4月から始めたPodcast、きのこるエフエム

元々は以前紹介したスライドにもあるように、自分自身の悩みから、世の一般的な悩みに転化して話すことはできないか、というある種の思いつきというところから始まった番組ですが、気づけば執筆時点でEpisode 6まで出すことができています。

番組のホスティングに使っているanchor.fmでは推計リスナー数が見られるのですが、最近ようやく100を超える規模となってきました。めでたい。ちなみに総再生数は1000と少し程度で、5000回再生にはまだまだ遠そうです。

100リスナー達成

実際に続けてみてて思うのは、それなりにやるコストがかかるということと当初の思いを維持したまま、あるいはエンハンスしながら回を重ねるのは一筋縄ではいかないということ。もっとも、こちらのブログだって2月程度放置してしまいましたし、どんなことでもそうですね。

一方、一緒にパーソナリティを務めてもらっている@banjunさんはもちろん(ShowNote作成もしていただいています)、構成を考えてくれたりSNSへの投稿を代行してくれる@momenさん、番組自体の編集技術をぐっと上げてくれた@fusagikoさんや番組への出演を快諾してくれているゲストの皆さま、そして何よりリスナーの皆さまのおかげで少しずつですが、認知度を上げられていると思っています。いつもありがとうございますmm

まだまだ仕込めるネタはあるので、どんどん試しながら「シニアなエンジニアの生存戦略に貢献」していきます。

2016年当時にフリーランス営業用途で簡易的に作成してから久しく更新していなかったポートフォリオサイトを更新しました。

目的はここ1, 2年の情報の更新と、そして何よりVue.jsを触る機会としての土台作りのためです。見た目こそ変わっていないですが、裏側にNuxt.jsを利用しています。コンテンツが素朴すぎてフレームワークとしてのメリットを享受できている感じがないですがw

サイトはGitHub pagesとしてホスティングしています。Nuxtのビルドと生成物のGitHub repositoryへのプッシュはCircleCIを使って頑張っていますが、よくよく考えれば(考えなくても?)Netlifyなどのホスティングサービスを使えば簡単にできるのでした。まあ、自分でやってみることが大事ということで……

元々あるものに手を加えただけなのでソースコードは以前よりのリポジトリにあります。

最近はVue.jsコミュニティにお世話になっていることも多いのですが、Nuxt.jsを触るサンドボックス環境としてメンテしていければ、と思っています。 

EM Izakaya 一杯目 〜 EMはじめて物語


実は直近2, 3ヶ月ではEMっぽい仕事はしていないのですが、仕事としてコードを書かなくなるにつれて思うところを発表してみました。元々好きだということもあってコード成分を入れていきたいと思う一方、それが組織にとって最善なのか、を考えることは難しいことです。

イベント名にIzakayaがついていることから懇親会、LT共にゆるく話をさせていただきました。参加の皆様、素敵なイベントを企画いただいたOptさん、ありがとうございました。

↑このページのトップへ