでてくるのかが分からないとつぶやいてたが、聞いてみると、Googleで以前出産した病院を検索したことがあると記憶していたようだ。

Googleなど検索サイトが、情報や語彙のデータベース。FacebookやLINEなどSNSは、人の気持ちやコミュニケーションのデータベースなのでは?!と映画を見て改めて怖くなった。

緊張感が常にあり、映画を見終わる頃には疲れきってしまった。

未来、AIを切っても切れない関係になるのだから、同じAIなら、ドラえもんのようなAIなら嬉しい。

どら焼きを用意しておきたいところだ♡

最後に、エクス・マキナのエヴァはとにかく美しい。周りの大自然とのギャップに目が奪われた映画だった。



xRe7LN0DSL.jpg
cR6FPVBin7.jpg

〜99%の無駄を捨て1%に集中する方法〜

エッセンシャル思考
仕事関連でいい刺激をもらっている、藤川裕介さんより「エッセンシャル思考」が非常に面白いから是非読んでみてと、紹介して貰ったのが最初。早速図書館に借りに行き、三回延長した程だ。

この本書は、何もかも中途半端で、何かがおかしいと常に悩んでいる人に是非読んで欲しい。

ハードカバーの本だが、一気に読めてしまうくらい、わかりやすくロジカルに書かれてある。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3950.JPG
ハードカバーの「エッセンシャル思考」は残念ながら図書館に返却してしまい、後悔していた。何故なら「エッセンシャル思考」は、何度も読み返すべき本であるからだ。

ただ、だからと言って必ずしもハードカバーの本にこだわる必要はない。と思う…。なので、「エッセンシャル思考」の漫画版を見つけ、思わず購入してしまった。

非常に分かりやすく、
  • エッセンシャル思考
  • 非エッセンシャル思考
について書かれてある。


私は三年弱程、在宅秘書の仕事をしていたが、仕事の依頼を断る事が出来なかった。自分で優秀と答えるのは厚かましいが、パートナーに認めて欲しく、必要な人間になりたかったのだ。いいように見れば頼みやすかったのだろう。仕事の量が膨大になって行った。

メールやチャットで依頼があれば5分以内に即レス。レスポンスの早さは自慢のひとつだった。パートナーから信頼を得たく、その分家族や自分の時間を犠牲にしてきたのだ。

結果、あっぷあっぷ状態になり、いい状態で仕事の納品が出来なくなってきたのだ。

一番ショックだったのは、「ママはいつもスマフォを見てるね…」だった。

全て依頼された仕事はNOと言わず、反射的に全部に「やります!」と根性で頑張り、イライラし疲れ切っていた。

これが、非エッセンシャル思考だ。

これは、私だけでなく、多くの人が経験している事だろう。

このままでは、ダメだと、「エッセンシャル思考」になるべく以下の事を実行していった。

エッセンシャル思考に大事な3つ
  1. 選択
  2. ノイズ
  3. トレードオフ
私は家族、子供の優先順位をあげ、秘書の仕事を辞め、家族子供を大切にできる仕事のスタイルに変更したのだ。

これが正しいというのではない。あなたにとって、

何を捨てるべきか?本当に大事な事は意外に少ない。そして、大事な事以外は断る勇気をもつと、毎日が充実してくるはずだ。

人生は本当に一回きり。
いつ死ぬかも分からない。
だからこそ、非エッセンシャル思考ではなく、エッセンシャル思考で生きて生きたい。

私の夢は、ママみたいな大人になりたいと子供達から思って貰える大人になる事だ。

本書は、かなりロジカルに書かれてあり自分の事に置き換えやすい。だからこそ、自分を見失い、何もかもが中途半端だと悩む方に読んで欲しい。

何かのきっかけになると私は嬉しい。







↑このページのトップへ