原稿を書きつつ、
きょうでおわる『麟麟家』のことを考える。

EDA3U1UX4AA8Yo-.jpg

第2期の監督・構成・脚本をさせていただいた、
『直感×アルゴリズム♪』のいわばスピンオフ的な配信。

これで2期のいろいろがおわってしまうのかしら。
そんなことを思うと感慨深い。

……などともいっていられないですね。

午後3時からは定例の会議もある。
懐かしさにだけ浸っていたくもなるけれど、

数多の人々の何かしらの思いになるような、
あわよくばその人の懐かしさになるような、

そんな新しい過去をつくっていくことがぼくの職業です。

またネクストの、
すぐに過去になってしまう新しい物語で、
数多の人々とお逢いできるようなことを考えねば。

と、ここまで書いて、

いくつかの会議をこなして、
ギリギリに帰ってこられたので、

『麟麟家』を観ました。

なんていうの?
なんでしょう?

胸にきまくりましたよ。

彼女はきょう、
こんなツイートをくれたけれど、


ここまでこれほどまでに愛されたのは、
法元明菜さんに依るところが大きい。

ぼくこそ感謝しなければならない。

2期がはじまるときに、
あなたにした約束のようなあの言葉、
なんとか果たすことができたかな?

あなたがリンリンでほんとに良かった。
ありがとう。

あなたが笑って、
みんなが笑ってて、

ぼくはいつもしあわせでした。

またいっしょに、
なにか新しい過去をつくりましょう。

るいるいより。

DzIiGodU8AIgndl.jpg