おはようございます。

あと数日で3月になりますが
まだまだ
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5892.HEIC
背中の毛が逆立つ様な
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5895.HEIC
「お寒うございまして…」
寒い日が続いております。
この様に寒い日は
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5916.JPG
いつも通りメシの激しい催促をし
それぞれ
お気に入りの場所で
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5627.HEIC
「紅ちゃんはコタツの天板の上が好きよ」
寛ぐという
「喰う、寝る」の繰り返しで
活発に動き回る事が少ない為
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5625.HEIC
「紅ちゃんまたデブっちゃった…」
妻も認める程
僕の事が大好きな
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5901.HEIC
「メシ…うまかったなぁ…」
琥珀くん。
コタツに入っている
僕の膝の上で
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5900.HEIC
「オレの指定席。おっちゃんの膝の上な」
寛いでいますが…。

「その体勢…ラクなの?」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5899.HEIC
「悪ぃ…ちょっとリクライニングして良いか?」

リクライニングする時に
ちゃんと聞いてくる
エラい琥珀くん。

「良いよ、どうぞ。」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5902.HEIC
「あ…よっこいせ…と」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5906.HEIC
「…っうわぁっ💦💦‼️」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5903.HEIC
「落ち着かねぇなぁ…しかもやけに寒いな…」

l9aiVykcC5.jpg
「おっちゃん。コタツ入りたいんだけど」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5915.JPG
「よーく見ろ。わかるよな。」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5913.JPG
「コタツの🔌コンセント…」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5909.HEIC
「抜けてんだ。」










おはようございます。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5734.JPG
「あー…ヨッコイショッ❣️」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5735.JPG
「あー…ドッコイショッ❣️」

何やら「ウォーミングアップ中」の
琥珀くん。
はっくんが瑪瑙くんに
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5736.JPG
何やら(ヒソヒソ)話し掛けています。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5737.JPG
「…開けて欲しいって言ってるし…」

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5741.JPG
「紅ちゃんが開けてきてあげる」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5740.JPG
「いま開けるからちょっと待ってね」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5738.JPG
「ちょっと散らかってるけど…はい、どうぞ」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5681.HEIC
「あの…そこではないのですが…」 「違うし」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5516.HEIC
「オレの出番だな…ヨシ。任せとけ」

飼い主(特に)の匂いが染み付いた
脱いだ服が大好きなはっくん。
開けて欲しいのは
ズバリ「脱衣所」。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5499.HEIC
「変態」  「まだ開きませんか…」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5500.HEIC
「マザコン」 「少し静かにして頂けませんか」

はっくんはもうお爺ちゃんなので
嗅覚が少し鈍ってきたのか
最近は僕の脱ぎたての服にも
興味を持ち始めました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5744.JPG
「あ、大丈夫だぞ。おっちゃんが去年さぁ…」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5743.JPG
「仕事中に💩3回モラした事はナイショだから」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5722.JPG
「ママに叱られてたし。ダメなパパだし。」

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5745.JPG
「…で…どこを開ければ良いんだ…?」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5408.JPG
「ここだし。ココだし。」 「おぅ任せとけ」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5422.JPG
「開いたし?開いたし?」 「ヨッコイショ❣️」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5747.JPG
「どうもお手数をお掛け致しました。」

簡単に扉を開ける事が特技の
琥珀くん。
いくら鍵をかけているとは言え…
「💩難産」で苦しむ妻が
立て篭もる🚽の前で
1kAIvvfHFF.jpg
「おぃ。ムダな抵抗はやめて早く出てこい」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5748.JPG
「…早く…出てこい‼️」

ゆっくり💩も出来ない我が家です。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5626.HEIC
「だからパパは外で💩をモラしたのね」












おはようございます。

気が付けば
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4739.JPG
「わっ…」

「わっ」ではなく「あっ」と言う間に
12月になりました。
今年2019年を振り返ってみますと
個人的に一番印象に残った事は
「台風による自然災害」。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5192.JPG
「パパ。紅ちゃんにマッサージ。お願い。」

夫婦共に仕事で留守にしている日中
今年の様に台風が上陸したり
また予期せぬ突発的な地震などが発生した時
「みんな大丈夫かな…」と
とても心配する日が多くありました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5015.JPG
「あ、どうぞお構いなく。心配ご無用。」
そんな経験を踏まえ
先日購入した
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5293.HEIC
「自動追尾式監視カメラ」
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4427.JPG
「紅ちゃん良い子だから悪さしないよ」

📱スマートフォンの遠隔操作で
カメラの向きを変えたり話し掛けたり
数秒のズレはありますが
ほぼリアルタイムで
みんなの様子を確認出来ます。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4884.HEIC
「おぃ、割り箸の侵害だぞ。訴えちゃうからな」
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4742.JPG
「違うし。割り箸じゃなくてプライバシーだし」
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4452.JPG
「出てるし。これ、プライバシーの侵害だし。」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5295.JPG
「撮るなって。ロンドン橋の侵害だって」

あのさ…
人がご飯食べ始めた途端に
狙った様にみんなで💩し始めるの
やめてもらえないかな…⁉️
RkQPeUlTD2.jpg
「うるせぇし。世話になってる御礼だし。」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5296.JPG
「…ロンドン橋じゃないし。プライバシーだし」
このカメラを設置した翌日の月曜日は
朝から冷たい☔️が降り続きました。
「みんなどうしてるかな…」と
午前11時前に📱で覗いてみると
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5266.JPG
「………」

恐らく「寒いね…」とか
言っているのでしょうか…
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5267.JPG
夕方17時前まで
みんなコタツから出てくる事は
全くありませんでした…💧。


日付が変わった翌日の火曜日は
とても気持ちの良い快晴☀️。
「みんなどうしてるかな…」と
📱を覗いてみた
午前10時前…
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5277.JPG
☔️だった前日の
「動かざる事山の如し」が嘘の様に
活発に動き回っております。

ちょっと声をかけてみます。
「🎙瑪瑙くーん。…瑪瑙くーん?」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5281.JPG
「何だし?」

「🎙おーぃ琥珀くん。琥珀くーん?」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5282.JPG
「出したウンコは隠さない。それが男だ。」

僕達夫婦が留守の間
天気次第で過ごし方が違う事が
わかりましたが…
共通している2つの行動」がありました。
まず「1つ目の共通点」は
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3398.HEIC
「…ボクの出番ですね」

毎日必ず17時頃になると
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5287.JPG
ご長寿のおじいちゃんである
はっくんが起床。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5288.JPG
コタツの上に乗って
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5289.JPG
2代目ボスの紅緒さんが合流。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5297.JPG
末っ子の瑪瑙くんも合流。
この状態のまま
18時30分ころまでの
約1時間半
妻が帰宅するのを
ジッと待っている事。
もう1つの共通点」は
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5292.JPG
ひとりだけ姿を見せない琥珀くんが
イタズラの真っ最中である
台所の方をみんなが見ている事でした。

















↑このページのトップへ