ごきげんよう

L2

子どもの頃のLithiよ。

家族3人で小さなボートに乗って命がけで戦争から逃げてきて

難民キャンプで数年過ごした後

日本に導かれて

ようやく人間らしい生活ができるようになった頃の写真なの。

父親は工場で働いて、母親はお弁当屋さんでパートをして

生活を支えてくれた。

ものすごーーーく貧しかったけれど、そこには愛と希望があったのを覚えているわ。

新しい土地で生きていくために、日本語をがむしゃらに学んでいた父と母・・・

そんなふたりの背中を見てきたから

あきらめなければ、人生はなんとかなる

って信じているわ


今日のテーマは『家族』について。

僕は子どもの頃、おじいちゃんとおばあちゃんのいる他の子たちが羨ましくてしょうがなかった。

戦争で親戚はみーんな離ればなれになってしまったからよ。

従姉妹はカナダに亡命して

おばあちゃんはアメリカに行って

おじいちゃんはタイで行方不明になった・・・

人と人のつながりを否応なく引き離す

それが戦争というものの現実なの。

「おばあちゃんからお年玉もらっちゃった~」

なんて話を他の子たちが話しているのを聞くと、めちゃくちゃ羨ましくて、自分が惨めにも思えたわ。

そんな事に寂しさを感じているなんて親には言えなかったけれど・・・

僕がおばあちゃんと出会えてゆっくり話ができたのは、僕が十代になってから。

彼女はカリフォルニアに住んでいて、僕はひとりでそこを訪れたの。

どんな人なんだろう・・・

って思っていたけれど、ものくごーーくファンキーな人でびっくりしたのを覚えているわ。

おばあちゃんは情熱的なハグで僕を迎えてくれた後

「あなたに紹介したい人がいるのよ」

って言われて数分後に現れたのは、女装をした男の人。

「この人はアタシの友達。この人がカリフォルニアのゲイタウンを案内してくれるわよ。せっかくだから、色んな場所に行ってきなさいよ」

と、彼女のゲイフレンドを紹介してくれたのでした。

当時の僕はまだ自分がゲイである事をカミングアウトしていなかったら、不思議な気分だったわ。

後から聞いた話では、おばあちゃんには霊感があって、僕がゲイであることは出会う前からお見通し・・・だったそうよ


その時僕が感じたのは

家族って

たとえ離ればなれになっていても

愛があれば

深い場所で繋がっていられるんだな

ってこと。

そう思えたら、幼い頃に抱えていた寂しさが、少しずつ癒されていった気がしたの・・・


残念ながら、そんなファンキーな僕のおばあちゃんは、数年前にこの世を去った。

今では天国にいて、もうこの世では会うことができない。

だけど彼女の愛は今でも僕の中で生きている

心の中では今でも彼女の情熱的なハグが続いている気がする

きっとそれが家族ってことなんだと思うわ

IMG_0297-

今、僕の隣にはToshiが居る。

僕らの関係も

家族。

僕らは結婚しているわけではないし、子どもがいるわけではないけれど、

お互いのことを大切な家族だと思っている。


結婚という契約を交わさなくても、血のつながりがなくても、男どうしでも女どうしでも

そこに



があれば家族になれるんだと僕らは信じている。


世界には苦しみの種がたくさんあって

きっと人間って独りですべてを乗り越えられるほどタフじゃない。

だから、人生を支え合える存在が居ることで

僕らは逞しく生きていけるんだと思う。



たとえ離ればなれになったとしても

1000年先でも

心はつながっていられる

きっとそれが本当の家族よね



ごきげんよう

Toshi&Lithiのおうちでは常にお花たちを育てているわ

FullSizeRender 3

暗いニュースばかりの世知辛い世の中だけど、お花の美しさを眺めていると気分も明るくなって、やる気が溢れだしてくるの。 

何かを育てるってことは何かを受け取るということなのかもね。

ToshiもLithiもこれまでハードな人生を歩んできたけど、様々な人生の局面でいつも僕らを支えてきてくれたのは、自然の美しさ。

人生に躓いた時

悔しい思いをした時

悲しみに壊れそうな時

そんな時に一輪の花を眺めると

なんというか、心が救われるのよね。

10989146_658612597598510_6402907059613866012_n

