月別アーカイブ / 2019年12月

音楽でいう、
リミックスのような、

いや、
マッシュアップですね。

異なる小説をつづけて読んだあと、

頭のなかで作品Aのキャラクターが、
作品Bの物語にも登場したりします。

作品Bに作品Aのキャラクターが生きていて、
作品Bのキャラクターとの関係に意味がでてきたりして……

作品Cのようなものが、
脳内で構築されていくのを、

文学マッシュアップと名付けようと思います。

Shutterstock-548456626-405282.png

アルゼンチンの音楽を聴いている。

以前から、
音響派は好きでした。

南米アルゼンチン発の、
「アルゼンチン音響派」と呼ばれる音楽ジャンル。

前衛的・実験的・詩的――なエクスペリメンタルな音楽です。

南米の国の中でもヨーロッパ文化の影響を色濃く残すアルゼンチン。

ネオ・フォルクローレやクラシカルといった、
“美しく香る音楽”が素敵です。

Shutterstock-304794071-923296.png



来年のために――
というわけではないのだけれど、
ずっとずっとずっと小説を読んでいる。

ひさしぶりの読書ブーム。

物語構造のインプットをしつつ、
表現技術をチェック。

あなたのオススメも、
おしえてください!

JHiEd6zA9V.png






↑このページのトップへ