ルートは栃木、群馬、長野、岐阜、名古屋、岐阜、滋賀、京都の順。

群馬を旅した時より長い・・・!!
栃木県はまだいったことないですが、もう体力も限界なのでスルー。
この時、結城市が栃木ではなく、茨城だと初めて知りました。
写真のは大田駅前で、工場前ではないのですが、ぼくの愛車が生まれた工場の前も通って行きました。
ぼくの一生で多分最後になら「セーブオン」でぐんまちゃんの榛名山(ぽしゃけ)を購入して長野にin。
碓氷峠旧道という好きなルートをスルーしてバイパス側を通ったのに恐怖とセットで「和田峠という酷道を楽しみました(^_^;)
闇に沈む酷道を通り過ぎ、塩尻で力尽きて3時間ほど仮眠し、6:00ごろに出発。
名古屋エリアでついに充電バッテリーが切れ、乾電池に依存する事態に。
前に群馬行った時にセーブオンで買った乾電池充電器がうなりをあげる!!
昼頃に米原を過ぎて彦根入りしたけど、華さん学食がまだ腹に残ってたので(腹持ち的な意味で)余裕の弾丸ツアーw

体力的には余裕なかったです(必死)

最後は、通ったルートまとめて、地元でラーメン食って、最後に戦利品をパシャり!

翌日にはコミケ記事をうpして月の土地の権利書を不在確認票経由でちょっとした紆余曲折を経て回収しました!


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0733.JPG
前回記事で昼飯を食い揚げになりかけたぼくはマリンタワーを目指す。

ここには「ガルパンカフェ」なるものがあり、ここで軽く食べて夜に学食をいただく算段を立てたわけです。
ウエストバッグの性能に感謝しながら
↑バッグの紹介記事
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0727.JPG
ローズヒップ(聖グロ)からの出迎えを受けつつ、超満員っぷりに気圧されて、
涼風扇をお供にしなかったことを全力で後悔しつつ待つこと数十分。
席にログイン。
仕様は懐かしの学校用の机( ´ ▽ ` )ノ
第一工業 学生机 旧JIS 6号 KGZ-2006-BDT [簡易パッケージ品]
【出荷目安】:3 - 6営業日 ※土日・祝除く 【同梱区分】:TS 1 【梱包サイズ】:通常商品 【メーカー名】第一工業 【型番】KGZ-2006-BDT 第一工業 学生机 旧JIS 6号 KGZ-2006-BDT 学校教室の定番、学生机(固定式)SSデスク/旧JISサイズ6号。天板サイズはW600×D400mm。高さ580mm。 ●天板厚:19mm ●天板質量:2.9kg ●カラー:天板=メープル柄、本体=ミドルグレー ●材質:天板=高圧メラミン化粧板、天板芯材=ラワン合板、エッジ=ルーター加工、脚部=φ22.2mmスチールパイプ(粉体塗装・ミドルグレー)、脚キャップ=ポリエチレン ●...
www.amazon.co.jp
↑実は買おうと思えば個人でも買える。
呼び鈴も凝っているのであります!
アフォガードも頼んだのですが、スマホのバッテリーがご臨終。
機動力に優れる小型のモバイルバッテリーの真価を、

手元で充電できない悔しさとともに噛み締めつつ、アフォガードをいただく。

写真自体はコンデジにしっかり納めました(^◇^;)

そのあとは「味の店たかはし」のみつだんごを食す。

なんと1本60円!
地元のみたらしだんごとかなりいい勝負のお値段。

お味の方は、だんご自体に甘さはなく、甘みをタレに集約することで、甘すぎない味わいが楽しめました。

自作もしてみたいな♪

そんなこんなでコンデジ片手に市街散策。

パネルや名場面の舞台になった場所を見てウヒョー!!しちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

17:00。

買える時間を意識しつつ華さんの学食と対峙すべく藤乃屋さんへ。
序盤はチャーシューうめーーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆とか抜かしてましたが、麻婆を1/4くらいまで追い詰めたとき・・・

カラダが継戦困難を知らせてくる。

急ぎ、追込みモードに切り替え、なりふり構わず全力で目の前のタスク消化に掛かる。

ピュアすぎるくらいの戦闘モード。

こうして、完食したオレはぴよたん(アリクイさんチーム)の完食証をげと。

しかし、パネルを撮影したり完食した皿を撮る余裕はどこにもなかった。

限界を少しだけ超えたバトルになったから(^◇^;)

原因は言わずもがな。

遅昼で調子こいて鉄板ナポリタンとアフォガード。

そう、完全に舐めプしていたせいだ。

完食証明はしたので次は美味しくラーメンをいただくつもりです。

・大洗での戦利品


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0765.PNG
晩メシを食ったあとは下道での130kmほどかけて水戸へ。
ローストする設備さえあれば・・・!!と苦虫を噛み潰したような顔をしながら一路水戸へ。

なぜ直で大洗ではなくわざわざ水戸を経由したのか。。。?

舟納豆@楽天のリンクは上のロングドライブ旅な人向けのお土産コレクションからのアクセスが便利です。

・大洗へ進軍開始
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0741.JPG
水戸から大洗に向けて進む。
写真は帰りのものになっちゃいましたが、標識や標示に大洗の文字がたくさんあってガルパンおじさんなてーとくマジ感動!

でも、感動してる人もまたたくさんいるわけで(^◇^;)
渋滞を抜け、まずは大洗駅へ!
早速顔ハメパネルで顔ハメなんかしないぞ(できないぞ!)と、

製作者の意図に全力で反逆。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0692.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0691.JPG
ガルパンバスを撮影したり
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0696.JPG
観光案内MAPをスマホに仕込んだりしました。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0714.PNG
中身はこんな感じでかなーりいい感じに作り込まれてます!!
なぜか境内で迷うw
痛絵馬を作成し、発信者らしくいろんな方向性に進むことを忘れず大洗磯前神社を後に。

痛絵馬を描くときのドーグについても本体ブログの方で記事を書きます。

もちろん、見る方もしっかり見ました!

(´-`).。oO(ネタの消化にどのくらいかからだろう)
本当は昼に食べたかった「華さんの学食」

夜の方が良かったのか昼の方が良かったのか、未だに悩みどころ(^◇^;)

大洗に宿を確保して大洗@2泊3日なら余裕のある判断ができる。

詳しくは、次の記事で!

↑このページのトップへ