こんにちは。
2017年も残すところあと1日となりました。

ここ10年ほどは年の瀬はコミックマーケットに参加するのが慣例となっています。それはそれとして2017年の暮れでもあるので、記録として残しておきたいと思います。

職場で行った振り返り

例年でいうと振り返りや目標設定については一人で行うことが多かったのですが、今回、お誘いいただいたこともあり、職場でも部署の違う4名でやりました。

  • Aさん(BizDev)
  • Bさん(Marketing)
  • Cさん(Sales)
  • 私(Dev)

このメソッドでは、4人一組で振り返りを行います。事前準備としてそれぞれが物語立てて一年の出来事を語れるようにしておきます(資料は作っても作らなくても良い)。そして会の中では一人一時間ほどを目安として一年の出来事や思っていたことの振り返り、他の参加者による内容の深掘りアドバイスを行います。

img_5808.jpg

これを4人それぞれで行うので単純計算で4時間かかる計算となります。詳しいやり方はこちらの記事を参照ください。

さて、Aさんの発案でやった今回の振り返りでしたが「何事も試してみて」、というのはありつつ4時間は長いなぁと正直、半信半疑でした。が、改めて時間を作ってみるとあっという間だった一年の内でも変化しているものがあることに気づきます。

特に12月に入ってからはこれまでになかった職責を任せていただいていることもあり、それまで以上に時間にシビアになっていたのですが仕組みとして時間を作るのは悪くないな、と思いました。

時間は貴重なので極力無駄にしないように過ごすのですが、実はただ忙しいだけだといつの間にか方向性を失ってしまうこともある。その気づきを得られたのが大きかったです。

4人という規模感や各人がほぼ直接の上下関係にないというのもミソで、コンテキストの共有が最小限に済むのと一方で深い話もしやすい良い距離感だと感じました。

2017年振り返り

ということで、年初の抱負の振り返りです。

心に余裕を持たせる

職場に長くいるようになった影響もありますが、これはできるようになったのではないでしょうか。
上の振り返りでも言及したのですが、2月のシェアハウス卒業が大きかったです。

当時の自分を思い出してみると仕事でも、やりきれるかどうか、の挑戦をしていた時期でした。
私はあらゆる人との他愛のない会話に自信があるわけでもないので、シェアハウスでもやはり無意識に気を張っている部分はあったのでしょう。となると、職場、シェアハウス双方で気を張らないといけない状態で、それがしんどかった。

環境が大事だとはよくいいますし分かっているつもりだったのですが、意外と自分では自分のことがみえていないんだなと痛感しました。

自分の軸を模索する

この抱負を設定した時に、実は「軸を決める」ではなく、「軸を模索する」としているところがポイントでした。技術を伸ばすと決めて入ったのが今の会社ですが、どうみても強い人が多い。

そこで年末にかけて彼らが得意としない、かつ自分ができることはなんだろう、と考えて一つの仮説として立てたのが、職種を超えた社内向けの会の実施や、チームとして成果を出すという観点。例えば、そのあたりで価値を出せるのではないか。

ただ、「マネジメントのような業務ばかりして、コード書けていないんですよ」には絶対したくないので、ここが来年の挑戦となりそうです。

それでは皆様、良いお年を!

この記事はアイドルマスターAdvent Calendar 2017の24日目です。お楽しみください!
プロデューサーの皆さん、こんにちは。ミリオンライブの馬場このみPとして活動しているtrebyと申します。まずは、萩原雪歩さん誕生日おめでとうございます!めでたい!!そして、メリークリスマス!!(明日かな?)

2017年ももうあとわずか、今年のプロデューサー的ニュースとして一番記憶に強かったのはやはりミリオンライブ更新終了の件ですね。実際、私もゲームの方から遠ざかっていたところはあったのですが、それでも初期からプレイしていたゲームに新しい要素が入らなくなるというのは感慨深いものがあります。

(運営していたbotちゃんの手動Tweet。こんなに反響もらったのは初めてのことでした。ありがとう!!)

ちなみに昔語りをすると、私にもヘビーにプレイしていた時期がありました。例えば2015年のはじめに行われたPSL 4thイベント(上位報酬が真とこのみさんの二本立て)ではイベント全体で3位に入賞しましたし、その年6月に行われたこのみさん上位報酬の復刻戦国でも7位ということで、いわゆる複数回エンドローラー入りをしていました。

特にPSLイベントはこのみさんリーダーのミックスナッツと真リーダーのBIRTHと合同だったので競争率もそれなりだったと思うのですが、まあもうそんなん関係なく朝起きてから夜寝るまでポチポチするくらいには頑張りましたwそれでも1位にはなれなかったのですから、1位取られた方は一体何者なんだという。

同僚さんにも初めからイベント頑張る宣言をしてイベントのポイント効率が良くなるようにカードをお借りしました。その節は大変お世話になりました。PSLの話を続けると、さらに嬉しかったことでは当時所属していたラウンジのメンバーから報酬のこのみさんを一枚贈呈いただきまして。

「理論上どんなに頑張っても4枚取りまでしかいけないのに自分だけ5枚取りだ」なんて、そんなことをやっていました。正直、泣きました。カードの貸し借りの件もありますが、こういうヌクモリティがあるからプロデューサーやめられねぇなと強く思ったことを覚えています。

