なにか書きものをするときは、

――書いていないときでも。

聴こえるか聴こえないかのレベルで、
音楽はかけています。

――スピーカーを近からず遠からずに置いて。

この頃はリズミカルではない曲が多いかな。

ニューエイジなソロピアノとか、
カームダウンなロックとか。

微かな音が遠くから聴こえる感じが、
なんか良いのです。

共感は得られないかな、
と思うのですが、

音楽を環境音として感じたい人は、
良いかも知れません。

でも執筆に集中しすぎてしまって、

その音楽(アルバムなど)が、
終わって無音になっていても、

まるで気づかずに、
書いていたりするんですけどね。


NORMAL-Depositphotos-185844950.jpg