月別アーカイブ / 2018年02月

ごきげんよう

今日は金平糖の霊力について


エーテル体・アストラル体・メンタル体などの

エネルギーバランスを整えてくれるパワーを秘めた金平糖

最もスピリチュアルなお菓子なのよね 


先日のブログでざっくりとシェアさせて頂いたけれど

(読んでいない方はこちらからどうぞ)

今日はもうちょっと詳しく

金平糖がなぜ最強なのか

その理由をみんなにお伝えさせて頂くわね


FullSizeRender.jpg


シンプルにまとめると3つあるわよ


① 形成プロセスが『星』と同じ 

星が生まれる時は、
小さなチリやガスのかたまりに
また別の小さなかたまり同士がぶつかり合って
くっつきながら少しずつ大きなかたまりになっていく

そしてぶつかった時にはその衝撃でものすごい高温が出てエネルギーになって発せられる
それがキラキラと輝いて私たちの地球にも届いているのよね

じつは星の誕生と金平糖の作り方はそっくり

ミキサー車のようにクルクルまわされているお釜の中で小さな砂糖つぶのかたまりが
上から流し込まれる熱い蜜とくっついて転がされてぶつかって大きくなっていって
金平糖は完成するのよ

どんどんぶつかるから大きくなるけどデコボコもたくさんできてくる。
そのデコボコが美味しさを閉じ込める食感となって
私たちのお口にいれたときにキラキラとおいしく輝くのよね


② 手間のかかる超スローフード  

金平糖はお砂糖のつぶに少しずつ熱い蜜をかけてつくるんだけど
1日作業してもそのかたまりは1mmくらいの大きさにしかならないのよ
だから1cmの大きさにするのは10日もかかるってこと
おまけに熱いお釜をくるくるまわしながらつくるから
夏場の作業はしゃくねつじごく
職人さんたちは汗ダラダラで何人も交代でお仕事するの
かわいくておいしい金平糖をみんなに届けるために
ものすごい時間をかけて苦労を惜しまないで愛情と情熱を持って完成させてくれるのよ
そういうわけでそこに宿る『ビタミン愛』はパワフルってこと


③ カラーヒーリングにもなる  

色には人を癒すパワーがあるんだけど
とくに金平糖の色の波動ってやさしいのよね
今はいろいろな色があるけれど昔はひしもちとおなじで
白・緑・ピンクが多かったのよね
つまり冬の雪・そこから新芽が芽生えて・お花が咲いてっていう
命のきらめきや季節のうつりかわりへの思いが込められているの
だからこの金平糖をいただくことで魂が喜んでキラキラしてくるのよね



まぁ要するに

宇宙とシンクロする波動を秘めていて
ビタミン愛がたっぷりと詰まっていて
色彩のパワーでチャクラも元気になる 


ってこと


スピリチュアルや癒し系のお仕事に携わっている方は

もちろん活用していただきたいけれど

『宇宙のパワーとつながって運気の流れに乗りたい』

そう願う方もぜひ金平糖の霊力にあやかってみてはいかがかしら


昔から当たり前のように身近に存在するものの中に

じつはミラクルなパワーが秘められていたりする


VF9JwL2ciP.jpg


波動の良いものを生活とコラボすることが

開運の鍵になるわよ

参考にしてちょうだいね


ではまたっ



個人セッション&講座はこちらをチェック
happy.jpg



表参道レッスンのお申し込みはこちらから
s3_ttl.jpg


 

ごきげんよう

今日は自信力について


あなたは

『自分に自信があります

という方かしら?

それとも

『自信の欠片もございません 

という方かしら? 


前向きな人生を歩むために自信力はけっこう大切


とはいえ

自信に満ち溢れている人なんてものすごく少数派で

たいていの方は

なかなか自分を信じることができずに思い悩むのよね


自信満々!

