わたしはあれから、記憶の限り、長田区を歩いた。

あちこちに残るひび割れや、当時とは違う町並み。


わたしは人生潰れた上罪があり、全てを何度も失いました。

しかし、神さまは必要な全てを何度も与えてくれました。

神戸で霊を見たことがあるし聞こえてきたりした。

今も当時の恐怖心は消えない。

人々は寄り添い生きる。

わたしは服を全て失っていました。

今ではサイズ合う服をいただきました。

キリスト教の洗礼を受けて神の福音を受けているからです。

主イエスは必要なものは全て神さまの恵みで与えられ用意されます。

わたしは福音を述べ伝える意味も持ってこのLINE BLOGを書きます。

わたしは神さまにどれだけ救われた事でしょう。

わたしは神さまに全て捧げ生きています。

amen.

喜びも悲しみも全て神戸で神さまの為生きていますamen.