ごきげんよう


6月4日は新金星🌟


午前2時31分に

太陽ー金星ー地球が

一直線になって・・・


新しいヴィーナスが

華やかに誕生するわよ🐣🌹



そして今回は

ふたご座

で迎える新金星♊️✨


ふたご座は

言葉コミュニケーション

を象徴するサインだから

その波動にシンクロするには

言霊(ことだま)のパワー

が鍵になるわよ🔑💕



しかも今は

ドラゴヘッド

ふたご座の時期だから

ただでさえ言霊の霊力が

3倍になっている時🐲



ちなみに・・・


ふたご座ドラゴヘッド期は

2022年1月19日

まで続いて

ふたご座からのヴィーナスサイクルは

2022年1月9日

までだから・・・


その期間が

ほとんど一致しているわよ🌹🐲



これからの

1年7ヶ月くらいは

言霊のエネルギーが

極めて象徴的な意味を

持つようになってくる❣️




この期間で

あなたが発した言葉が

残りの人生を大きく左右する


っていうのが

この世界のリアリティなのよね🍀


うふふ



そういうわけで

新金星のアファメーションを

シェアさせて頂くわね💞


🌟🌟🌟


私は金星の誕生を祝福します

私は金星とともに神聖な光を纏います

私は女性性の神秘を紐解きます

私はアメノウズメの復活に感謝を捧げます

私はアメノウズメの知恵を受けとります

私はアメノウズメとともに美しい価値を創造します

私のたましいは喜びに踊ります

私のたましいは宇宙の音楽を感じます

私のたましいは自由です

私の愛に関する意図は〇〇です

私の美容に関する意図は〇〇です

私の富に関する意図は〇〇です


ありがとう ありがとう ありがとう


FullSizeRender.jpg


じつをいうと

この新金星によって

リバイバルしてくるのは

アメノウズメ

という日本の女神さま💃✨


その名前を

新金星のタイミングで唱えるだけでも

非常にパワフルな霊力にあやかれるわよ🔮



そして

今回のアファメーションでは

に関する

あなた自身の願い

を〇〇の中に挿入してちょうだい💡



たとえば・・・



私の愛に関する意図はパートナーと幸せに暮らすことです

私の美容に関する意図はピチピチしたお肌で生きることです

私の富に関する意図は十分な収入を手に入れることです




みたいなテキストにすると

いい感じよ💖



アファメーションは

新金星を迎える

午前2時31から

24時間以内

に行うのが理想的🍀


あなたの意図を

楽しみながら宣言してみて

ちょうだいネ🦄💕



新金星については

こちらの記事もご参考に💫


🌹新金星のウルトラベーシック

🌹 新金星のホロスコープチャート

🌹 フェミニンパワーのリアル


ではまたっ



新時代の智慧をあなたに🐬
top_bn.jpg


毎週月曜日に更新🌠
header-astrology2.jpg

スマホセッションのスケジュールはこちら🕊
IMG_8803.JPG


トシ&リティのサロンはこちら💖
happy.jpg







ごきげんよう


6月6日は

射手座の満月🏹

そして今回は

半影月食よ🌝🔯✨



じつをいうと

2020年は・・・


半影月食が

4回も起こる

極めて象徴的な一年❣️


しかも

そのうちの3回は

日本でも観測が可能

ってコトで

非常にパワフルな霊力が

降り注いでいくのよね🔮




半影月食がもたらすのは

人智を超えたエネルギー✨




うつし世から

かくり世に働きかける

リフレクション・パワー

が何倍にも増幅するわよ💗



この世の半影月食で

かくり世を反映させて

新時代の繁栄を創り出そう👑


それが

今起こっている

世界のリアリティなのよね🌈



2020年に

たて続けに用意された

半影月食はこの4回💡


1月11日

6月6日

7月5日

11月30日




ちょうど

1月11日に起こった

蟹座の半影月食のあたりから

世界はひっくり返りはじめたでしょ⁉️



人類はそれを期に

てんやわんやしはじめた

わけだけど・・・


ただしそれは

全体からみれば

序章の段階💨




6月6日に用意された

射手座の半影月食から・・・


大変革のシナリオ

第2章

へと突入していくわよ👾⚡️


FullSizeRender.jpg


そもそも射手座は

古代の叡智


を象徴するサイン♐️



時空を超えた

知識と知恵が

ここからリバイバルするから・・・


私たちの常識が

ここから

ひっくり返っていくわよ🌀




逆にいえば

ここ数百年くらいの

常識や価値観に囚われていると

