コロナ禍でも、
創作はしていて、

――させていただいていて、

有意義で価値ある得難い時間を過ごしています。

それでも、
小説、映画、音楽と、
許されるなら作りたいななんて。

舞台はいわずもがな。

2021年が、
はたしていかなる展開になるのか、

まるで不透明ですが、

まずは、
書く書くいって、
遅々として進んでいない、

小説のような創作こそ、
孤独でも書けるのだから。

日々におびえてばかりいないで、
小さく一歩、また一歩。

そんなことを思ったりしました。


7mFQRUxIlV.jpg