在宅勤務期間が長くなってきた、というよりもむしろ当面はこちらの働き方がメインとなりそうな今日この頃です。もはや慣れすぎて以前どうしてたのかな、は言い過ぎにしても、フルリモートでの生活に違和感がなくなるほどには順応してきました。

さて、そうなると生活の方も自然変わっているもので、何が変わったのかなぁと振り返ってみることにしました。

ゲームする時間が増えた

通勤や外出に費やしていた時間がごそっと減った分、ゲームにいっている気がします。スマホゲームはあまりやってなかったのですが、ミリマス、シャニマスはじめ最近では限界しりとりなんかをプレイしています。

コンシューマの方でも龍が如く7、あつ森と割とメジャーなところをかじっており、やればやるほど無限に時間が溶けるという状態です。

時間ができてもその分マネジメントしなければ無為だなぁとは感じており、虚しさ覚えるほどにはやり込んだので、次は積読の消化に向けようとしているところです。


リングフィットアドベンチャーをする時間が増えた

当該ソフト自体は発売当初頃に入手していたのですが、ジムにも契約していた頃から基本的には三日坊主状態で放置してしまっておりました。

しかしながら、緊急事態宣言でジム自体が休業、さらには解除後も運動には不適な環境(マスクをつけたまま行動)であることから、自宅内で気軽にできるリングフィットを半習慣化しています。

幸いなことに階下に住民がいないため、近所迷惑を気にせずにプレイできています(と思っています)。

自炊の量が増えた

そもそもやっているお店がほとんどなかった、というのもありますがステイホームの活動も相まって自炊量は圧倒的に増えました。元々が外食中心だったのもありますが、ここ数ヶ月で料理スキルは顕著に上がっている気がします。

もちろん、人並みにはUber Eats等のデリバリーサービスを利用していますがどうしても飽きたり物足りなさを感じることがあります。お財布にも優しくないですしね。そこで、麻婆豆腐、八宝菜等の食材を準備すれば楽に調理できる類のものも活用しながら、自炊生活を満喫しています。

ふるさと納税をする機会が増えた

たまには美味しいものを食べる、といっても旅行に出かけられないのが今の状況下である故か各種ECを活用して取り寄せるということをする機会が増えました。

魅力的な返礼品が並ぶ、ふるさと納税もその一環で寄付額ベースではすでに昨年度に匹敵する以上、費やしています。同僚とカジュアルに話した感じでもふるさと納税やってる、と聞きますし実は似たような人は多いのかもしれません。

遠出やカンファレンス、ミートアップのような刺激がなく辛いところではありますが、自分自身を振り返るには良い機会だと捉え、今の状況に適応していければと思います。