土曜日にぎんざRuby会議01でLTをしてきました。


きっかけとしてはCFPに軽い気持ちで応募したの通ったことです。普段発表するのはもう少し規模の小さい勉強会ということもあり60人規模の場での発表は良い経験になりました。また、すごい方(Repro社のCTO含め)がたくさんいる場所での発表は刺激になりました。緊張もしました。

LTの良かったこととしては比較的緊張に負けずに話せたことで、反省点としてはLightningな5分の時間配分の設計に少し失敗したことです。急ぎすぎて前半意味不明になってしまいました。練習不足ですね。

ともあれ関係者の方々ありがとうございました。

先月のプログラミング生放送勉強会でも登壇させていただけましたし、最近ちょっとずつ勉強会で発表できてきているのは余裕が出てきている証拠です。

プラスするとすれば、もう少し技術のところを深掘りした発表ができればと思います。よりよい発表ができるように、場数と実践を積んでいきます。