かなりシンドくなっちゃう💨



今の私たちに

求められているのは・・・


時空を超えた

価値観を受け入れる

柔軟な感性

なのよね💃🦄✨



とりあえずまぁ

第2章としての

射手座の半影月食が

まもなくやってくる


ってコトを

知ってちょうだい💞



常識が

180度ひっくり返るのは

衝撃的なことかもしれないけれど・・・


自分の意志で

また180度ひっくり返れば

もとの位置に

ちゃんと戻ってこれる🙃🙂✨




360度の回転を

イメージしておけば

いい感じにパワーアップ

できると思うわよ🍀



ではまたっ



新時代の智慧をあなたに🐬
top_bn.jpg


毎週月曜日に更新🌠
header-astrology2.jpg

スマホセッションのスケジュールはこちら🕊
IMG_8803.JPG


トシ&リティのサロンはこちら💖
happy.jpg







ごきげんよう


6月4日は新金星🌟


太陽&金星&地球が

一直線になる

象徴的なタイミングが

近づいているわよ🌞🌹🌏



金星のサイクルは

かつてのまほう使いたちが

こっそりと活用してきた

富と繁栄のエネルギー🔯✨



メガリッチな人生を

具現化していくには

欠かせない要素よ👑💕



じつをいうと

豊かさは

選択できるもの💎



そもそも宇宙には

創造の神秘が満ち溢れているから

そのパワーに

思い切ってあやかることが

豊かな世界の扉を開ける鍵になるわよ🚪🔑


R4sL9u9Ll3.jpg


華やかな人生を具現化する潜在力は

私たちの内側に眠っているんだけど

ほとんどの人はそれを使わないまま

灰色の日常を繰り返してしまうのよね💨



新金星の霊力は

カラフルな世界を取り戻す

宇宙からのフレッシュなギフト💝




その背後には・・・


創造と神秘と

あなたの魂を結びつける

リッチな愛が息づいている

ってコトを

知ってちょうだいネ🦄💞



改めて

こちらが

新金星のホロスコープよ💫


nvn.jpg


今回は

第2ハウス

で迎える新金星🐣


第2ハウスが象徴するテーマは

お金・収入・仕事・職人・美食・五感・堪能・ラグジュアリー

などよ❣️



そもそも

第2ハウスは

金星が自分らしく居られる

ナチュラルハウス🍀


思いっきり元氣な金星が

この時に誕生することを

天空図が伝えているわよ🐥✨



そして

第2ハウスといえば

前回の双子座新月が起こった場所♊️


この時

第2ハウスでは

水星が金星に

まほうの知識を

伝授していたわよ🔮💕




そいうわけで

双子座新月と

今回の新金星は

第2ハウス繋がり💞



この前の新月は

新金星を迎えるための

オープニングパフォーマンスのような

宇宙イベントだったのよね🌛



さて、

新金星のホロスコープを

チェックすると・・・


なんと

アセンダント(東の地平線)に

革命の天王星

がいらっしゃるわよ⚡️


これはすなち

劇的な変革のシナリオが

NEW VENUS から動きだす


ってコトを

あらわしているわ❣️



富や豊かさに関することで

ミラクルなレボリューションが

おのずと起こってくる🌈


それが

宇宙の意図

でもあるのよね🌠



では、

レボリューショナルな運氣を

味方に付けるには

どうすればいいのか???



そのための

キーワードが・・・


ブラックムーン・リリスよ!!




じつはこの時、

新金星とリリスが60度で

仲良しの角度

をとっているのよね💞



金星のサイクルは

ここから1年7ヶ月ほど

続いていくわけだけど・・・


その霊力と

上手に付き合っていくには

リリスの波動が鍵になる


ってコトよ👑✨



あなたの

リリスが目醒めていれば

金星のごりやくも

ワンセットで付いてくる💍



だからこそ

2019年から

2020年にかけて

リリスを活性化しておく

必要があったのよね🍀



とりあえずまぁ

宇宙はリリスを使える人に

革命的な富を届けようとしている


ってコトを

知ってちょうだい💎



リリスとは

あなたの潜在意識に眠る

神秘的な女性性🔯



フェミニンパワーが

世界の富を動かしていく時代へと

新金星を境にシフトしていく


ってコトなのよね💃🦄



ではまたっ



新時代の智慧をあなたに🐬
top_bn.jpg


毎週月曜日に更新🌠
header-astrology2.jpg

スマホセッションのスケジュールはこちら🕊
IMG_8803.JPG


トシ&リティのサロンはこちら💖
happy.jpg







 

↑このページのトップへ