月別アーカイブ / 2020年10月

なにか書きものをするときは、

――書いていないときでも。

聴こえるか聴こえないかのレベルで、
音楽はかけています。

――スピーカーを近からず遠からずに置いて。

この頃はリズミカルではない曲が多いかな。

ニューエイジなソロピアノとか、
カームダウンなロックとか。

微かな音が遠くから聴こえる感じが、
なんか良いのです。

共感は得られないかな、
と思うのですが、

音楽を環境音として感じたい人は、
良いかも知れません。

でも執筆に集中しすぎてしまって、

その音楽(アルバムなど)が、
終わって無音になっていても、

まるで気づかずに、
書いていたりするんですけどね。


NORMAL-Depositphotos-185844950.jpg

一滴でも、
二滴でも、

これまでとは異なるインクを、

――エッセンスを。

ほんのちょっとでも、
くわえるだけで、

生活は、
人生は、

色が変わる。

その一滴を、

――変化を。

怖がって、
諦めて、

蓋をしてしまわないように。
 
しんどくても、
きつくても、

カラフルに生きる。

色々あってこそ、
創れるものかな。

……なんてことを、
思ったり思わなかったり、

誡め?


XbbXT5EBx8.jpg

きのう、
朝から徹底的に掃除をした。

これでもかというほどに。

――そのせいなのか、

きょう、
朝から典型的な筋肉痛です。

これでもかというほどに。

気分は清々しいけれど、
身体は痛々しい。

大臀筋から大腿二頭筋が、
ことさら筋肉痛なので、

明日からの作家業に、

――ほら、座業だから。

支障を来すのではと、
おびえています。


BJBDKh0UiF.jpg

↑このページのトップへ