2年前の今日は箱根駅伝復路ゴールを観戦しました。
2013年から毎年のように・・・!!

当時は観戦自粛の呼びかけが無かった時代でした。
しかし数ヶ月後に、新型コロナウイルスの感染が大流行してしまい東京五輪は1年延期。また観戦防止の対策として、コンサートは中止になってしまうなど悲観な1日1年間でもありました。

今年も昨年と同様に箱根駅伝の公式サイトだけでは無くテレビのテロップやラジオで実況アナウンサーによる「新型コロナウイルス対策として観戦は、控えて頂きますようにお願いします。」とお声かけをしています。

僕も観戦はしたいです!
しかしながら昨日、テレビを見ている限り小さい子からお年寄りまで幅広く沿道観戦している人がいました。
また、ツイッターのフォロワーさんのリツイートで知りましたが、あの国会議員も観戦。支持をして頂いただけに残念であり遺憾でもあります。

東京の大手町、箱根駅伝ゴール讀賣新聞社前
優勝やシード権獲得すれば喜び、嬉し涙もあります。
また11位から先のシード権獲得ならなかった大学は悔し泣きを多く観ました。その悔しさはまた来年にリベンジして行くことでしょう。

各大学の悔いなき走行を今年も期待します。