ごきげんよう


突然だけど、

みんなは『ごはんをおかわりする時』に

お茶碗にひとくちぶん残しておかわりする人かしら?

きちんと全部食べてからおかわりをする人かしら?

とっても些細な事だけど、

開運のためには・・・

ひとくち残しておかわりする方が良いのよね

全部食べてから派の人には
「え!?なんで???」

って思うかもしれないけれど

そこには

『いただいたものの一部を神さまにお返しする』

っていう意味があるの 

お米は日本人のソウルフード。

「おいしいお米を与えてくださってありがとうございます」

という感謝の気持ちを『ひとくち分お捧げすること』で表現するってことのなよ 

もちろんそこにおかわり分のご飯が足されて、最終的には自分がいただくことになるんだけど、

そんな『ちょっとした振舞い』が神さまとのご縁を深めてくれるのよ 

FullSizeRender.jpg


先日ご紹介した『かまどの神さま』や『お米の神さま』など
いろんな神さまによって私たちの生活は支えられているんだけど、

きちんと『ご縁をつくっていくこと』が開運につながっていくのよね

じつは古くからの日本の礼儀作法やマナーの中には
『神さまとのご縁を深める知恵』がたくさん詰まっているの

もちろんすべてがそうとは限らないんだけど、
自分がなんとなく『素敵だな』と感じた礼儀作法や習慣は積極的に取り入れるべきよ

(マナーは地域によっても変わってくるから柔軟性も必要よ)

テクノロジーが進化した今の時代、あらゆるものがお手軽に手に入るようなったけれど、
私たちは便利さと引き換えに『神さまと繋がる知恵』を放棄してしまった気がするのよね・・・

だからちょっと立ち止まって、昔からあるものや文化を改めて知る必要があると思うのよ


とはいえ、難しく考えなくても大丈夫

『ありがとう』

という気持ちを、ちょっとした仕草で表すことが大事だってことを覚えてちょうだいね

気持ちは必ず伝わるってことよ

ではまたっ


 


残席わずかイベントのお申し込みはお早めに
newmoon.jpg



カウンセリングのご予約はこちらから
TandL.png


 
トシ&リティのインスタグラムはこちら
FullSizeRender.jpg

 


 トシ&リティの書籍も発売中
i0dvnLTyK_.12.48.png