今思えば、この頃がプロデューサーとして一番輝いていた時期なのではないでしょうか。ライブを機に行われていたラウンジオフ会はじめ、ミリオンライブを中心にいろんなイベントに顔を出していました。
このみさん誕生日オフ会とか、このみさん名古屋(3rdツアー)オフ会とか、そんなん楽しくないわけないに決まってますよね。もっとも、今だって誘われたらいける用意はあるのですがそんな都合よくお誘いがかかるわけもなく。(大抵のイベントは行われていることを私の方で把握していないパターンが多いです)

きっと時代は流れていくものです。かつて私が感じた高揚をどこかでどなたかが享受されているのであればそれは健全なことですし、情報を積極的にキャッチする余裕がなくなった(私の場合は副業都合でした)ときには、新しいプロデュースの形を模索していくべきなんでしょう。

その流れでやっているのが、最近の自分でいうと昨年のアイマスハッカソンから続くIM@Studyというコミュニティです。このコミュニティはアイマスのプロデューサーという軸でみた時に絵師さんや物書きさんなどに比較してアイマス×エンジニアというくくりのイベントってないよなぁ問題意識から、元々は自分がちゃんとモクモクする時間とりたいなという思いから周りにいた興味ありそうな面々(ただしリアルでの面識なし)に声をかけたところから始まっています。

やりたいのが自分の作業時間確保なはずなのに実際にやってみると割と会を成立させるところに意識を持っていかれるよな、というなんかイベントで旗振る時の罠っぽいところはありつつも会の内容としてはプロデューサー的にもエンジニア的にもすごい方々に囲まれることになり、「なんか自分が仕切ってごめんなさい」となることもしばしばです。いえ、ありがたいことなのですよ。

この先どうするか/どうなるかとかは「やっていき」としか言いようがないのですが、「アイドルを愛でる。アイマスに貢献する」というコミュニティの主旨に賛同くださっているプロデューサーさん方がいらっしゃる内は拙いながらも期待にお応えしていきたい次第です。



さて、自分の観測範囲だけかもしれませんが、アイマスに興味あるけどプロデューサーがガチそうで怖いから、同様のロジックでアイマスハッカソンに興味あるけどアイマスエンジニアがガチそうで怖いから、と既存の集まりに対して変に一線を引かれている人がいるように思います。

最終的に行動を起こすか起こさないかはその方次第ですし、なんなら話を合わせるために興味はないのだけどそう発言されているパターンもあるかもしれません。が、もし言葉通り「本当に興味があるのに、自分にはその資格がないのではないか」と思われているのであれば、これはおせっかい的な視点ですがもったいないことなのではないでしょうか。

そんなんでいうと最近アイマスコンテンツに投資しているのはミリオンのCD買うくらいの私なんてなんなんだ、という話で余程、公式のイベント情報をwatchしていたり、絵を描いていたり、ラジオを聞いていたりした方が資格があるといえます。

というわけで、アイマスプロデューサーの資格がないかもしれない私が書くことなので話半分で受け取っていただきたいのですが少なくとも自分自身としては、アイマスのプロデューサーとして絶対に必要なのは「アイドルいいなぁ」という気持ち、それ以外ないと思っています。

なんなら、「アイドルいいなぁ」という気持ちさえあれば、人付き合いやコミュニティすら不必要なものだと考えています。

ただその「いいなぁ」の延長線上で同僚さんと語り合いたい、語り合うことによってより楽しくなれる(かもしれない)、そこにきて初めてコミュニティというものが役に立ってくるのです。
「アイドルいいなぁ」、はじめはホントそれだけで、そこからは自分がどうしたいかの軸で、こっそり楽しむでもオフ会に参加してみるでも良いではないですか。

(どうしても目立ってしまう)ガチな人々と自分自身を比較してしまうのは仕方ないと思うのですが、少なくともアイマスというコンテンツを愛していく上では順番を履き違えてはいけないと思うのです。

「アイドルいいなぁ」で始まった想いがたくさんの発展の仕方をする。それがすなわちアイドルのプロデュースの多様性なのではないか。

そんな風に私自身は考えているのですが、世のプロデューサーの皆様はどんなもんなんでしょうか。

土曜日にぎんざRuby会議01でLTをしてきました。


きっかけとしてはCFPに軽い気持ちで応募したの通ったことです。普段発表するのはもう少し規模の小さい勉強会ということもあり60人規模の場での発表は良い経験になりました。また、すごい方(Repro社のCTO含め)がたくさんいる場所での発表は刺激になりました。緊張もしました。

LTの良かったこととしては比較的緊張に負けずに話せたことで、反省点としてはLightningな5分の時間配分の設計に少し失敗したことです。急ぎすぎて前半意味不明になってしまいました。練習不足ですね。

ともあれ関係者の方々ありがとうございました。

先月のプログラミング生放送勉強会でも登壇させていただけましたし、最近ちょっとずつ勉強会で発表できてきているのは余裕が出てきている証拠です。

プラスするとすれば、もう少し技術のところを深掘りした発表ができればと思います。よりよい発表ができるように、場数と実践を積んでいきます。

↑このページのトップへ