『シン・ゴジラ』を観てきました。

13882166_1276552119051820_6442155556863867435_n
娯楽というよりもメッセージ性の強い作品で、これをおかずとした思索がはかどります。私の感じたことを書きなぐった後は、いろいろな人の感想を探してみたいと思います。

ネタバレとなりますので、続きを読まれる際はご留意ください。また、もしかしたら記憶違いでディテールの違うことを書いているかもしれないです。ご容赦ください。

ストーリー

序盤は政府のゴジラに対する初動の悪さが印象的です。無能の象徴として描かれている首相や官僚はメッセージ性としてそちらに倒されているのでしょうが、現実社会の安倍首相であればもっと決断してもらえるかなぁとか妄想しながら鑑賞していました。

マニュアルがないから動けない(暗にマニュアルがあれば強い)という描かれ方は、現実社会における震災や災害へのオマージュだと受け取りました。この体質は最後に矢口だったか、巨大不明生物が現れた時のマニュアルを整備しようといっているところにも現れています。

最初のゴジラ、目がギョロッとして気持ち悪いですね。怪獣というより深海生物で生々しい気味の悪さが、私の中でゴジラと身近な恐怖とを関連付けられて良いです。
 
よくよく観察すると初回登場時のゴジラは非常に脆そうです。この時点で攻撃していたら、というifを考えるとまたなかなか味わい深いものになります。

実際には第四形態にいたるまで一度も攻撃していないわけですが。問題を先延ばしにした結果、問題が強くなってるのマジRock。

ただ、現実には問題を正しく把握するのが一番むずかしいというのはあり、そこもまた妙なリアルさがあります。

結果からみると、序盤では問題を正しく認識出来ていなさそうなところにも可笑しさを感じます。

実際には「ゴジラをやるか、ゴジラにやられるか」の軸であるのに、実際争点になっているのは、「攻撃して良いのか庶民が巻き込まれるのから攻撃すべきではないのか」になっている。

最初期は捕獲だとか追い出しだとかいう話もありましたね。想定と実際との間で、問題の次元が噛み合ってない感じもマジRockです。

まあでも、突然わけの分からん、想像の範囲から飛び出た生物が現れたらどうにもならんですよね。

あとは平和な時代が長いから、それが生命を脅かすとか想像しづらいですよね。作中では確か「根拠のない楽観」という表現も出てきました。平和ボケといったところでしょうか。

話が進むに連れて「ゴジラやべーんじゃね?」というのが分かっていきますが、国として『ゴジラを駆除する』という覚悟はなんやかんやで、都心を破壊される(ゴジラがビーム出すまで)まで完全にはできていなかった感じがあります。

このあたり、ある一面からみた時の日本らしさが発揮されたことによって、状況がどんどん悪くなっていっちゃっていく様を上手く表しているのかな、と。

途中、石原さとみさんが演じる米国特使の発する


私の国は大統領が決める、あなたの国は誰が決めるの?


という言葉にドキッとします。

状況がもにょもにょしていたところに、異端者・矢口が巨災対を編成し、ようやく役者が揃った感じがあります。自分の進退よりも状況を適切に理解し、手を打とうとする。どうも変人しかいないですが、素敵なチームです。

とかとかありつつ、結局、街が壊滅し、大惨事にいたっちゃうわけです。

ここまでは日本のいわゆる悪いところがフォーカスされて何かとつらいことばかりでしたが、後半は日本の良いところに焦点が当たります。

核兵器でドカーンじゃなくて根回しして何とかコトを進めようとしていく様は、普段の仕事術にも通じるところがあるかもしれません。

無人運転の新幹線・在来線(爆弾)、建物に地道に爆弾しかけておくところ、血液凝固剤を地道に投入していくところなどは超日本的だと思っていて、そしてやっぱこういうところに強みがあるんだよなぁと感じ入ります。

「首相がフランスを止めている」って、じっと頭を下げて謝罪しているのとか最高ですね。何も大したことしているわけではない。格好も悪い。でも引かず、譲らずやり続けて、結果として核を使わさせずに済んだのですから、それは意味のある謝罪です。

