発信することをサボってしばらくになります。

昨年秋くらいからの長いスパンでみると、純粋に環境に適応するコストを払う必要に迫られたのが一つ、悠長なことをいっていられなくなったのが一つ、一度継続を止めると、なかなか書く習慣というものも戻ってこないもんです。

ブログ自体、フリーランスを始めた際に人となりを知ってもらうことでお仕事の口になればと始めたものですが、再び就職した今となっては何を発信するのだろうというのもあり。そうやって気づけば、これまでいくつか試したSNSや個人サイトと同じように開店休業状態へとなっておるわけです。

書かなくなる要因の一つには、もしかしたら書く割に合わないと判断しているところもあります。やっぱ公に書く以上は何かの反応を期待しているところがゼロではないんですね。とはいえ、個人ブログというコンテンツの性質もあってか、少なくとも見た目上は何も反応がないようにみえるのです。

それで私はそんな器用な人間ではない自覚があるので、文章に思いを赤裸々に乗せるわけですが、すると実生活において思いもしないタイミングで登場することがあり。

そりゃまあ公に発信しているんだからそうなるだろうというのもあるのだけど、書いた記事に反応がないからといって、それが広がっていないわけではない、というのは今日日のネット発信の特徴だよなぁというのはほんに感じます。

とはいえ、基本的な実感として得られるのはネット上でのリアクションが大きく、そこだけを切り抜くと記事作成にかけた時間に対してリアクションは多くなく、さらにはその割に広い範囲に思考の過程が筒抜けというのも(書いている本人がいうのもアレですが)気持ち悪く感じられるタイミングもあり、書くのは割に合わんとなっていくわけですね。

その辺、気負わずやっちゃいなよYOUと思うところもありつつ、気負わずやれている人はこんなこと書かないってのもまた事実で。難儀なもんです。

元々、発信することは嫌な性格でないですし、発信することで頭の整理がなされることも少なくありません。最近では少しずつ発信していこうとは考えており、例えば
  • ネットに発信せず、紙に書き起こす(これは発信というよりは頭の整理術としてですね)
  • 完全プライベートなところで書いてみる(同上。英語ではdittoというらしい)
  • 全く関係ないSNSアカウントの公開ポストとして発信する(いわゆる裏アカウント。SNSでのつながりのしがらみ関係なく書ける)
  • マイナーなSNSを使う(それなりに閉じていた方がのびのび発言できることがある。そのへんmastodonとかいいなって思う)
などなど。
上に書いた継続のための自己報酬(やモチベーション)も含めたフレームワークとして良いやり方はないか、結構試しています。

私は基本的に特にツールや道具といったものにこだわりはなく、あるものに順応して使いこなしていくというスタイルを貫いていました。

それはコードを書くためのエディタもそうですし、スマートフォンやPCといったガジェット類もそう。それはユーティリティを入れることもありますが、基本的にはデフォルトに近い形で使っていたんですね。

そんな私ですが、この度Ergodox EZというキーボードを買ってみました。

IMG_20170510_121333.jpg

元のきっかけとしては、ある時ふと気づいた違和感があります。形状として仕方ない部分もあるのですが、キーボードの幅は自分の肩幅より狭いです。そのためキーボードを打つためにはキーボードを打つための姿勢を作らなければいけません。自然体ではないのです。

多少の時間であればまだしも、ここ数年は長時間PCに向き合う日々が続いています。都度都度は小さなことですが、それを重ねていくとすごい利子を払っているのだろう、と考えるといてもたってもいられなくなり。

ガジェットやツール類を自然な形で使えるようにするのをゴールとした、エルゴノミクスという考え方があるそうです。Ergodoxもそのエルゴノミクスの思想を持った製品で人間の体に負担のかからない利用ができるようになっています。

実はErgodox自体は、利用者自身でパーツを用意して組み立てる必要があります。オープンハードウェアといって、仕様が公開されているのでパーツを作りたい人が自由に作ることができるのです。このあたりにこだわるところはとことんまでこだわる、ハッカーらしい思想を感じますね。

ただそれだと新規利用者が使う敷居が高いということで、完成済みのものも売られています。それがErgodox EZです。今回はこちらを入手しました。

本当に最近届いたばかりでまだキー配列がどうなっているのかというところをインプットしているところですが、これからツールの方を自分になじませていければなと思っています。

冒頭にも書いたようにツールにこだわりのないデフォルト厨の私でしたが、出来るエンジニアになるためにスタイルを変えてみようと試してみています。出来るとは何かというと「正確に」「速く」仕事をこなすことだと思います。

元々スピード感という言葉とは遠いところにいる私ですが、この「速く」を追求するために実際に動いてみようと考えているのです。

まあ、根本に「オレかっけーをしたいから」というのがあるのは否定しませんが。

東京ではここ数日の間、穏やかな天気が続いています。

私の中ではしばらく辛い時期が続いていたのですが、おかげさまで少し何かが始まりそうな、始められそうな兆しが見えるようになってきました。

自分らしさの出し方は人それぞれあるかと思いますが、多分自分が一番パフォーマンスを出せるのはこの状態の延長線上にあると思います。あくまで兆しなので無理は禁物ですが、そういえる程度には自分で飛び込んだ環境に順応できてきたようです。 

改めて2016年を振り返ってみて、年頭に魑魅魍魎がうごめくこの社会で生き抜くといいながら、結構普通にヤラれていた一年でした。

個人事業を立ち上げてみたり、シェアハウスに引っ越してみたり新しいコミュニティを立ち上げてみたりと行動そのものの量でいうと、上出来な部類に入っているかと思います。

が、悲しいのは、私はそこまでハイスペックには出来ていなかったようで、起こした行動による副作用によって見事に潰れてしまいました。副作用とは
  • 個人事業の立ち上げ → 働く環境の変化、チームの一員としての役割の喪失
  • シェアハウスの引っ越し → 住む環境の変化、プライベートの喪失(相部屋)
を指します。

まあ、それでちょっと「負荷かけ過ぎじゃない?」と立てたのが今年の目標で、早速一人の時間を作るべく引っ越しを行ったり、またチームの成功に貢献するために就職したりしました。

2016年と2017年では、せわしなくやる/のんびりやると、一見して相反することをしていますが、たぶんバランスの話です。エッジをきかせるというのはそれはそれで大変です。

言い換えれば準備運動なしに冷水に急に飛び込んだらヤバい理論ってやつかもしれないです。うだうだ言いながらいつまでも行動起こさないのもダサいですが。

ともあれ、偉そうなことが言えるのもそれだけの精神的余裕があるからこそなのだなぁと、しみじみ痛感する今日このごろで。いつまでも続くということはないでしょうが、これをチャンスとして何か成し遂げようと心に誓ってみたのでした。

↑このページのトップへ