「モラとリアム」の為、
パップコーンと“エチュード”など。

“エチュード”とは、
“即興でシーンを作ること”です。

状況や場面など設定して、
その場で演者が動作や台詞を創造していくという。

おかげでイメージが拡がりました。

台本を作りつつも、
“エチュード”で破壊していくのが良いのかも?
なんて思います。

↓いつぞやのLIVEで配布された仮フライヤー。

image