ごきげんよう


夜空を見上げると

まるで Fire Ball のように

ひときわ目立つ赤い星が浮かんでいるのにお気付きかしら


ただいま

およそ15年ぶりに火星が地球に接近中


それはすなわち

火星のパワーと仲良くなるには

今がチャンス

ってことでもあるわ


火星は『男性性』を象徴する惑星♂


肉体的な性別に関係なく

あなたの内なる男性性を活性化してくれるわよ


人間は誰もが

男性性エネルギーと女性性エネルギーを持っていて

それらをどう生かすかが

その人の『個性』にも繋がってくるのよね


女性として生きていても

「自分の中のオトコが目覚める瞬間」

があったり

男性として生きていても

「自分の中のオンナが目覚める瞬間」

を経験したりするけれど

スピリチュアル的にはすごく当たり前なこと


男性性エネルギー

すなわち

火星のパワー♂




女性性エネルギー

すなわち

金星のパワー♀



人間のたましいは

火星&金星の波動をWでキャッチできるように

創られているってことなのよ



せっかくなら

火星パワーも金星パワーもどっちも活用して

自分らしく人生を輝かせることが

開運のコツ


「男だからこうあるべき」

とか

「女だからこうあるべき」

っていう

抑圧的な考えはなるべく手放して

宇宙的な思考をインストールしたほうが

たましいの可能性を解き放つことができるわよ


私たちのたましいは

もっともっと自由になれる

ってことを知ってちょうだいね


FullSizeRender.jpg


とりあえず今年の夏は

火星のパワーと繋がるビッグチャンス


今世紀最強の『月食』

28日にいよいよやってくるけれど

そのムーンパワーをバックアップするのも火星くん


火星と向き合うこと

すなわち

内なる男性性と向き合うことが本当に重要な時期である

ってことをまず知ってちょうだいね


そこで心得て頂きたいのが

とにかく『動く』こと


思いついたら即行動。

勇気を出して新しいことにチャレンジ。

失敗しても何度でも立ち上がって前進する。



そんなメンタリティを持つことが

火星のパワーと繋がるスイッチになるわよ


7月28日 水瓶座の月食



8月11日 獅子座の日食



このあいだの2週間は・・・

火星がミラクルを与えてくれる貴重なタイミング


頑張りすぎるのは逆効果だけど

なるべくアクティブに過ごして

火星の波動とシンクロしてちょうだいね



ちなみに・・・

明日のスピリチュアルスクールでは

注目の火星さんと仲良くなるちょっとしたワークを行わせて頂くから

来られる方はどうぞ楽しみに


ではまたっ
 


表参道レッスンの詳細はこちら
ttl.jpg



個人セッションのお申し込みはこちらから
happy.jpg

 

ごきげんよう

今週末からはいよいよ

スピリチュアルスクール・シーズン5

がスタートするわよ


オープニングの21日は

惑星のパワー 

がテーマのレッスンよ


そういうわけで今日は

惑星とあなたの繋がり

についてシェアさせて頂くわね


じつは・・・

生まれつきご縁の深い

守護惑星

を知る簡単な方法があるのよ


それは・・・

自分の生まれた曜日を調べること!!


生まれた曜日の惑星が

そのままあなたの守護惑星になる


ってことなのよね


日曜生まれ=太陽

月曜生まれ=月

火曜生まれ=火星

水曜生まれ=水星

木曜生まれ=木星

金曜生まれ=金星

土曜生まれ=土星



ってコト


あなたとディープなご縁があるのは

どの星かしら

うふふ


FullSizeRender.jpg


生まれた曜日のその星が

たえずあなたを守り導いてくださっているのよね



悲しい時も

辛い時も

嬉しい時も

絶好調の時も

どんな時も

サポートのエネルギーを送り続けて下さっている

それがあなたの守護惑星



だからこそ

その恩寵に感謝して、

その星とのご縁を大切にしてちょうだいね



もちろん

それぞれの惑星にパワーがあって

最終的には

すべての惑星パワーにあやかれる

っていうのが理想的だけど

まずは守護惑星の波動と仲良くなる

ということを意識してみてはいかがかしら


守護惑星とシンクロするコツを掴むと

その他の惑星パワーとも自ずとシンクロしやすくなる


ってことなの


ちなみに・・・


ただいま火星が15年ぶりに地球に接近中

ってこともあって

今この瞬間、

火曜生まれの人には

ものすごいアクティベーションが起こっているわよ



7月末に用意されている

水瓶座月食と火星の大接近は

すべての人にとっての転換期となりうるわけだけど

特に『火曜生まれ』の人にとっては

グレートシフトになりそう!!


