ごきげんよう

実はToshiは数年前まで教会で牧師をしていたのよ

IMG_2268

今日は聖書の中の物語から愛についてのレクチャーをさせて頂くわね

うふふ


せっかくやっとの思いでソウルメイトに巡り会えたとしても
その愛が続かなかったらとっても悲しいわよね

・・・ま、そういうことも一つの学びではあるんだけど・・・

最終的には愛する人と生涯を共に歩んでいきたいと願うわ

44

で、どうしたら最愛のソウルメイトと出会えて 
ずっと続けていくことができるのか?なんだけど・・・

そのヒントは、世界の神話の中で最も有名なふたりの物語の中に浮かび上がってくるわ

それは・・・アダムとエバの物語よ

そしてこの中には・・・

パートナーシップを育むための知恵があるの

アダムは初めは独りの人としてこの地上に造られたんだけど、
神さまは「人が独りでいるのは良くない」 と言われて
『彼に合う助ける者を造ろう』 といろいろな動物を造ったけど
アダムはそこでパートナーは見つけられなくて
満足できなかったのよ

そこでアダムを眠らせた神さまは
アダムのあばら骨の一部から エバを造ったの

目覚めたアダムは目の前のエバを見て
『ついにこれこそ私の骨の骨、私の肉の肉』
って最大級の言葉でソウルメイトを褒め称えたのよ

現代的に訳せば
『スッゲー超タイプ!!どんなことがあっても一生大切にするぜ!!』
って感じかしら

この物語の原典はヘブライ語という言葉で書かれているんだけど
そこにはさっきの『彼に合う助ける者を造ろう』 と訳されている言葉は
『エーゼル・ケネグドー』ってあるのね

ちゃんと訳すとちょっと長いけど・・・
「自分の経験や能力を相手に差し出して、向き合う人」っていう意味なのよ

「そこには年齢でも性別でもなく、また人種でも家柄でもなく、
ただただ独りの人と独りの人が対等に向き合う存在になってね」という
神さまの願いがあるのよ

アダムのあばら骨からエバが造られたことだって、
もし頭の骨からエバが造られたらアダムはエバに頭があがらない存在になっちゃうし、
もし腰骨からエバが造られたらエバはアダムに従わなきゃいけない存在になっちゃうし、
だから体の真ん中でしかも心臓の位置にもっとも近い骨から・・・心と心が結ばれる位置の
あばら骨で対等な存在として造られたってことなのよね

またこうも書かれているわ

『ふたりとも裸であったが恥ずかしがりはしなかった』

本当は原典では
『裸だから恥ずかしくなかった』って書かれてるのよ

対等なソウルメイトは隠し事のない向き合った存在だから恥かしくないっていうことなの

ところがこんなベストカップルのアダムとエバにもある時、破局の危機がやってくるの・・・

そう、神さまとの約束を破って
「禁断の木の実」を食べちゃったのよ

エバは蛇にそそのかされて食べちゃうんだけど
隣にいたアダムにも食べさせちゃうっていう話・・・

古臭い男尊女卑の人の説明では
「だから女はダメなんだー」っていうとんでもない解釈しちゃうのね

だけどよーく考えてみて!!!
あれほど『スッゲー超タイプ!!どんなことがあっても一生大切にするぜ!!』って
ほざいていたアダムはその時、何してたのよ!ってこと・・・

エバが大変なことをしようとしてる矢先に
隣にいながらアダムはまったくの無関心だった・・・ってことよ

『倦怠期』ってことかしら?

ここに関係性のほころびが忍び寄ってきたのよ・・・

愛の真逆は、そう『無関心』なのよね

向き合う関係性が崩れたこの二人に
神さまが対話をしようと近づくと
お互いがそれぞれ誰かのせいにして、自分の責任を逃れようとしたのね
これが『共依存』っていうやつ・・・

その時、二人とも素直に

「ごめんなさい」

っていう言葉を
神さまに言えていたら

エデンの園を追い出されることはなかったんじゃないのかな?って思うのよね・・・

50


最愛のソウルメイトと愛を育むためにまず大切なことは

「お互いが自立してること」よ

「あなたは私に何をしてくれるの?」

じゃなくて

「私たちは自分のできることで、どうやって協力していけるかしら」

っていう気持ちが持てるようになれば
ソウルメイトと真実の愛で結ばれるようになるのよ

なんでも裸で向き合って
建設的な対話を重ねること・・・

そうして気づいた時、その愛は

An Everlasting Love

になっていくんだと思うわ

うふふ








 

