脚本や、
台本は、

設計図だから、

そこから、
出演者の表現があって、

さらに演出として、
音楽や映像や照明や美術や……

色々なもので構築される。

で、

色々と揃ってくると、
色々と見えてくる色がある。

その色は、
その作品の色のようなもの。

けれども、
そこからさらに、

演出家は、

――より良くなるはずだと。

無茶という色を塗ったりする。

いつも感謝しています。

2021-01-21-19-18-26-206.jpg