別につらいことを望んでいる人はいないはずなのですが、つらいことも起こりうるのが仕事です。

ただ、2〜30人程度のスタートアップでは居酒屋でよく聞くような

  • 「働いていないでサボっている先輩がいる」とか
  • 「上司に上手く取り入って出世している人がいる」とか
  • 「頑張っているのに評価されない」とか

これら直接的に特定の誰かや組織が原因となっている「つらみ」とは基本的に無縁です。

一方規模が大きくないスタートアップでは、人も時間もお金も限られています。
そのため、これらリソース要因でのつらいことが多く起こる傾向にあると思っています。

エンジニアの目線になると典型的にはおおよそ次のような感じでしょうか。

  • バグ修正などに時間を取られて新規開発が線表通りに進まない
  • ビジネスサイドにエンジニアの生態(といっていいものか分かりませんが)を理解してもらえない
  • 時間がないのでプログラム設計がきちんとできず、後に重大な仕様上のバグが発覚し手戻りが発生してしまった

それでも事業が伸びているうちは潜在的なつらみに気付かずにいられる、あるいは無視できるためまだ良いのかもしれません。が、いざシラフに戻った時、あるいは成長の踊り場に達してしまった場合、上記の問題が疲労のように一気にきます。

みんなベストを尽くしているのに、つらいことが起こる。そんな環境がスタートアップだといえるのかもしれません。いや、好きで起こしているわけじゃないんですよ、本当ですよ。

とはいえ、じゃあリソースがあれば良いのかというと

  • 人の増加はマネジメントの問題の根源となり、
  • 時間の増加はパーキンソンの法則を引き起こし、
  • お金の増加は、上手く使わねば組織の腐敗の源をもたらす

リスクをもはらんでいると考えます。そして、これらリスクをきちんとケアしなければ、究極的には冒頭の愚痴のような感じになっちゃうような気すらしています。

そう考えるといつであっても、どんな規模であっても組織には問題が発生するものなのだなぁ、としみじみ思います。問題発見の古典、『ライト、ついていますか』で「すべての解答は次の問題の出所」という教訓が出てきますがよく言ったものです。

それはそれとして、気づいてしまったつらみつらみです。問題として起きてしまった、検知してしまったものは、それがどんなに不都合なものであれ、なんとか真正面から立ち向かうしかないのでしょう。
 
じゃあどうやってつらみを解消するんだろうというところなのですが、こればかりは場合とチームによりけりとしか言いようがないです。

その方法が本当に正しかったのか、最善だったのか。それは決めた後、過ぎ去った後ですら分からない。
分からないけど、突き進むしかない。それがチームで合意の取れた解決策だから。

個人的には、つらみの多くの根幹にはコミュニケーションがあるのかなと思っています。意思決定の過程やお客様とのやり取り、マネジメントに至るまで人間同士のやり取りが生まれます。有名な「顧客が本当に必要だったもの」の話はコミュニケーションの難しさを表したものでした。

そんな時、DeNA創業者の南場さんがおっしゃる「コトに向かう力」が大事になってくるのかなぁとよく考えます。(参考)

対人関係上の悩みはたくさん出てくるのだけれど、他人でも自分でもなくて、コトに向かう。(ミクロな意味での)相手の都合や自分の都合ではなく、シンプルにやるべきこと、あるべき姿に注力する。
 
コトに向かうために、組織のビジョンやミッションといったものが必要であり、前提条件として個々人と組織の認識が揃っている必要がある。そんなところではないでしょうか。

つらみは出てくるものですが、チームで乗り越えることで団結が生まれ、次にくるだろうつらみを乗り越えるための強さが育まれるのかな、と思っています。

スタートアップには様々なリソースが足りていません。しかしながらも、その枠内でなんとかかんとかやりくりしていく、上手くやっていく。

そんなところにスタートアップのつらみがあり、また醍醐味があるのだと思います。

7月後半から末にかけて様々な締め切りが重なった関係で慌ただしかったということもあり、おそらく100%を超える力で仕事をしていました。

その甲斐あってなのか、そんな状況をなんとか乗り越えてここ数日はキャパシティにゆとりができてきたように思います。もちろんやることがないわけではありませんが、それでも先週に比べると大分マシになっています。

バタバタしていたのが急におさまると「このままで大丈夫なんだっけ」、と何だか不安になります。スタートアップ症候群とも言いましょうか、常に何かをバリバリやっていたいのです。