ごきげんよう

L2

子どもの頃のLithiよ。

家族3人で小さなボートに乗って命がけで戦争から逃げてきて

難民キャンプで数年過ごした後

日本に導かれて

ようやく人間らしい生活ができるようになった頃の写真なの。

父親は工場で働いて、母親はお弁当屋さんでパートをして

生活を支えてくれた。

ものすごーーーく貧しかったけれど、そこには愛と希望があったのを覚えているわ。

新しい土地で生きていくために、日本語をがむしゃらに学んでいた父と母・・・

そんなふたりの背中を見てきたから

あきらめなければ、人生はなんとかなる

って信じているわ


今日のテーマは『家族』について。

僕は子どもの頃、おじいちゃんとおばあちゃんのいる他の子たちが羨ましくてしょうがなかった。

戦争で親戚はみーんな離ればなれになってしまったからよ。

従姉妹はカナダに亡命して

おばあちゃんはアメリカに行って

おじいちゃんはタイで行方不明になった・・・

人と人のつながりを否応なく引き離す

それが戦争というものの現実なの。

「おばあちゃんからお年玉もらっちゃった~」

なんて話を他の子たちが話しているのを聞くと、めちゃくちゃ羨ましくて、自分が惨めにも思えたわ。

そんな事に寂しさを感じているなんて親には言えなかったけれど・・・

僕がおばあちゃんと出会えてゆっくり話ができたのは、僕が十代になってから。

彼女はカリフォルニアに住んでいて、僕はひとりでそこを訪れたの。

どんな人なんだろう・・・

って思っていたけれど、ものくごーーくファンキーな人でびっくりしたのを覚えているわ。

おばあちゃんは情熱的なハグで僕を迎えてくれた後

「あなたに紹介したい人がいるのよ」

って言われて数分後に現れたのは、女装をした男の人。

「この人はアタシの友達。この人がカリフォルニアのゲイタウンを案内してくれるわよ。せっかくだから、色んな場所に行ってきなさいよ」

と、彼女のゲイフレンドを紹介してくれたのでした。

当時の僕はまだ自分がゲイである事をカミングアウトしていなかったら、不思議な気分だったわ。

後から聞いた話では、おばあちゃんには霊感があって、僕がゲイであることは出会う前からお見通し・・・だったそうよ


その時僕が感じたのは

家族って

たとえ離ればなれになっていても

愛があれば

深い場所で繋がっていられるんだな

ってこと。

そう思えたら、幼い頃に抱えていた寂しさが、少しずつ癒されていった気がしたの・・・


残念ながら、そんなファンキーな僕のおばあちゃんは、数年前にこの世を去った。

今では天国にいて、もうこの世では会うことができない。

だけど彼女の愛は今でも僕の中で生きている

心の中では今でも彼女の情熱的なハグが続いている気がする

きっとそれが家族ってことなんだと思うわ

IMG_0297-

今、僕の隣にはToshiが居る。

僕らの関係も

家族。

僕らは結婚しているわけではないし、子どもがいるわけではないけれど、

お互いのことを大切な家族だと思っている。


結婚という契約を交わさなくても、血のつながりがなくても、男どうしでも女どうしでも

そこに



があれば家族になれるんだと僕らは信じている。


世界には苦しみの種がたくさんあって

きっと人間って独りですべてを乗り越えられるほどタフじゃない。

だから、人生を支え合える存在が居ることで

僕らは逞しく生きていけるんだと思う。



たとえ離ればなれになったとしても

1000年先でも

心はつながっていられる

きっとそれが本当の家族よね



ごきげんよう

Toshi&Lithiのおうちでは常にお花たちを育てているわ

FullSizeRender 3

暗いニュースばかりの世知辛い世の中だけど、お花の美しさを眺めていると気分も明るくなって、やる気が溢れだしてくるの。 

何かを育てるってことは何かを受け取るということなのかもね。

ToshiもLithiもこれまでハードな人生を歩んできたけど、様々な人生の局面でいつも僕らを支えてきてくれたのは、自然の美しさ。

人生に躓いた時

悔しい思いをした時

悲しみに壊れそうな時

そんな時に一輪の花を眺めると

なんというか、心が救われるのよね。

10989146_658612597598510_6402907059613866012_n

たとえ誰かに見てもらえなくても健気に咲いている

気高さと逞しさと生命力に

心揺さぶられて泣いちゃうことだってあるわ。 

そこに宿るのは表面的な美ではなく本質的な美なのよね

美しいのは

そこに命があって魂が宿っているからで

迷うこともなく自分の役割をまっとうしているから。

咲き誇れるのは一瞬だけど

その一瞬一瞬を真剣に生きている

そのひたむきさに励まされるのよ

長い寿命が与えられているのに、何かとラクな方向・だらしない方向に流れてしまいがちな人間たちとは大違いよね・・・

真剣に今を生きているからこそ、美しいんだと思うわ

この世界にはゴージャスなものがたくさんあって、お金さえ出せば色々なものを所有できるけれど、

自然が産みだす一輪の花の美にはかなわないって思うの。

『栄華を極めたソロモンでさえ、この野の花ほどには着飾ってはいない』っていう世界的に有名な言葉もあるわよね

たとえば

クリスチャン・ディオールのように美を紡ぎ出す仕事をする人って

いつも自然の美からインスピレーションを受け取っているのよ

FullSizeRender

だからみんなにも自然の美を愛することを実践して欲しいわ

お花を愛して

心から自然を敬うことができるようになると

迷いの人生に自ずと答えが与えられるはずよ


現代は情報量過多な社会

何もかもがめまぐるしくて

静寂を保つことの方が贅沢に感じられるような時だけど・・・

そんな時代だからこそ

小さな命と向き合う時間を大切にしたいわね

うふふ

 

LINE占い『愛の伝道師トシ&リティ』好評配信中!

goo.gl/tyLW9K

 

↑このページのトップへ