たとえ表面的には何も変わっていないように見えたとしても

たましいのレベルでは大きな変容が起こっているから

火星さんのサポートをキャッチして

生まれ変わっていく自分自身の成長を前向きに捉えてちょうだいね


守護惑星の動きと私たちの運命が

密接にリンクしている


ってことなのよね


とりあえずまぁ

いつも自分を守ってくれる星さんが居る

ってことを知って

夏の夜空を見上げながら

その星に感謝を届けてみてはいかがかしら


遠く離れていたとしても

想いを通じて

ひとつになれるはずよ


ではまたっ



※4名様限定の1日講座を8月にも開講致します♡
☆ヒーリング講座『エンジェル』8月5日(sun)
☆ヒーリング講座『アバンダンス』8月19日
(sun)
詳細は Ascension Club のサイトをご確認くださいませ。

happy.jpg


表参道レッスンの詳細はこちら
ttl.jpg



ごきげんよう

今世紀最強の月食まであと10日

皆さんはいかがお過ごしかしら


多くの人にとっての転換期となりうる

水瓶座の皆既月食 

そしてその直後には

水瓶座の火星が大接近 


今のシーズンは

水瓶座が So Hot


とびきりスペシャルな宇宙のパワーにあやかるには

水瓶座の波動

を理解しておくことがけっこう大切


そういうわけで今日は

水瓶座という星座がどんなパワーを持っているのか

についてシェアさせて頂くわね


そもそも

あらゆる恵みをもたらす『水』は

大昔の時代から『豊かさ』の象徴。


水を『瓶』に入れて持ち運べるようにした

っていうのは

『個人』が『豊かさ』を持ち運べるようになる

という意味が込められているのよね


つまり、

水瓶は

豊かさが個人のものになること

の象徴なのよ




そういうわけで

水瓶座は

『個人が自由に生きること』

を強力にプッシュしてくださる


私たちはついつい

「組織や企業のお世話にならなくちゃ生きていけない」

なんて思い込んで

『やりたくもない仕事を言われるままに続ける』

という選択をしてしまうこともあるけれど

そこに

『ちょっと待った!』

を入れてくださるのが水瓶座さんの個性なのよね


「自分自身が輝けば、大きな力に依存しなくても済むでしょ?」

「せっかくの人生、もっと自由に生きてみたら?」

そんなメッセージを

水瓶座さんはクールに伝えてくださる


そんな水瓶座の場所に

ただいま『火星さん』がいらっしゃるわけだから

宇宙はよりアグレッシブなメッセージを届けている


「さっさと自立して、精一杯チャレンジしてみなさいよ!」

「ビビってる暇なんてないぜ! Just DO IT!!」

熱血派な火星さんはそう伝えているわよ


もちろん

転換期のタイミングで何を選択するか

は人それぞれだけど

宇宙の波動にシンクロするために

ひとつだけ心得ておいていただきたいことがあるのよ


それは

自由への恐怖心を浄化しておくこと


なぜかというと

自由を恐れていると

これからもたらされる『宇宙の豊かさ』の波動と

乖離しちゃうから


じつは

セレブリューション(豊かさ改革)

の新しい波に乗るには

自由な感覚

がキーワードになるのよ


FullSizeRender.jpg


自由を愛する精神こそが

豊かさを得る条件になるのよね



水瓶座月食のタイミングで

自由へのおそれを浄化できれば

火星さんがアクティブなパワーをくれるだけではなく


さらに・・・

木星さんもあなたの味方になってくれるわよ


木星は拡張と発展の星。


じつは木星さんは

今年の11月以降、ものすごくパワフルになるの

そしてその状態は約1年続く


宇宙はあなたが豊かな人生を歩めるよう、

惑星たちのイベントを次々と用意している

ってことなのよね


だからこそ

今この瞬間するべきことは

『自由な生き方』

に心を開くこと


自分らしく生きても大丈夫

何かに依存しなくても大丈夫

好きなことを仕事にしても大丈夫


そんな想いを

自分自身にインストールしてみてはいかがかしら


それができた時、

水瓶座の場所から

ワクワクするようなエネルギーが

あなたの場所に届くはずよ


ではまたっ


※4名様限定の1日講座を8月にも開講致します♡
☆ヒーリング講座『エンジェル』8月5日(sun)
☆ヒーリング講座『アバンダンス』8月19日
(sun)
詳細は Ascension Club のサイトをご確認くださいませ。

happy.jpg


表参道レッスンの詳細はこちら
ttl.jpg



 

↑このページのトップへ