月別アーカイブ / 2019年05月

ごきげんよう


6月3日は双子座新月♊️✨

19時2分に新月を迎えるわよ


そこからなるべく

24時間以内に行って頂きたい

開運アクションについて

さっそくシェアさせて頂くわね


それは・・・


ツイン・インセンス・セレモニー!!


DeWXit1s6P.jpg


じつは

お香(インセンス)は

双子座のラッキーアイテム💟



美しい香り&

自由に舞うけむりが

風のエレメントである

双子座のエネルギーを

呼び込むのよね✨




今回のセレモニーでは

同じ種類のお香を

ツインで用意してちょうだい‼️


なぜなら・・・


片方は

金星に捧げるため💓


そして

もう片方は

冥王星に捧げるためよ🔮✨



この日は

金星と冥王星が

調和の角度をとるタイミング。


ヴィーナス&プルートーの

ツインプラネットにあやかることが

開運には必要不可欠なのよ💞



それでは

セレモニーの手順をお伝えするわね



🔯🔯🔯



step1

お香をセッティング。

81Bug9mTke.jpg


step2

まずは金星を意識。

「この香りをヴィーナスに捧げます」

そう唱えて、片方のお香を焚く。

NIZubu0Km_.jpg


step3

次に冥王星を意識。

「この香りをプルートーに捧げます」

そう唱えて、もう片方のお香も焚く。

YtXzWJ499l.jpg


step4

けむりを眺めながら

ハートに両手を重ねて

「双子座新月に、愛・平和・感謝」

と、唱える。

AN0eBqGAgz.jpg


step5

あとは自由にお香を楽しめばOK。



🔯🔯🔯



要するに

金星&冥王星に呼びかけて

お香を焚く
っていう

シンプルなセレモニーよ


Wでお香を焚くと

だいぶ強めな香りになっちゃうけれど

それくらいDEEPな方が

冥王星とはシンクロできるのよ🔮


ただし

強めの香りがニガテな方は

無理をせず

微香タイプを選んでちょうだいね



お香は

あなたのお氣に入りのものを

チョイスして頂ければOK


今回のセレモニーでは

コーンタイプ🔺がオススメだけど

スティックのお香でも大丈夫よ💕


可能であれば窓を開けて

お香のけむりが

宇宙へと上昇するのをイメージしながら

セレモニーを行うと、さらにイイ感じ


お香のけむりには

空間を浄化するパワーもあるから

住まいの波動が切り替わるのを

実感できるはずよ✨


とりあえずまぁ

ツインのお香が

幸運を引き寄せる


ってコトを知ってちょうだいね💞



双子座新月については

こちらの記事もご参考に💋✨


♊️ 双子座新月のキホン

♊️ タロットから読む双子座新月

♊️ 封印されていたチカラとは?

♊️ 双子座シーズンについて

♊️ 令和は霊話

♊️ 6月前半の星の動き


ではまたっ



1DAYワークショップのお申し込みはお早めに✨
geshi.jpg



表参道レッスンの詳細はこちらをチェック🌸
s8.jpg


個人セッションのご予約はこちらから
happy.jpg





ごきげんよう


6月3日は双子座の新月♊️


この日の天空図では

金星冥王星

トライン(120度)と呼ばれる

調和の角度をとるわよ


じつはこの配置には

非常にDEEPな意味

が籠められているから

そのことについて

今回はシェアさせて頂くわね



🌟🌟🌟



昨日のブログでお伝えしたように

冥王星(プルートー)の摩訶不思議な力が

金星(ヴィーナス)に送り込まれる

ってコトなんだけど・・・


逆に言えば

ヴィーナスがプルートーの

秘められた部分を呼び覚ます


ってコトでもあるのよね


極端な表現をすれば

ヴィーナスの目覚まし時計で

冥界の王を召喚する・・・


そんなイメージかしら🔮✨



そもそも冥王星は

封印されたチカラ

を象徴する星🔯


そこには

あらゆるエネルギーが

奥に潜んでいるのよね🐉



この日は

金星のによって

冥王星に封印されていた波動が

部分的に解き放たれるわよ🌟


じつはそれが・・・


ククリヒメのエネルギー!!


