_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8829.JPG
私たちは何よりも
自らが自分を強く思うことが
大切だと思っている。

しかし、
無意識のうちに他人の意見・言葉に耳を傾け、
その評価を気にしてしまう。

自分で自分を褒めることはとても大切です。
自分で褒めることはとても慣れが必要で始めから上手くいく人はいない。
現代の人はなかなか自分を褒めるよりも、
それよりももっと前の段階である、
自分自身を認める
自己肯定感
低い人が多い。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8826.JPG

自分を認めることができなければ、
他にも認めることができない

そんな状況の中
自分で自分を褒めることは
かなり難しい

自分で自分を認めることができない場合、
やっぱり他人の意見が気になってしまい
他人の意見で自分の意見を決めるくせがついてしまってることが多い

そのため、
どうしても他人の言葉に耳を傾けて、
その言葉で自分の価値を決めたりしてしまう。

他人や身近な人からかけられる言葉が
少し否定的な言葉だったりすると
それはいつも積み重ねられ、
自分の中にずっしりと重く
のしかかってしまう。

例えば
恋人同士の場合
もちろん相手のことを大切に思うからこそいつもそばにいるのだが
その時に相手のことを嫌いだとか
そんなに愛情がないだとか
そういった言葉は
はじめは小さなパンチだが
積もり積もったらボディブローと変わる。

それが続けば続くほど
相手への否定は強くなり
言われた側は気にはしてないつもりでも
自尊心が失われ
未来へ立ち向かうことをあきらめたりする。

それは夫婦同士でも家族同士でも一緒である
なれ合いになるとどうしても言葉が乱暴になり
良いとされない言葉を使って
相手のことを茶化したり
そんなことが積み重ねられると
本人も気づかないうちに
自尊心や自分の仕事やできる心を
どんどん傷つけてしまう。

そんな小さな言葉たちが
集まると大きな大きな力になり
現実をネガティブな方向へと
変えてしまう

これは身に見えないことなので
本当に怖いことです。
==============================
講演やイベント等も受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。