忙しさの渦中にいた時は「早く終わらないか」と願っていたはずなのに我ながらおかしなものです。

が、そんな不安はありつつも先週までの忙しさでやっぱ体が疲れているのでしょうね。直近では睡眠も十分に取れている認識にも関わらず、依然として疲労が焼き魚の匂いのようにまとわりついている感じを受けます。

ここで踏ん張っても最高のパフォーマンスは出ないでしょう。たとえ体に鞭打って働いてみたものところで、それが長続きするわけもなく良いところ体調を崩してしまうのは自明です。

皆様のうちにも同じような体験された方、いらっしゃるのではないでしょうか。

仮説なのですが、この不安はチームに対する「申し訳なさ」からきているのではないでしょうか。

殊、スタートアップにおいてやることはチームレベルでみるといつだって山積みです。やることなくなったら組織が終わりますから、その点では正常です。

そしてその山積みのタスクを常時、自分が休むその時ですらチームの誰かが向き合っているのです。だから休むのが悪いことに感じる。

疲れていると分かっているのならば、ちゃんと体を休ませて体調を万全にしてからやったほうが良い。セオリーからいえばそうなるはずなのに、それでも焦ってしまう。だってみんな頑張っているんだから。難儀なものです。

私個人としてはこの傾向は一歩間違えれば、チームを堕落させると考えます。

なぜならば、働き過ぎて体調を崩したとなれば基本的にはチームメンバーは何もいえません。また、生産性を意識の外にしてしまえばパフォーマンスが出てなかろうと長く仕事をしていた方が良いようにみえてしまいます。

当人の事情を完全に無視して見るならば周りを巻き込んだエゴイズムなのだろうと私の中では結論づけています。

だから私は休息を取る。周りからどう思われようと、自分がベストだと思うからそうする。そのほうが、長い目で見た時にパフォーマンスを出せると信じているから、今は休む。

今日読んだ記事に"スタートアップは「短距離走」ではなく、「何キロ走るかわからないマラソン」"だと書かれていました。ちょっと前には、「折れてしまう」原因はストレスではなく疲労だ、なんていう話も見かけました。そして、えふしんさんは「毎日忙しいなと思ったら黄信号。」とおっしゃっています(これはちょっとコンテキストが違いますかね)。

メリハリをつけて、やるときはやる、休むときは休む。これはダメコンの考え方にも通じるのかもしれませんね。

……あ、艦これの中では響が好きです。

13879364_1273200436053655_9049309452714136445_n


不死鳥の秘密は、修理のタイミングにもあるんだよ

画像の響はボロボロですが。

数日もしないうちにまた忙しさに飲まれていくでしょうし、私からも飛び込んでいくのでしょう。

が、自分の無理のないペースで次の時に備えて体力を回復しておきたいものです。生き残り突っ走るのも大事ですが、休息も同様に尊いものです。自分が疲れていると感じている以上、やはり休むべきです。

他人に誠実であるのと同様に、自分自身にも誠実であるべきだと信じます。

と私の考えを述べてみましたが、究極休息の取り方も人それぞれのスタイルなのかなぁと考えています。

皆様は休息について、どうされていますか?
 

杏奈ちゃんは可愛いなぁ。 

フリーランスデビューに伴い、個人名刺を作りました。



デザインをお願いしているtipsBearのMarinさんとは、前職でご一緒だったところからご縁をいただきました。

すごく気に入っていて、運用を開始してからはまだ一月ほどですがすでに一箱(100枚)なくなる勢いです。

ひと月ほど使ってみて、気づいたところを簡単に書いてみます。

所属による話の盛り上げが難しい

何らかの会社や組織の名刺であればそこから広がる話もあるのですが、個人となるとその人を前もって知っているか否かのところになってしまいます。

そして大多数の方は、私のことを知らないわけで、そのギャップから話題を振っていただきづらい側面はあるのかもしれません。
 
もっともこれはどちらかというと、個人でやる宿命とも言えるかもしれません。

どんな方とも楽しくお話するための訓練となっている、ということで前向きに捉えています。

名刺同様、私自身もイケているように見せられる

センスのある名刺を使うことによって、それ自体がお話のネタになることもあります。

その際、使っている側もイケているんじゃないかと思っていただける、といいなぁとか。

つまるところブランディングですね。

私自身、名刺相応の動きをしなければ、と気も引き締まります。

かわいい

結局はこれにつきます。

特にキャラに関しては何回もリテイクお願いする等、強い要望を入れさせていただいています。

お気付きの通り、名刺のデザインイメージは本ブログでも採用しています。

どうぞ、よろしくお願いします。 

↑このページのトップへ