を自負している方であっても

自分よりはるかに才能に恵まれた人が目の前に現れたり

思いがけないところでディスられたりすると

それまであったはずの自信が

シュルシュルシュル・・・・

って萎縮してしまうこともあるのよね


まぁ人生ってそういうものよ


まず覚えておいて頂きたいのは

ほんとうの自信力を磨くには時間がかかるってこと


あらゆる経験の積み重ねによって自信は結果的に身に付いていくものだから

焦らなくても大丈夫よ


そういうわけで

自信を失った時こそ自分の魂に優しく寄り添ってちょうだい


『きっと大丈夫。これまでも色々と乗り越えてこられたんだから人生は必ずうまくいく』

そんな感じで

前向きな言葉を自分に語りかけることがポイントよ


FullSizeRender.jpg


そもそも

本質的な自信力は

あらゆる『ご縁』によって創造されるもの


誰かに『ありがとう』って言ってもらえたり

自分の働きによって誰かが元気になったり

まごころの篭ったおもてなしを頂いたり


人からの感謝敬意の波動が

あなたの魂に自信のエネルギーを呼び覚ますのよね


つながりの中でこそ自尊心は育まれる。


だからこそ

ほんとうの自信を身につけるには

あらゆるご縁に心を開いて、自分から率先して行動することが大事よ


「自信がないから行動できない」

という方もいらっしゃるかもしれないけれど

行動しないといつまでたっても変わらない


時には失敗したり恥をかいたりすることもあるけれど

それでもめげずに行動し続けて頂きたいのよ


チャレンジを続けているうちに

あらゆる角度から『ご縁』が与えられて

気がつけば内側で『それまでになかった自信』が芽生えている

なんてこともあったりするのよ


内側から溢れる『行動力』と外側から来る『ご縁』が掛け合わさった時に

あなたを『変容』へと導くパワーが創造される



だから何があっても

NEVER STOP!!


成長し続けることを忘れなければ

自分を信じる力に溢れたエネルギッシュな自分と

そのうちきっと出逢えるはずよ


ではまたっ


個人セッション&講座はこちらをチェック
happy.jpg



表参道レッスンのお申し込みはこちらから
s3_ttl.jpg


ごきげんよう

2月16日の06時05分、

いよいよ水瓶座の新月がやってくるわよ


水瓶座の時代へと向かう流れの中で

大きく活躍していきたいと願う方にとって

特に重要なこの新月


新しいはじまりを告げる『日食』

変革再創造を強力に後押しするわよ


キーワードは

『自分革命』



そこから創造される新しい『豊かさ』


ここのところ人生が停滞していた方も

なんとなくパッとしない日々が続いていた方も

起死回生の大チャンス


人生に変容をもたらすタイミングが

宇宙からギフトとして与えられたことを知ってちょうだいね



ただし必要なのは

自立心を磨くことよ


誰かに依存せずに

自分で未来を切り開いていく覚悟をもつこと。

周りの声に振り回されずに

自分の心に従って生きていけること。



それがこれからの時代の

『繁栄を築く礎』

になるからなのよね


そのことを知って頂いたうえで

ぜひこのタイミングで『新月の願い事』を行ってちょだい


昨日のブログでもお伝えしたように

今回のムーンパワーは

特に『豊かさ』というテーマにおいて

強力な願望実現のパワーを秘めているわよ


ただし

今回の特別な新月にあやかるには

ちょっとしたコツがあるから

そのプロセスをお伝えさせて頂くわね


まずはいつも通り紙とペンを用意して

できればグラウンディングもして

準備を整えてちょうだい。

(グラウンディングはこちらをチェック)


その次に覚えておいて頂きたいポイントがあるのよ


それは・・・

水瓶座の支配星である

天王星(ウラノス)

に意識を繋げることよ


FullSizeRender.jpg


じつは・・・

今回の新月の背後の主役は天王星。


ターコイズブルーの美しいこの星が

『変革』に必要なエネルギーを届けてくださるのよ


そういうわけで願い事を書く前に

声に出してこのように唱えてちょうだい




ウラノス ウラノス ウラノス

変革に必要なエネルギーをわたしに届けてください

ありがとうございます





そのあとで

引き寄せたい未来のビジョンを

3個〜10個くらい書いてね


あなたが求める豊かさとは何か

その豊かさをどのように用いていきたいのか

そこに向かうために自分をどう変えていきたいのか


なるべく具体的に書くことをおすすめするわ


書き終えたら

地球と宇宙にもう一度感謝を伝えて完了よ


あなたの求める未来のビジョンを

明確にイメージして

宇宙へと届けてちょうだいね


ちなみに・・・

運気アップのために

もうひとつ行って頂きたいことがあるわ


それは・・・

水瓶座の新月のタイミングで

SNSのプロフィールをちょこっとでOKだから

更新すること!!



水瓶座は『時代のツール』や『インターネット』にもリンクしているから

そこに変化を加えることで水瓶座新月の波動とシンクロしやすくなるのよね


LINE、インスタ、ブログなどをされている方は

水瓶座の新月にプロフィールをリニューアルしてみてはいかがかしら?

プロフィール画像を変えるのにも最適なタイミングよ


水瓶座新月パワーは

新月に切り替わってから48時間有効



ぜひ参考にしてちょうだいね

ではまたっ


個人セッション&講座はこちらをチェック
happy.jpg



表参道レッスンのお申し込みはこちらから
s3_ttl.jpg



↑このページのトップへ