謝罪の件もそうですが、後半総理代理になる里見さんはやる気なさげに見せながらもちゃっかり押さえるべきところを押さえています。

最後は責任をとって辞任という形で後進に席を譲ったり何だかんだ強いです。初回ゴジラ登場時は外遊しているとかもウィットが効いています。

後半出てくる「スクラップアンドビルドでやってきたんだ、今度だって立ち直れる」という言葉が刺さります。

ここで物語は幕引きですが、きっと良くなっているという確信をもてるところで、救いがあるのだと思います。

最後、ゴジラを完全に処理していないのに、「終わり、打ち上げだ!」みたいな見せ方も何だか愛嬌がありますね。あらあらまあまあ

演出

淡々とした展開やテロップの見せ方は元ネタの特撮作品へのリスペクトだと受け取りました。
BGM良かったですね。耳に馴染みのあるゴジラのテーマソングも、違った聴こえ方をしました。知っているテーマより、怖さ増しましです。

ゴジラは基本的に恐怖の対象だったのですが、活動を停止するところは画面も合わせてある種の神々しさがありました。

作品中ではどっかどっかと人が亡くなったり大変なコトになっているはずですが、個々の人の死や傷ついている様子を個々では取り上げず、全体の動きにフォーカスした見せ方でした。

比較して良いものかわからないですが、『シン・ゴジラ』をパニックものとしてみた時に北米ドラマである『24 -Twenty Four-』シリーズとはまた違う『シン・ゴジラ』の見せ方なのかな、と思いました。

総評

奇しくも今日は広島に原爆が落とされて71年目の日に当たります。まもなく日本は戦争を経験した方のいない時代に突入しようとしています。それは見方によってはゴジラと同じ、未知であるものに立ち向かうことになると思います。
 
歴史はなくなりませんが、人の記憶は記憶。もし、今の世の中において記憶がタガになって平和が維持されているのだとすれば記憶が完全に歴史になった時、どんな展開を見せるのでしょうか。

賢者がごとく核を落とされた歴史から学んで、平和を維持し続けられるか。それとも、経験から学んでしまうのでしょうか。歴史は繰り返されてしまうのでしょうか。

あくまで単純化されていますが、『シン・ゴジラ』では日本のことが様々な視点から描かれていると思っています。
 
それは結果としてみれば、悪かったことも良かったこともある。一方的にこき下ろしているわけではないことから、この作品が単純な日本の体制批判ではないことが分かります。むしろエールを送っている。
 
日本が持つ特性を示した上で、日本のことを決めるのは他国ではなく、他人じゃなくて自分だと。

一言で表すのであれば、


好きにしろ。

そういうことなんだと思います。

基本的に今日はオフです。おかげさまで今週も生き抜くことが出来ました。

途中挫けそうになったけれど、私は元気です。
 

……もっとも、「挫けそうになった」とか言えている時点で全然まだまだ余裕があるんですけれどねw

そんな事実ですら、普段仕事をする中でするどい方には見ぬかれているので、本当に仕事というものは油断ならないです。「それは甘えだよね、サボっているだけだよね」なんて言われてしまった日には、何も返す言葉がありません。がんばらんば。

でも良いんです、わざわざ自分から「忙しさ」や「つらさ」を求めなくても。どの道「その時」がくれば、話したりブログを書いたりすることが難しくなるから、休めるときは休んでおけば良いんです。きっと。

不器用な性格をしているのか私はコンテキストのスイッチ、つまりが頭の切り替えが致命的に下手くそなのかなぁと思うことがたまにあります。

仕事の取り掛かりから集中状態に入るまでの準備時間も長いっぽいので、まずSNSやネットニュースといった誘惑からコンソールのコードに目を向けるのに一苦労しますし、反対に仕事終わりなど明らかに休んだ方が良いタイミングでは、あとは寝るだけなのに何かやんなきゃならない気がしてグダグダとネットサーフィンしちゃうことがあります。

それで結果的に貴重な時間を費やしているのに、何も生産的じゃなく無駄に過ごしちゃってる。最近では使えるあの手この手を講じてそんな無駄を意識的に減らすようにしていますが、それでもゼロではありません。

