7月後半から末にかけて様々な締め切りが重なった関係で慌ただしかったということもあり、おそらく100%を超える力で仕事をしていました。

その甲斐あってなのか、そんな状況をなんとか乗り越えてここ数日はキャパシティにゆとりができてきたように思います。もちろんやることがないわけではありませんが、それでも先週に比べると大分マシになっています。

バタバタしていたのが急におさまると「このままで大丈夫なんだっけ」、と何だか不安になります。スタートアップ症候群とも言いましょうか、常に何かをバリバリやっていたいのです。

忙しさの渦中にいた時は「早く終わらないか」と願っていたはずなのに我ながらおかしなものです。

が、そんな不安はありつつも先週までの忙しさでやっぱ体が疲れているのでしょうね。直近では睡眠も十分に取れている認識にも関わらず、依然として疲労が焼き魚の匂いのようにまとわりついている感じを受けます。

ここで踏ん張っても最高のパフォーマンスは出ないでしょう。たとえ体に鞭打って働いてみたものところで、それが長続きするわけもなく良いところ体調を崩してしまうのは自明です。

皆様のうちにも同じような体験された方、いらっしゃるのではないでしょうか。

仮説なのですが、この不安はチームに対する「申し訳なさ」からきているのではないでしょうか。

殊、スタートアップにおいてやることはチームレベルでみるといつだって山積みです。やることなくなったら組織が終わりますから、その点では正常です。

そしてその山積みのタスクを常時、自分が休むその時ですらチームの誰かが向き合っているのです。だから休むのが悪いことに感じる。

疲れていると分かっているのならば、ちゃんと体を休ませて体調を万全にしてからやったほうが良い。セオリーからいえばそうなるはずなのに、それでも焦ってしまう。だってみんな頑張っているんだから。難儀なものです。

私個人としてはこの傾向は一歩間違えれば、チームを堕落させると考えます。

なぜならば、働き過ぎて体調を崩したとなれば基本的にはチームメンバーは何もいえません。また、生産性を意識の外にしてしまえばパフォーマンスが出てなかろうと長く仕事をしていた方が良いようにみえてしまいます。

当人の事情を完全に無視して見るならば周りを巻き込んだエゴイズムなのだろうと私の中では結論づけています。

だから私は休息を取る。周りからどう思われようと、自分がベストだと思うからそうする。そのほうが、長い目で見た時にパフォーマンスを出せると信じているから、今は休む。

今日読んだ記事に"スタートアップは「短距離走」ではなく、「何キロ走るかわからないマラソン」"だと書かれていました。ちょっと前には、「折れてしまう」原因はストレスではなく疲労だ、なんていう話も見かけました。そして、えふしんさんは「毎日忙しいなと思ったら黄信号。」とおっしゃっています(これはちょっとコンテキストが違いますかね)。

メリハリをつけて、やるときはやる、休むときは休む。これはダメコンの考え方にも通じるのかもしれませんね。

……あ、艦これの中では響が好きです。

13879364_1273200436053655_9049309452714136445_n


不死鳥の秘密は、修理のタイミングにもあるんだよ

画像の響はボロボロですが。

数日もしないうちにまた忙しさに飲まれていくでしょうし、私からも飛び込んでいくのでしょう。

が、自分の無理のないペースで次の時に備えて体力を回復しておきたいものです。生き残り突っ走るのも大事ですが、休息も同様に尊いものです。自分が疲れていると感じている以上、やはり休むべきです。

他人に誠実であるのと同様に、自分自身にも誠実であるべきだと信じます。

と私の考えを述べてみましたが、究極休息の取り方も人それぞれのスタイルなのかなぁと考えています。

皆様は休息について、どうされていますか?
 

杏奈ちゃんは可愛いなぁ。 

フリーランスデビューに伴い、個人名刺を作りました。



デザインをお願いしているtipsBearのMarinさんとは、前職でご一緒だったところからご縁をいただきました。

すごく気に入っていて、運用を開始してからはまだ一月ほどですがすでに一箱(100枚)なくなる勢いです。

ひと月ほど使ってみて、気づいたところを簡単に書いてみます。

所属による話の盛り上げが難しい

何らかの会社や組織の名刺であればそこから広がる話もあるのですが、個人となるとその人を前もって知っているか否かのところになってしまいます。

そして大多数の方は、私のことを知らないわけで、そのギャップから話題を振っていただきづらい側面はあるのかもしれません。
 
もっともこれはどちらかというと、個人でやる宿命とも言えるかもしれません。

どんな方とも楽しくお話するための訓練となっている、ということで前向きに捉えています。

名刺同様、私自身もイケているように見せられる

センスのある名刺を使うことによって、それ自体がお話のネタになることもあります。

その際、使っている側もイケているんじゃないかと思っていただける、といいなぁとか。

つまるところブランディングですね。

私自身、名刺相応の動きをしなければ、と気も引き締まります。

かわいい

結局はこれにつきます。

特にキャラに関しては何回もリテイクお願いする等、強い要望を入れさせていただいています。

お気付きの通り、名刺のデザインイメージは本ブログでも採用しています。

どうぞ、よろしくお願いします。 

スタートアップ企業、と聞いて何を想像されますか?ベンチャー企業という表現でも良いかもしれません。

不安定、薄給、激務、実力主義。会社が無名であればあるほど次のキャリア選択の幅も狭くなり、転職を行うにしても会社のレベルや給料を下げるしかなくなってしまう。

上記は私がこの世界に入る前、学生時代(2012年頃)に感じていた事柄です。で、多分当たっているところも少なからずあるんだと思います。

ただ、私がそんな風に考えていた横で「挑戦」という選択をとった同期の方々が、今現在いきいきと活躍されているのも事実です。

真っ先に飛び出したから活躍されているのか、あるいは優秀だから真っ先に飛び出したのか。もしかしたら両方なのかもしれません。
 
一方で日々をつらそうに過ごされている方々もいらっしゃいます。

安定、高給、ワークライフバランスの充実、極端な実力主義でない、そんな「理想的な」会社に勤めているとしても、です。

私の場合はグリーでいわゆる大企業病にかかりました。ここでの大企業病とは、他責と自己擁護に終始してしまう状態のこととします。

「もっと技術寄りのことをしたいのに事業部門に配属されている、だから本気が出せないんだ。」恥ずかしながら、そんなことを言ってしまうエンジニアでした。

私の経験則ですが、だいたいその会社において好きなことができない、という不満の原因は自分にあります。

いや、原因を会社に求めても良いのです。が、正直会社のことは自分が作った、とかでない限りは会社を変えられる気がしません。

そして自分の力で直接的に会社を変えられない限りは、自分で動いて、自分を変えるかもしくは自分を取り巻く環境を変えていくしかないのです。

私の場合の転機はグリーという会社の企画で役員の方に一週間、帯同したことでした。これにより私の目線が上がり、外の世界を見てみたくなったのです。

会社としては経験を元に業務をこなして欲しいというところだったのでしょうが、私の場合は空気を読まずに会社の外に飛び出してしまいました。すみませんでした。

おそらく時代は変わり続けています。

近い未来に例えば人工知能の発達などの要因でエンジニアが今ほどいらなくなるリスクもありますが、今はスタートアップ業界でエンジニアの超売り手市場です。

もし、少しでもスタートアップで働くことに興味ありましたら、私の知る実際のところを共有させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

どんな挑戦も失敗も、そして成功も、まずは行動を起こすところからです。

皆様の殴りこみを、ニヤニヤしながらお待ちしております。

↑このページのトップへ