たとえ誰かに見てもらえなくても健気に咲いている

気高さと逞しさと生命力に

心揺さぶられて泣いちゃうことだってあるわ。 

そこに宿るのは表面的な美ではなく本質的な美なのよね

美しいのは

そこに命があって魂が宿っているからで

迷うこともなく自分の役割をまっとうしているから。

咲き誇れるのは一瞬だけど

その一瞬一瞬を真剣に生きている

そのひたむきさに励まされるのよ

長い寿命が与えられているのに、何かとラクな方向・だらしない方向に流れてしまいがちな人間たちとは大違いよね・・・

真剣に今を生きているからこそ、美しいんだと思うわ

この世界にはゴージャスなものがたくさんあって、お金さえ出せば色々なものを所有できるけれど、

自然が産みだす一輪の花の美にはかなわないって思うの。

『栄華を極めたソロモンでさえ、この野の花ほどには着飾ってはいない』っていう世界的に有名な言葉もあるわよね

たとえば

クリスチャン・ディオールのように美を紡ぎ出す仕事をする人って

いつも自然の美からインスピレーションを受け取っているのよ

FullSizeRender

だからみんなにも自然の美を愛することを実践して欲しいわ

お花を愛して

心から自然を敬うことができるようになると

迷いの人生に自ずと答えが与えられるはずよ


現代は情報量過多な社会

何もかもがめまぐるしくて

静寂を保つことの方が贅沢に感じられるような時だけど・・・

そんな時代だからこそ

小さな命と向き合う時間を大切にしたいわね

うふふ

 

LINE占い『愛の伝道師トシ&リティ』好評配信中!

goo.gl/tyLW9K

 

ごきげんよう

IMG_7023

スーパーで見つけたセクシーな大根ちゃんよ

人の魂に個性があるように、お野菜にも様々な個性があるのよね

こんなに可愛いくて豊満な子なのに、70円で安売りされていたのよ

個性的すぎると売れ残ってしまうのかしら・・・

世の中ってシビアよね。

だけど結果的にはご縁があって我が家にやってきたわ 

P1050332

Toshi&Lithiは、たとえどんなに忙しくても、おうちで手料理を心がけているわ。

なるべく外食に頼らずに、できる限り自分たちでつくったものを頂こうね

ってお互い約束しているのよ。

Toshiがディナーをつくって、Lithiはランチを担当しているわ。

実は、Toshiに出会う前のLithiは料理がダメダメで、恥ずかしい話、レタスとキャベツのちがいも分かっていなかったんだけどね・・・

だけどToshiが少しずつ料理を教えてくれたの。

ちゃんと手料理するようになったら、人相も良くなって、運気もアップしてきたわ

パートナーシップって自分が成長できるからいいわよね


今では、『食事』って人間として根源的に重要なことだと思っているわ

人を良くすると書いて・・・

『食』

だから、食事がテキトーだといけないと思うの。

テキトーなものを食べているとテキトーな人間になってきっとテキトーな人生になってしまう・・・

便利な時代になって色々なものがお手軽にチョイスできるけれど、ちゃんと自分の魂に合ったものを選んでいかないと、心からハッピーな状態にはなれないと思うの。

「めんどくさい」

という気持ちが土台にあると、気づかないうちに魂って腐っていくんだと思うわ。

FullSizeRender 2


なぜ食が人を良くするかと言うと、地球とのつながりを深めてくれるからだと思うの。

食事は地球から“命”を頂く行為。

地球のサポートを得て逞しく育ったお野菜が僕たちの食卓に並んで、その命がぼくらの魂の中に入ってくる・・・

そのおかげで

元気に今を生きられて

僕らの人生の礎はつくられている

だから

ありがとう

という気持ちを込めて

食材から調理して

心から味わうことが大切だと思うのよ

FullSizeRender 2

Toshi&Lithi流ふろふき大根の完成よ

セクシーなあの子がこんな感じに変身したわ

うふふ

ひとつの命と真摯に向き合って

新しい価値を創造する

きっとそれが愛なんだと思うわ



LINE占い『愛の伝道師トシ&リティ』好評配信中!

goo.gl/tyLW9K



↑このページのトップへ