251769337-e1456815110329_waifu2x_photo_noise2_scale_e

桜の森の満開の下です。あの下を通る時に似ていました。どこが、何が、どんな風に似ているのだか分りません。けれども、何か、似ていることは、たしかでした。彼にはいつもそれぐらいのことしか分らず、それから先は分らなくても気にならぬたちの男でした。

この春は花見できそうにないので、
せめて読書を。