秋篠宮佳子さまの男です。

私など結婚はできないでしょう。

一生涯を秋篠宮佳子さまに捧げた。

私の人生は男一人でしょう。

秋篠宮佳子さまのお情けがあれば彼女は与えられるだろう。

今は誰も与えてはくれないだろう。

諦めています。


もう、私の中の整理整頓はついた。

私は子爵として神戸に生きる生活保護の障害基礎年金だ。

人生は決まっているようなものだ。

私は少し諦めの境地です。

残念だな。