ごきげんよう


要領良く人生を歩むには

切り替わっていく宇宙の波動と

息を合わせることが大切 


そういうわけで

4月後半の星もようと

その影響について

さっそくシェアさせて頂くわね💕 


FullSizeRender.jpg


・4月17日 水星が牡羊座へ

ドリーミーな魚座から情熱的な牡羊座に水星が移動🔥
➡️へのお引越しによって
 眠りから覚めたように『思考』が明晰になるわよ
牡羊座はピュアでストレートな星座だから
この時期は『シンプルなメッセージ』こそが
多くの人の心を掴むわよ


・4月19日 天秤座29度で満月

今年の2度目の満月はパワフルな『ご縁』をもたらすムーンパワーよ🌕


・4月20日 太陽は牡牛座へ

ラグジュアリー&リッチな牡牛座に太陽が移動
上流なものや洗練されたものにスポットライトが当たる時期に入るわよ
五感を研ぎ澄ませながら過ごすとイイことがあるかもよ💫
ただし人によっては
ゴールデンウイークを楽しむことばかりに氣持ちが傾いて
ついついのんびりしちゃうかも


・4月21日 金星は牡羊座へ

愛と喜びの星は『新しいもの』を好む牡羊座に移動🐣
フレッシュな体験や本能的な喜びを求めるタイミングよ💗
『ひとめ惚れ』も起こりやすい時期
恋を御望みの方は外見をバシッと整えてお出掛けしてみて


・4月23日 太陽と天王星がコンジャンクション

牡牛座に居る天王星が太陽と出会って
セレブリューション(豊かさ革命)に火をつけるわよ
牡牛座天王星時代を盛り上げる空氣感がこの時から徐々に出てくるわ


・4月25日 冥王星が逆行開始

山羊座にいる冥王星がこの時から逆行へ。
冥王星は破壊と再生をもたらす星で
逆行に転ずる時には一時的に激しい波動を放つわよ
社会的なことで象徴的な出来事が起こりやすいタイミングよ。


・4月30日 土星が逆行開始

同じく山羊座にいる土星がたて続けに逆行に入るわよ↩️
土星は『ルール』や『規則』を司る天体。
自分の中にあるマイルールやお決まりのパターンを
見つめ直したり再構築するには良い時期に入るわよ
きちんと内省することで、
より大きな社会的プレッシャーに耐えられる自分に進化できるわよ


🌟🌟🌟



じつは4月は

天体の逆行ラッシュ


ただしそれは

決してネガティブなことではなくて

より良い未来に向かっていくための

一時的な内省なのよね



冥王星の逆行は10月3日まで。

そして

土星の逆行は9月18日まで。


山羊座に居る2天体が

まるで仲良しカップルのように

一緒に過去を振り返るのよ✳️


人によっては

すでに乗り越えた経験が

フラッシュバックするような感覚


を覚えるかもしれないけれど・・・


そこから学べる価値もある


ってコトは知っておいてちょうだいね


宇宙がこの時代に用意した

未来へのストーリーは

まるでパンドラの匣のごとく

非常に奥が深いのよね


うふふ


ではまたっ



個人セッションのご予約はこちらから
easter.jpg



春の表参道レッスンもスタート🌸
s8.jpg





ごきげんよう


突然だけど

今のあなたは

自分の人生に満足してるかしら?


「Everything is Perfect!」

という方もいれば

「欲求不満の連続よ!」

という方もいらっしゃったり

あるいは

「不満はないけどワクワクはしない」

など、どっちつかずの感覚を覚える方もいて

人それぞれよね



人の数だけ運命の物語があって

たましいは生まれてくる前に

その『設計図』を描いてくる




描いたのは自分自身だから

本来であれば誰もが

『わたしにとっての最高の人生』

を歩めるはずなのよね
 

だけど

目の前に押し寄せてくる現実の荒波にもまれているうちに

道に迷ってしまったり

自分の声を失ってしまったりして

目的地にたどり着くまでに

右往左往しちゃうこともあるのよ


だからこそ

何よりも大切なのは

自分の人生を信頼すること。


そこに信頼の波動があれば

時には遠回りになることもあるけど

最高の人生へとおのずと導かれるはずよ🌟


FullSizeRender.jpg



そういうわけで今回は

今のわたしが最高の人生を進んでいるサイン

についてシェアさせていただくわね


🌟🌟🌟


① 過去の自分よりも今の自分が好き
 
最高の道を進んでいる時には
過去のことは(悲しみだけではなく栄光でさえも)
どうでもよくなるのよね

今の自分のほうが好き、とシンプルに思えるのだとしたら
描いてきたビジョンをまっすぐに進んでいる証よ
そのまま突き進んでちょうだいね

「若い頃の私は素敵だったのよ」
などと過去の栄光にすがるのはご法度

『今』この瞬間と丁寧に向き合って
そこから続く豊かな未来をカタチにしてちょうだいね💖


② 自由を感じる

あなたが『自由』を感じるようになった時、
それは同時に多くの『責任』を引き受けられる器になった
ってことなの

自由と責任は表裏一体。
こころが自由を感じるのだとしたら
あなたの魂は成長して本当の意味で大人になったってこと
その感覚が『自信力』や『自己実現』に結びついてくるのよね

