photo-1.jpg

参加の皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございました!シニアエンジニアって何?というのはありますが、職業ソフトウェアエンジニアとしておおよそ仕事の仕方は分かってきて、自分の強みや弱みといった特性も徐々に見えてきている層を想定しています。
そういった人たちが集まって
飲み会や懇親会で共有される経験豊富なエンジニア各々の経験や生存戦略
を共有し合ってみたいというのが試みの原点です。これは私特有の関心かなと思っていたらアイマスつながりなbanjunさんも興味を持っていただいたので一緒にやりましょうよ、となったのが始まりで。
構想自体は昨年末頃からあったのですが、私の中でいまいちピンとくる形が思いつかず気づけば3月となっていました。最初はLT大会のような形を想定していたのですが、それだと発信する人のリスクしかないなということに気づき。やっぱこれは全員参加型にしたいな全員参加型パネルディスカッションにしよう、と思ってみたところそれだと人数多くできなくないかと悩み。

一方、オープンな知見共有会であることはブレさせたくなかったので少人数声掛けベースで、積極的に宣伝はしない公開イベントという形でやってみよう、とそんなことを考えておったわけです。その過程でRubyコミュニティで仲良くさせてもらっていたナイスガイかっしーも巻き込んでOrganizer 3人体制での運営となりました。

結果的に自分の試みとしては思いつきから実施まで長期にわたるものになりましたが、開催までこぎつけられて良かったです。参加の面々もご家庭持ちのエンジニアから、その道の書籍執筆者やカンファレンス登壇者、CTO的ポジションの方からインターネッツでみたことのあるあの人まで多彩な形になったのではないかな、と思っています。

会の開催にあたり事前アンケートをとっていたのですが「エンジニアとしてどうありたいか」の質問に対して良い感じにばらついていたのも面白かったです。

MwOmoRJFz0.12.47.png

ちなみに1がジェネラリスト(マネジメント寄り)、10がスペシャリスト(技術寄り)です。5(どちらつかず)はいないんですね。私はどちらかというとチームで価値を出すようなこと(ジェネラリスト)が好きなので気づかなかったのですが、質問に対して「技術特化(スペシャリスト)といっても、一つの技術を深掘りするのかフルスタックのように幅広く手を付けるのか」というフィードバックが得られたりして、なるほどな、と気づきがあってよかったです。

MVIMG_20190328_201736.jpg

パネルディスカッションでは家族の話や住む場所の話、働き方の話は盛り上がりました。どんなテーマがあったのかは公開資料にあります。

22:00頃という少し遅めの時間から懇親会を実施した(かっしーさん、アレンジありがとうございました!)のですが、参加率ほぼ100%と大盛況。パネルディスカッションの延長線とばかりに情報交換できたかな、と。

photo-2.jpg

と、分からないことだらけの試みにしては、つつがなく終えることができた今回のイベント。
一応、私の中で次の試みは考えていて、今回の試みの目的である
シニアエンジニアが生存戦略を考える上で、障害や不安の元となる情報格差をなくし、日本の情報産業の発展に貢献する。
を達成するために次の手を仕込み中です。次回のEngineering Manager Meetupなどで発信できればと考えています。

ブログを書いていただきました :tada: ありがとうございます!


控えめにいって最高でした!

私が聞いていて良かった発表、気になった発表をいくつか。

『まだ40代後半のプログラマの話、あるいは50代プログラマについて考える』


『マネジメントに攻める』という言葉が格好良い。最後の方に出てきたaozora hackも面白そうです。
エンジニアとしての生き方もそうですが、人生をどう生きるか。考えさせられます。

『エンジニアリングマネジメントの孤独と向き合う』
タイトルからエモいのでどんな発表になるのだろうと思いましたが、そこは流石大場さん。帰りの電車の中で「孤独というのが分からない」というフィードバックをいたしましたら、VPoEとか一番上の立場になると分かるさとのこと、なるほど。

