月別アーカイブ / 2017年05月

ごきげんよう


FullSizeRender.jpg


ソウルメイト。

それは魂の伴侶。

あなたが生まれてくる前に

空のむこうの世界で

「一緒になろうね」

と約束を交わした相手。

あたたかくて

リラックスできて

こころが自然ととフィットする

かけがえのない絆で結ばれた魂・・・


あなたが『愛』に真剣になる時、

運命はその出会いを後押ししてくれる



TandL.png


大好評のトシ&リティのパートナーシップスクール

夏季クラスのお申し込みがスタートしたわよ

このスクールは、サロンでの月一のLessonとご自宅で行って頂くHome workで、3ヶ月かけて結婚波動を活性化する、スパルタ花嫁修行

もちろん単なる恋愛の授業ではなく、スピリチュアルワークもふんだんに含まれていて

『縁むすび』 

 を加速できるようなカリキュラムになっているわ

ソウルメイトとの出会いを引き寄せたい方、真剣な結婚を望んでいる方、愛する人との向き合い方を学びたい方、ぜひ私たちの生徒さんになってちょうだいね

女性クラス(5月28日スタート)と男性クラス(6月4日スタート)に分かれているから、ご興味のある方はサロンのホームページをチェックしてね

アセンションクラブのサイトはこちら

6名様限定の講座だからお申し込みはお早めに

ではまたっ

eIp1FJya3Q.jpg

ごきげんよう


あなたは「場所」の持つ波動を敏感に感じるタイプかしら?

なんとなく心がほっこりする場所もあれば・・・

通りがかっただけで気が滅入ってしまう場所もあったり・・・

つまり場所や空間自体に独特なパワーがあるってことなのよね。

その場所が『今』持っているパワーはその場所の『過去』ともリンクしていて、

『過去』に素敵なことが起こった場所では『未来』でもそれが繰り返されるようになっているの

良いエネルギーは時間を超越してその場所に隠れているのよ

(邪悪な人によってそこに在ったっものが破壊されてしまうこともしばしばあるけれど・・・)


私たちの魂は無意識に場所の波動を吸収しているから

しあわせな空間に身を置けば、自分もしあわせな気分を共有できるし

豊かさに溢れた場所に身を置くと、自分の金運だってアップするし

愛情の満ちた空間に身をけば、「愛とは何か」が心で理解できるようになるの


だから、どこに出掛けるかはけっこう重要よ・・・


パワースポットと呼ばれるほど有名な場所じゃなくても、良い波動に満ちている場所ってたくさんあるから、積極的に出掛けてちょうだい

波動の良い場所を見つけるヒントをお伝えするわね

キーワードは・・・

FullSizeRender.jpg


静寂!!

ほんとうの豊かさは静寂の中にあるのよ

みんなにはこの意味が分かるかしら・・・

うふふ

ではまたっ




 毎週日曜日・hearrにて配信中 
FullSizeRender.jpg

カウンセリングのご予約はこちらから
TandL.png


 
トシ&リティのインスタグラムはこちら
FullSizeRender.jpg

 


 

 

ごきげんよう


東京では桜の季節は過ぎてしまったけれど

今は藤が満開よ

FullSizeRender.jpg

トシ&リティはこの時期になると藤の花の下で瞑想をしているわ

なぜかというと、藤の花には神秘的なパワーが宿っているから

もちろんどのお花にも個性的なエネルギーがあるんだけど、藤の花は特に

スピリチュアルな感じで強力よ

そういえば、源氏物語には藤壺女御(ふじつぼのにょうご)という女性が登場するけれど、藤の花の波動を擬人化するとまさに彼女のようなイメージね

奥ゆかしさの中にきらめく情熱と力を秘めている藤壺・・・

光源氏は彼女を心から愛する・・・

しかし愛ゆえに、彼女は品格のある振る舞いを決して崩さない・・・

理想的な日本の淑女って感じよね

むきだしのパワーよりも

秘められたパワーのほうが

本質的には強いのよね

うふふ


さて、藤の花はクラウンチャクラ(頭頂部にあるエネルギーの渦)を活性化してくれるから

集中力アップ、

直感力アップ、

願望具現化力アップ

に効果的よ

そして何より、雅なその色彩が『品格』の大切さを伝えてくれるわよ

4月には桜を楽しみ、5月には藤に感じる・・・

四季の豊かな日本で過ごせることは、とってもしあわせなことよね

このGW、ぜひみんなも藤を愛でるためにお出掛けしてみてはいかがかしら

ではまたっ





毎週日曜日・hearrにて配信中 
FullSizeRender.jpg

カウンセリングのご予約はこちらから
TandL.png


 
トシ&リティのインスタグラムはこちら
FullSizeRender.jpg

 


 

 

↑このページのトップへ