人は自由を学んだ時、ようやく魂のミッションと向き合えるのよ


③ シンクロニシティが頻繁に起こる

人生ではあらゆるシンクロニシティによってご縁が結ばれ
輝きに満ちた未来へ導かれるように設計されている
だけど魂が未熟な人や依存心が強い人は
シンクロニシティに気付けなかったりその概念がピンと来ないのよね

もしあなたが
シンクロニシティをキャッチできるようになったとしたら
それはあなたの魂が『ちゃんと自立できるようになった』ってこと
シンクロニシティは成熟した魂に与えられるギフトなのよ

最高の人生を築くには『自立』が重要なキーワード
あなたのこころがオトナになった時、
運命の扉が本当の意味で開かれるようになるのよ🚪✨


🌟🌟🌟


人生は

神さまが与えてくれた

素晴らしいギフト


たとえ道の途中で転んだとしても

何度でも立ち上がって

前進していってちょうだいね


『自分の道』を堂々と進む時

目に見えない場所から届く愛の波動が

あなたをナビゲートしてくれるはずよ💖


ではまたっ


個人セッションのご予約はこちらから
easter.jpg



春の表参道レッスンもスタート🌸
s8.jpg



ごきげんよう


4月19日は天秤座満月


先月に引き続き

天秤座のムーンパワーが降り注ぐわよ🌕✨


前回は天秤座0度で

今回は天秤座29度。



同じサイン(星座)で

2回満月が起こるのは

極めて珍しいことなのよ


そしてこの満月は・・・


『平成』という時代を

しめくくるムーンイベント



天秤座は

調和とバランス

をもたらす星座だから

まさに

平成のフィナーレには

ぴったりの波動なのよね



調和を愛する感性は

平和な世界を具現化することに

結びついていくのよ♎️✨



今この瞬間、

私たちが平和に暮らせるのは

あたりまえのようでいて

全然あたりまえではない奇跡。


人類は長い歴史の中で

幾度となく争いを繰り返してきたから

平和に過ごせる時っていうのは

どんな財宝よりも貴重な価値なのよ🌸


だからこそ

『平成』という言霊(ことだま)に

込められた想いに感謝して

この満月をお過ごしになってみては

いかがかしら


この天秤座満月で

平和であることの有り難さを

もう一度思い出すことで

宇宙全体に満ちる愛の波動と

深く繋がれるはずよ💫



FullSizeRender.jpg


さて、

今回の天秤座満月は

11ハウスで起こる満月。


11ハウスは

友情・人脈・ネットワーク

を象徴するハウスよ


天秤座にはもともと

人間関係を生み出す霊力があるんだけど

11ハウスで満月になる時は

より広い『ご縁』を開いてくださる波動

に進化するのよね


立場や性別に関係なく

あらゆる境界線を越えて

人と人のたましいを結びつける。



それが11ハウスのエネルギー💞


人間関係の豊かさと

ご縁によって生まれる奇跡を

11ハウスがプッシュしてくれるわよ



人によっては

枠を飛び越えるような友情が芽生えたり

人生をエキサイティングにするような出逢いが

与えられることもあるかも


ただし

11ハウスの霊力にあやかるには

自立心を磨いおくことが大切よ


11ハウスの友情は

自立したオトナどうしの関係。


依存心が強かったり

甘えたい欲求がむき出しになると

11ハウスの波動とは乖離しちゃうのよね


自立したわたしと

自立したあなたが

互いに手を取り合って

新しい価値を創造していく。


それが11ハウスのエッセンスなのよ


新しい時代では

あらゆる境界線が

ますます曖昧になっていく。


それはある意味

混沌とも呼べるかもしれないけれど

自立した魂たちが手をとれば

こそから新しい未来を紡いでいけるのよね🙏✨


とりあえずまぁ

2度目の天秤座満月は

ご縁が外側に広がっていくことを

宇宙がサポートしてくれる時になる


ってコトを知ってちょうだい💞


私たちは

決して孤独な存在ではなく

あたたかい愛の輪の中で

新しい時代へと向かっていくのよ🌟



ではまたっ



個人セッションのご予約はこちらから
easter.jpg



春の表参道レッスンもスタート🌸
s8.jpg




↑このページのトップへ