話は変わりますが私の方は私の方で3年前フリーランスになった頃、大場さんに『嫌われる勇気』を送ってもらった理由がようやくわかったり。いやー、面白い。

上記2つのスライドにつきましては純粋なエンジニアリングというよりは生き方に近い話でした。昨年からのEngineering Manager Meetupなどの流れをみても「エンジニア = 技術」の価値観で見えづらいスキルに光が当たってきているのを感じます。

DevOps, Immutable Infrastructure, Microservices and Chaos Engineering

よしおりさんの発表。カオスエンジニアリングはサーバやインスタンスを落とすことではない、という話が衝撃的でした。あと、カナリアというワードも気になります。


SmartHRでの最初の1年

りさきゃんさんの発表。ほんわかした雰囲気と、これから新しい人を受け入れることのあるだろう私には知見に満ちた発表でした。


ガチスタートアップ1人目のバックエンドエンジニアのリアルな戦略と奮闘
しなもんさんがやっている事業ドメインやスライドはかわいい感じなのに、内容は「とにかくやっていき!」感があって大好きな発表です。

他、聞けていないけど気になった発表。
  • 入門 名前 …… 関係者の認識にブレが少ない名前をつけるってどういうことだろう、ということに最近興味があるので。
  • みんながやりたがらない仕事で食っていく …… 私自身の経験として、「何をしている人なんですか?」の問いに即答できない、あるいはRails書いてますと言ってみるけど実際にはいろいろやっている(はず)の自分には響くタイトルでした。スライドはzenっぽいので動画が上がれば拝見しようと考えています。
今回、私の所属会社であるReproは寿司スポンサーという形でカンファレンスに貢献させていただきました。会社として個人としても、コミュニティに貢献していければと思います。

さて、Railsdmについては完結して、RailsKaigiをやるらしいとのことです。カンファレンス関連であれば私も運営側に入っていきたいな、というお気持ちです。主催の平野さんに相談してみよう。

この先生き残るためにはビジネスドメイン知識もより必要だろうということで、マーケティングの勉強をしています。とはいえ、ずっとソフトウェア開発を生業にしてきたものですから、どこから手を付けてよいのか分からない。

それでビジネスサイドの人に「新卒マーケターにこれ読んどいて、と渡す本」というオーダーを出した上でおすすめされた「ハマるしかけ」を読みました。

これがなかなかおもしろくて、良いマーケティングはフックモデルというものから成り立つそうなのです。フックモデルは「Trigger(きっかけ)→Action(行動)→Variable Reward(報酬)→Investment(投資)」のサイクルから成り立つサイクルで、このサイクルを回すことが使われ続けるサービスにつながるのだとか。

特に私が気に入っているのがフックモデルの前提にあるハビット・ゾーンという概念で、これすなわち「無意識に」やってしまう習慣のことなのだそう。何かしらのサービスを開発する人にとって、ユーザーが「無意識に」使ってしまう状態を作り出すことがマーケティングなのだとざっくりですが認識しました。

そこから考えて私自身を振り返ると、確かにFacebookやTwitterなどは何もなくても開いてしまう節はあるな、と。あとはGitHubや掲示板のまとめサイトもそうですね。それが自分が意図した習慣であればよいのですが、実際には惰性でやってしまうことも少なくないなという反省もありました。

今まではその行動についてあくまで自分の意思が足りないのだろうと思っていたのですが、新たな観点としてこれは意思とかそういうのではなく、運動すれば息が上がる、ボーッとしていてもお腹は空く、と同じ類の人間の特性に基づく当然のものなのだという知識が得られました。全く、ははー、という気持ちになります。

これをビジネスに応用するのが恐らくマーケティングというものの礎なのでしょうが、自分という人間の生存戦略を考えた時に応用することもできそうだな、と。すなわち、勉強や自己投資などこれまで気合や意思でなんとかしようとしてしまっていたことに関して、心理学的アプローチが取れそうだなということで、まずはどこから手を付けよう、とSpark Joyして(ときめいて)みるのです。 

↑このページのトップへ