こんにちは!


ふふふ。
私がいきなり半年前のライブについてブログをしたため始めたので、
きっとびっくりした方も多いですね!(笑)

でもずっと書きたい書きたいよ~って言っていたんです!
そして年を越してしまった!←


しかしながら、前回のをご覧いただければお分かりの通り、
あの分量になってしまうので、まとまった時間がないと書ききれなくて💦

そのくらい、どの公演も思い出深いツアーだったんです!
幸せです(*^^*)


ライブパッケージになっているのは横浜二日目ですが、
その他の公演も、舞台裏の面白かったことやライブの楽しい雰囲気が、
このブログで伝わったらいいなと思います!


今日は、キャラソンもお届けした横浜一日目についてです♪



では! 横浜へ、びゅんっ!


1586353212232.jpg

\  たのしかった! /


あれ?  これもうライブ終わってるな!?

なぜかこの日は、アンコールTシャツからの写真しかなかった!



ここは、舞台裏です!

ステージの真ん中にあったドアを、
毎回手動で開けてくださっていたのが、こちらの優しそうな(!)お二人!


なんと、 横浜公演では、
白いガムテープでこんなに素敵なアートをしてくださっていたんですよ!

ほんとにびっくりです!!! 嬉しくて涙が出そうでした。
あと、とにかくガムテ使いがすごいですよね! なんでこんなに上手なんだろう!?


ドアの裏にいるとき、
「僕たちもこのツアー楽しんでます!本番いってらっしゃい!」って言ってくださって、
すごく励まされて、スタッフさんもこのツアーの一部でいてくださったこと、
本当に有り難く感じています。



そして、

このガムテープから、伝説は始まった。


1586353065182.jpg


\ うぉーうぉーしようぜえええっ! /


バンマス伊賀さん、見事に影響を受けました。


(笑)


しかも、インフィニテーて! インフィニ「ティー」ですよっ!


1586353069649.jpg

しかも!!
全力パフォーマンスに、ガムテが耐えられなかった!!べりべり!


たぶん、無限って書いてくださっていたんですね!( ・∇・)

いつも最高にアツい演奏をありがとうございます!!


1586353072711.jpg

ちょっと伊賀さん、なにやってるんですか!の現場(笑)



1586353076989.jpg

こちらは、この日の最後の決めポーズでぱしゃり!


なにをしているか分かりますか??

正解は…



「NAO」を人文字で作っています★ 人によって労力の差がひどい(笑)


1586353080532.jpg


\\  うおお! 明日も頑張るぞー!  //



無限ダンサーズにも、腕だけで「NAO」を作ってもらいました!



え!? 「O」の作りかた!!

かわいいっ! なにこれっ!  はさまれたいっ(〃∇〃)


1586353592567.jpg

横浜一日目は、
キャラクターソングを歌わせていただきました!


「キミとボクのミライ」 /『グランブルーファンタジー』ルリア
「Your Voice」      /『きんいろモザイク』九条カレン
「エブリデイワールド」   /『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』由比ヶ浜結衣
「愛・おぼえていますか」/『マクロスΔ』レイナ・プラウラー『神のみぞ知るセカイ』中川かのん
「ここからはじまる物語」/『異国迷路のクロワーゼ』湯音


皆さんの予想していた曲はありましたでしょうか?
新しい出逢いはありましたでしょうか??
 
今までに歌わせていただいた
200~300曲のキャラクターソングの中から……5曲を………。
それはもう大変な選択でした。

でも、今ここで皆さんにご披露したい、
自分自身も納得のいくセットリストができたように思います!




それぞれの楽曲について語り出すと、
誰も読む気がなくなるくらいの超長文になりそうなので、
ほんとにちょこっとずつ! メッセージを添えさせていただきます!


「キミとボクのミライ」
声優としてのキャリアの半分以上をルリアと共に歩んできました!
ルリアとして生きた時間、喋ったセリフ数は、本当に数えきれないくらいです!
今やもう彼女の言う、文字通りの一心同体、だと思います!
ルリアの純真な言葉や可愛さにはいつも癒されていますし、
初めてゲームにのめり込む経験ができたのもルリアがいてくれたから。
本当に人生が豊かに変わったと感じています!


「Your Voice」
カレンのおかげで、私は本当にたくさんの幸せがありました!
初めてのユニット活動があったり、英語のセリフを喋れたり、人生の友達ができたり。
最後の「愛する君のために~♪」のところは、関係者席のRhodanthe*に捧げたくて、
メンバーのいる席に目線を送ったつもりが、そこには座っていなかったということが終演後の楽屋挨拶で明らかになる。
私信を送る作戦、失敗!( ;∀;)


「エブリデイワールド」
結衣とも、長いお付き合いになりました。
結衣はずっと高校二年生として生きていますが、私は10年の時が流れました。
それでも彼女は私よりもはるかに思慮深い気がして、一生懸命に心を読みといては演じています。
一緒にいたいという素朴な願いがどうしてこうも難しいのか、苦しいなあって思います。
ぜんっぜんライトなノベルじゃないんだ、俺ガイル…!!


「愛・おぼえていますか」
『マクロスΔ』は私にとってターニングポイントになった作品のひとつだと感じています。
レイナに決まったとき、毎日夢なんじゃないかとふわふわしてしまった思い出です。
ユニットとしてのあり方、ライブへの取り組みかた、今でも毎回とても勉強になっています!
でも「愛おぼ」を初めて歌わせていただいたのは、レイナとしてではなく、もっと前。
実は、かのんちゃんとしてカバーしたのが最初だったのです!
同じ楽曲に、別のキャラクターとして出会う、ってなかなか経験できないこと。
この奇跡みたいな出来事をセットリストに込めました。


「ここからはじまる物語」
私が初めて主人公を演じさせていただいた湯音は、今でも私の心の師匠のような存在です。
みんなが湯音のように誰かに心寄り添えたら、きっと世界は平和になると思えるんです。
人生で絶対に一度は「異国迷路のクロワーゼ」に触れていただきたい!!!
そのくらいあたたかくて大切な作品です。
ツアーのリハーサルで本当に久しぶりに歌って、泣いてしまって歌にならないくらい、
自分のなかで大きな存在だったんだなと再確認しました。





いやー、ちょこっとにまとめるって大変だなあっ!(努力はしました)


でも、この思いはほんとに一部で、その全てはステージ上で込めたつもりです!
だからライブは尊いものなのだと思います。


ですが!
横浜二日目はそんなライブの様子をキャッチすることができます!
パッケージ万歳!!!


ライブ映像をお手持ちのかたは、そちらをご参照いただきながら、
次回のブログもお楽しみいただければと思います☆


また(o^-^o)



2020.4.12