D9x34njkLE.jpg


ククリヒメ(菊理姫)

全国の白山神社に祀られている女神さまで

令和の時代に最も注目されている存在よ💖


日本書紀では

イザナギとイザナミの

仲裁役となる

愛の女神さまとして登場するわ


そんなククリヒメのパワーは

非常に長い間、封印されていたのよね〜


(詳しいことはこちらをお読みになってね)


さて、

もともと冥王星は

9番目の惑星

として発見された星。


今では準惑星に

降格してしまったけれど

占星術やスピリチュアルでは

プルートーの存在感は絶大よ🔮


そして

といえば

ククリヒメを象徴する数


まぁ要するに

ククリヒメの霊力を

封印している星が

冥王星ってコトなのよ🌟




ちなみに・・・


冥王星の表面に

ハートのマークが見えるのは

有名な話。


2yQH3EQQc7.jpg


このハートは

ククリヒメの愛

を象徴しているのではないかしら


うふふ


とはいえ

ククリヒメは

冥王星の女神というわけではく

その封印を解く鍵が

冥王星にあるってコト🔑



実際のククリヒメは

別のところに居らっしゃるわよ

(その話はまたの機会にネ)


とりあえずまぁ

金星と冥王星のトラインによって

ククリヒメのパワーが呼び覚まされる

ってコトを知ってちょうだい💗


人によっては

「白山神社に行きたい」

という衝動が

込み上げてくるかも


あるいは

夢の中でククリヒメからの

メッセージを受け取る

という方も

ちらほらと出てくるのではないかしら


ご縁が与えられたら

感謝の氣持ちで

向き合ってちょうだいね💓



分離の時代から

くくりの時代へ。



令和を

前進させるエネルギーが

この時、宇宙から届く

ってコトなのよね🔯✨


ではまたっ



1DAYワークショップのお申し込みはお早めに✨
geshi.jpg



表参道レッスンの詳細はこちらをチェック🌸
s8.jpg


個人セッションのご予約はこちらから
happy.jpg




ごきげんよう


紫陽花が街を彩るこの季節

いかがお過ごしかしら


じつは紫陽花には

双子座さん・天秤座さん・水瓶座さん

のパワーを引き出してくれる

不思議なチカラがあるのよね🌟


その中でも

特に双子座さん

紫陽花の霊力にあやかると

イイことがあるかも💕


ちょうど今の時期に

紫陽花が咲くのにも

ちゃんと意味があるのよ


双子座さんの方は

大地からのバースデーギフトだと思って

紫陽花の美しさを眺めてみてはいかがかしら


うふふ


8TTr6t2aPW.jpg


さて、

6月3日は双子座の新月♊️✨

19時2分から新月スタートよ


今年の双子座新月が

どんな感じのエネルギーになるのか、

今回は数秘&タロット

リーディングさせて頂くわね 


🌟🌟🌟


新月を迎える

2019年6月3日は

2+0+1+9+6+3=21

2+1=


『3』という数が

浮かび上がってくるわよ


それを

タロットにあてはめると・・・


03-empress-meaning-rider-waite-tarot-major-arcana_large.jpg


おなじみの

女帝のカードよ✨


豊かさの具現化を

表すと同時に

ヴィーナス(金星)のパワー

象徴しているのよね🌹

 
じつは

この日の天空図では

金星冥王星トライン(120度)

と呼ばれる調和の角度を

とっていることもあって

金星のエネルギーがすこぶるパワフル


冥界の王であるプルートーが

摩訶不思議な霊力をヴィーナスに授ける


そん配置なのよね🔮✨


そういうわけで

金星の波動がキョーレツに

効いてくるわ💍




そして

双子座新月と

女帝のカードがシンクロする

ってコトは・・・


双子座的なもの

すなわち

知識・学び・情報などが

やがて大きな豊かさへと結びつく

ということを

宇宙が伝えているのよね



ちなみに・・・


途中で出てくる

『21』にも意味があって

これをタロットにあてはめると


21-the-world-meaning-rider-waite-tarot-major-arcana_large.jpg


世界のカード


願いが叶った世界で

喜びのダンスを舞う人物が描かれた

非常に縁起の良い一枚よ💖


それはすなわち・・・


愛と調和に満ちた

理想的な世界

を創るための波動が

この度の双子座新月に籠っている

ってコトでもあるのよね


『3』と『21』は

いつもシンクロしていて

金星のパワーがあるからこそ

理想的な世界に結びつく


ということも表しているわ



とりあえずまぁ・・・


女帝のような

エレガントなスマイルで

双子座新月を迎えてみては

いかがかしら👑💕



あなたの中の

ヴィーナスを輝かせることが

理想的な世界を具現化する鍵になるわよ💫


ではまたっ



1DAYワークショップのお申し込みはお早めに✨
geshi.jpg



表参道レッスンの詳細はこちらをチェック🌸
s8.jpg


個人セッションのご予約はこちらから
happy.jpg




 

↑このページのトップへ