月別アーカイブ / 2020年11月

11月も30日。

朝の気温は、
3℃でした。

12月も、
どうかご無事で。

bI3JCGT9cB.jpg





そういえば、
文学のような舞台をつくりたい。

そう思っていたことを思い出した。

太宰治の短編のような、
尾崎一雄の短編のような、
梶井基次郎の短編のような、

いくつかのオムニバスが1つにつながるような。

そんな舞台をいつかつくりたいと、
随分とむかしに思っていた。

ふと思い出した。

こういう舞台を、
自らでプロデュースして、

時勢を反映して、
つくれるかだけでも考えたくなった。

それとはまた別で、
口立てで舞台をつくってみたいとも、
思っていたりする。

「口立て」とは、その芝居の作者自身が、稽古場において、その場で生み出した台詞を役者たちに口頭で伝え、彼らがそれを復唱して芝居を作っていく方法である。

はやく自由に舞台をつくれるように、
いまはそう思っています。

AdobeStock_41170357-1024x680.jpg

ステイホームのときに、
選曲して配信をしたりと、

ニューエイジを聴いているのは、
以前のblogにも書いたのですが、

80年代のウィンダムヒル・レーベルや、
喜多郎、姫神などのニューエイジも嫌いではないですが、

いまぼくも含めて良いなと思っているのは、
リビジット・二ューエイジなのだそうで。

そんなことを、


の著者でもある門脇綱生氏に、
日々、学んでいます。

アンビエントや環境音楽(Kankyo Ongaku)、ミニマリズム、バレリアック……

選曲がしたくなってきました。

中目黒のbar eastでの『音景画』が催せるかがまだ微妙なので、
そのときには12月に選曲配信をできたらなと思っています。

s98rXs1m66.jpg


↑このページのトップへ