上記二本は日々の生活術といった個々の部分にスポットを当てたものでしたが、もう少し高い目線から見てみると、こちらの記事で紹介したキャリア観につながっていきます。

記事の中で「20代を大事にする」なんてこと書いちゃってますけれど、実は私にはまた別に一つ、判断の軸がある気がしています。それがおそらく、一次関数のxを時間、aを成長係数とみなした時の「より成長係数の高い環境に身をおく」ということ。
 
今は自分ができうる限りの最大に近い成長係数かけていると認識しています。最近では角度がつきすぎて「もはや壁を登っているんじゃないのか」感もありますけれどwまあ、ROI高めていきましょう。
 

全く、スタートアップで働くことにしても、フリーランスとして糊口をしのぐことにしても、人生の総合格闘技感があります。

ええ、好きでやっているんですけれどね。すっげー人生楽しんでます。それは楽ではないかもしれませんが、まあなんとかなるなる

てな感じで、世間の夏休みや家族サービスを脇にみながらカフェの片隅でブログを書く。そうやって過ごすなんでもないオフのお昼下がり。

まどろみながら、うだうだしながら。 

「一分一秒も無駄にできない」普段の生き様の対照としてみてみれば、そんななんでもない日ですらも尊いものだと思います。

社会人生活もこなれてくると、キャリアというものに関心が出てくるようになります。

ただ申し訳ないのが、私にスタートアップにおいてはキャリアについて問われても、「そんなんわからへん」というのが回答になるでしょう。

いや、逃げてないですよ。……やっぱり逃げていますか。わからんw

ですが事実として、少なくとも私は10年先だとか老後のことだとかは考えて動いてはいないです。無計画であるとか、世の中のことを分かっていないとか批判されるかもしれませんが、事実であるからごまかしようがありません。

では反対に、きちんとしたキャリアプランとは何なんでしょうか。何年後にこうなっていて、次はこうで、定年を迎える時にはこうだ、という具合に予測がつくことをいうのでしょうか。

スペースマーケットの創業者、重松さんは「自分の将来が何となく見えてしまうのが、寂しく感じてしまった」から、NTT東日本からフォトクリエイトに転職したと語られています。

「自分の将来が見えること」をよしとして、ずっと同一の企業に「安定」して居続けることがきちんとしたキャリアプランなのでしょうか。今はつらいかもしれないが、数年後に昇進できる、こういう役職につける、だから今は我慢しよう。その我慢は果たしてどこに続いているのでしょうか。


大企業に入れば、定年までの職が保証されている。私たちより上、ちょうど親の世代であればそれは常識だったのかもしれません。そしてそれを「安定」と呼ぶのであれば、徐々にではありますが「安定」が崩れてきているのでしょう。

であれば今の世の中では少なくとも「安定」という軸でみるならば、特に今後数十年のスパンで考えると、名前の知れた大企業に勤めるか、スタートアップに勤めるかはキャリアに大差ない気がします。

そもそも「安定」というものは豊かさの副産物ではないでしょうか。となれば(あまり見たくはない現実ですが)日本が豊かでなくなってきている昨今、「安定」を求めるのはかなわなくなってきているのかもしれません。

最初に10年後や老後のことを考えていないと書きました。が、もっと短い期間では実は一定の行動指針を定めています。具体的には、「20代を大事にする」という意識の上でキャリアの決断を下しています。
 
仕事に年齢は関係ないですが、とはいえ20代と30代では大きく変わるものも少なくない気がしているからです。そう考えると、いささかオンデマンドですが一応キャリアプランがあるのかもしれませんね。

私は早生まれであるため、同学年の方の内では猶予がある方ではあります。それでも28歳、今度の誕生日で29歳なので、20代として過ごせる時間はあと2年を切っています。

私は20代の内に出せる力は全て出し切りたいと思っています。そして何があっても、どんな目に遭ってもそれを受け入れる。

休むことも折り込みずつも日々全力を、ベストを出しきれているのか。自分に問いかけると危機感しかないです。あえて自分から安定に距離を置き、ギリギリを攻めていく。理屈ではなくそれが自分にとってただ楽しいから。

そういえば、大企業を辞めてスタートアップ来る人はドMの人ばかりだと、おっしゃっている方もいらっしゃいましたでしょうか。

スタートアップでのキャリアは予測するものではなく、日々を精一杯生き抜き、気がついたら積み上がっている。

おおよそ、そんなところではないでしょうか。 

↑このページのトップへ