MK8

月別アーカイブ / 2018年04月

昨日12時間もかかって何とか終了しました。
結果から先に言いますと、大満足です。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6641.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6642.JPG
①オーバーフロー水槽の落下音

限りなく無音に近いです。
苦労した甲斐がありました☺️
②三重管がグラグラ

残念ながら固定不可でした。
こんな物を自作準備してたのですが、元から付いていた台座と干渉して取り付け不可😭
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6631.JPG
③自作照明スタンド

水槽背面に固定台座の取り付けをしたので、あとはパイプを購入して取り付けするだけ。
水槽台を動かさないと出来なかったので苦労しましたが完了❗️
ステンレスパイプは高額なので、イレクターパイプを使う予定ですが色が白かグレーしかない😞
どっちにしようか迷ってます。。

④zeni-naiyo system の底面吹き出し口の位置変更。

これも完了出来ました。。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6633.JPG

結局、プチリセットのつもりが、フルリセットになってしまいました💦

全ての作業をするにあたり、ポイントは海水を抜く、配管のやり直し、水槽台を動かせる状態にする事でした。

まずは45キューブ水槽の海水、底砂を抜いて嫌気スポンジを取り出し、配管を外して水槽台から移動。

あまり弄りたくなかったので抜いた底砂と嫌気スポンジはそのまま戻すつもりでしたが、大量のデトリタスと汚れが酷かったので真水で洗うこと。
フルリセットを決意しました😞
毎週底砂の毒抜きしてるつもりでしたが...

次に同じく30水槽の海水を半分抜いて移動、濾過槽の海水も抜いてやっと水槽台が動かせる状況になりました。

水槽台背面に照明スタンドを固定させる為の台座を取り付けしてから所定の場所に戻して、ここから元に戻す作業です。

45キューブから底面吹き出し配管も吹き出し方向を下向きに変更して設置し、洗浄した嫌気スポンジと底砂を敷いて、今回の一番目的であるオーバーフロー配管を設置。構造は他の方のブログからパクらせて頂きました😅

元の海水や生体を水槽に戻して土壌バクテリアを少し多めに入れて完了。

配管の構造はボールバルブで排水量を調整しオーバーフロー配管内に海水を貯めて落下距離を短くする方法です。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6639.JPG
ボールバルブの調整に苦労しましたが、効果はマジでビックリするくらい落下音は無音になりましたよ❗️

30水槽やサンプにも元の海水を戻して足らず分は新しい海水を追加で入れて、ポンプ類を洗浄して完了。疲れました😵

フルリセットになってしまったので安定するまで心配ですが、落下音が解消された事が何より良かったです。

でもお陰で今日は全身筋肉痛😭
屈む事が出来ず靴下も履けない...

明日は久しぶりの渓流釣りの予定です🎶


今の水槽を立ち上げて1年が経過しました。
ようやく安定してきたかな?と思ってますが、いろいろ不満もあり、GWを利用してプチリセットを敢行しようと思ってます。

出来ればサンゴへのリスクが高いのでい弄りたくないのですが、不満の方が大きくなってきたので...

さて何が不満かと言いますと、

①オーバーフローの落下音が五月蝿い。

リビングに設置しているため、水の落下音でテレビの音が聞きにくくボリューム大に。家族からの不満も限界に近ずいてきてます。

紐を垂らしたり、蓋をしたりして出来る対策はやってますが...

設置場所も再検討しつつ、対策を考えたいと思います。

②三重管の一番外側パイプがグラグラ。

何故が外側パイプを固定する為の台座が付いてなかったので、グラグラ。底砂だけで固定している感じです。
ですが、我が家は底砂も薄めに敷いてるので、全く固定感ない状態。これを何とかしたい。

③照明スタンドを自作。

水槽上をスッキリさせたいので自作照明スタンドを検討。ただ固定箇所を水槽台背面を考えてるので水槽台を一旦移動させる必要があります。

④zeni-naiyo system の底面吹き出し口の位置変更。

現在の吹き出しは方向は真上になってます。よってポンプ停止時に配管内に底砂が入り負荷が均一でなくなった事が原因?なのか一部の吹き出しが大きくなり砂を巻き上げる状態😞

なので、吹き出し位置を真上から真下の水槽底面に向けたいと思ってます。

この4点を解決させるためには、全ての海水を抜く必要があり大掛かりになってしまいます。
生体の事を考えても短時間で終わらしたいのですが、1日で終わるかなぁ...
しかも1人作業😭

①の消音については秘策があります。
リーファー風にボールバルブを使ってオーバーフロー管の水位をあげてみます。
他の方のブログでも紹介されてました❗️
これにはリスクもありそうですが、消音効果はかなり期待してます。

②③④の作業も事前準備を整えて作業したいと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6597.JPG


久しぶりに水質チェックをしました😅

リン酸は、ゼロ❗️すっぴんのお陰かな。。
※すっぴん添加量 1.3ml/日
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6611.JPG
硝酸塩も透明のまま!よってゼロ。

カルシウムは低めの370程。
※カルシウム添加量 1.3ml/日

KHも低めの4〜5あたり。
※KH添加量 2ml/日

もう少しカルシウム濃度を上げた方が良いのかな🤔

またほんの少しだけレイアウトをいじりました💦
一部サンゴは仮置きで固定してません。

っというか、アクア用パテがなくて出来ませんでした。
週末にプラスチック爆弾買って固定します❗️

でも以前に同じような商品でグローテックの小分けにしたのを購入しましたが、使いにくくそれ以来ずっとアクア用パテを使ってました。

プラスチック爆弾はどうかなぁ...
とりあえず、アクア用瞬間接着剤も併用しながら固定してみます。

ウスエダを白化させてから特等席が空席のままです。。

ウスエダの白化原因は恐らく、
①サンゴを固定してなくコトコトなっていた事。
 ※照明の出力に合わせて移動できるようにあえて固定しなかった😭

②水流が弱いのが原因でライブロックにデトリタスが溜まり水換え時にスポイトで吹き飛ばし、それをウスエダが吸収した??

③週末の水換え時によくホースとウスエダをよく接触させてしまった。

こんなとこでしょうか😑
当初は照明が強すぎたと思ってましたが、それなら根元から急激に白化しないですよね。

■本日の様子
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6613.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6615.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6614.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6616.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6617.JPG

↑このページのトップへ